Powered By 画RSS   【RSS】

2014年08月01日

【海外】サーキット作ることができない現代自動車の本音

抜粋:オープンサーキット作ることができない現代自動車の本音
お客はサーキットで素敵なドライビングを楽しみたがる(サブタイトル)

 仁川永宗島にアジア初のBMWドライビングセンターが出来た。ドイツ、米国に次ぐ世界3番目のセンターである。世界5位の自動車生産メーカーがある韓国に果敢に新しい自動車文化を置いたのだ。650mの直線コースでは、BMWシリーズとミニのダイナミックで爽快な加速を楽しむことができ、オフロードコースでは、BMWのインテリジェント常時四輪駆動システムであるxDriveとミニオール4の性能を存分に体験することができる。BMWの量産販売しているすべての車両をここで経験(Experience)して楽しむ(Joy)ことができる。

 これに対して、世界的な自動車メーカーに浮上した現代起亜車の躍進を期待したファンは残念がりました。「なぜ現代起亜車は韓国にこのような自動車文化空間を持てないのか?」しかし、その疑問はすぐに車種の問題で簡単に答えが解けてしまった。現代・起亜自動車が素晴らしいドライビングセンターを運営するとき、顧客の好みに応えるプログラムを実行する車種が不足しているのである。それさえ、ジェネシスだけだと言っても過言ではない。

 これまで量産メーカーとして量的成長をしてきたとするならば、今は質的成長で時代のブランドアイコンを始めなければならないという事だ。
【記事】
http://www.gpkorea.com/bbs/board.php?bo_table=dosmetic_motorsports&wr_id=4241


posted by クライバー at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【海外】現代自動車、大型バンで欧州挑戦(写真有り)

抜粋:現代自動車、大型バンの生産で欧州挑戦(写真有り)

 現代自動車が会社の歴史で初めて大型バンを生産して欧州に初輸出をしようとしている。現代車はスターレックス、トラジェクトXGなど9〜12人乗り規模のミニバンを生産してきたが、15〜20人乗り規模の大型バンを生産、販売するのは今回が初めてとなる。

 オートモーティブニュースなどアメリカ現地メディアによると、現代自動車は大型高級バンの開発を完了し、最近カリフォルニア南東部のモハベ砂漠で1次走行性能のテストを成功裏に終えたという。現代自動車の新大型バンはメルセデス-ベンツの大型バンモデルであるスプリンター、フォードのトランジット、クライスラーのラムなどと競争する見込みだと現地メディアは報道した。多目的大型バンの性能テストシーンが地元メディアに撮影されたカリフォルニアのモハベ走行試験場(CPG)は、現代・起亜自動車が2005年に設立した施設で、アメリカ輸出用完成車を発売する前の直前走行テストを実施する場所である。

 現代自動車はヨーロッパなど輸出用モデルに大型の高級バンを生産する計画だが、国内市場でもレジャーブームに乗って大型バンの需要が増え続けており、国内市場投入も検討するものと見られる。国内発売時期は、早ければ来年上半期になると思われる。
【記事】
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?year=2014&no=1051530
posted by クライバー at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【海外】サムスン電子、二日連続で「株安」〜株価下落はどこまで

抜粋:サムスン電子、二日連続で「株安」〜株価下落はどこまで

 サムスン電子が第2四半期業績不振と配当への失望で2日連続で下落を見せている。1日、有価証券市場では、同社の株価は、午前9時06分現在、前取引日より3万ウォン(2.23%)安の131万3000ウォンを示している。サムスン電子は前日にも4%近く下落した。第2四半期の業績と中間配当が昨年と同じ500円に留まった為とみられる。サムスン電子は、さまざまな成長戦略をより重要視している立場だ。

 専門家は「アップルのiPhone 6のリリースなどが主に負担として作用する可能性が有り、調整時に買いアプローチを推薦」と述べた。また「サムスン電子のスマートフォンの競争激化に伴う市場占有率の低下を反映して、利益の見積もりを下方修正する」とし、目標株価も170万ウォンから160万ウォンに下げた。
【記事】
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2014080193346
posted by クライバー at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【海外】現代自動車の賃金交渉決裂。〜14日にストライキ賛否を投票

抜粋:現代自動車の賃金交渉決裂。〜14日にストライキ賛否を投票

 現代自動車の賃金交渉が決裂して労組がストライキを実行する可能性がでてきた。一方、韓国GMは、2014年の賃金および団体協約暫定合意案が労働組合の賛否投票で可決された。また金属労組現代自動車支部は、31日午後3時に「交渉決裂」を宣言した。

 現代車労組は、夏の休暇(2〜10日)が終わった後、14日に全組合員を対象にストライキ賛否投票を実施する。労組は賛否投票が可決されると、18日からストライキに入る予定である。金属労組キア車支部(起亜自動車労組)もこの日、代議員会を開き、争議発生決議をした。
【記事】
http://news.donga.com/Main/3/all/20140801/65537345/1
posted by クライバー at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【海外】サムスンギャラクシー「ショック」〜非常経営体制に突入

抜粋:サムスン電子ギャラクシー「ショック」〜非常経営体制に突入

 サムスン電子が非常経営体制に入った。いわゆる「ギャラクシーショック」の後遺症である。人材の再配置だけでなく、名誉退職などのリストラの話まで出ている。それだけ未来が不透明だということだ。イ・ゴンヒ会長の不在中に、サムスン電子の危機感が高まっている。

 今回の墜落を導いた張本人は、ギャラクシーだった。サムスン電子の目玉フォンが「親不孝フォン」に変わったのだ。実際、携帯電話の無線事業部があるIM部門の第2四半期の営業利益は4兆4200億ウォン、売上高は28兆4500億ウォンだった。今年第1四半期より利益は31.3%、売上高も12.3%減少した。1年前の昨年第2四半期に比べても、営業利益は29.6%も減少したのだ。
サムスン電子の関係者は、「中国企業の追い上げが侮れなかった」と吐露した。

 サムスンのスマートフォンの場合は、中低価格から高級品に至るまで、多様に発売してきた。
つまり、アップルー中国企業との間に挟まれたサムスン電子。〜非常経営体制に突入となるのである。

 イミョンジン専務も、パフォーマンスの説明会で、第3四半期の見通しをやや暗く見ていた。スマートフォン市場での価格競争がさらに激しくなるからである。これにより、サムスン電子はこの日、緊急経営体制に入った。出張費縮小などのコスト削減案も拡大する方針だ。一部では、名誉退職などリストラの可能性まで議論されている。サムスンの高官は、「サムスン電子がグループに占める割合が莫大だ」とし「対内外的環境の不確実性が高まっているだけに、グループレベルの危機意識を持って非常経営体制を行う予定だ」と述べた。
【記事】
http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0002019249
posted by クライバー at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
About     【RSS】

Powered By 画RSS