Powered By 画RSS   【RSS】

2014年08月08日

【海外】L社のチョコレート。日本「カカオバター」vs韓国「植物性油脂」〜差別

抜粋:L社のチョコレート。日本は「カカオバター」vs韓国「植物性油脂」〜差別

 韓国の番組「不満ゼロUP」で国内チョコレートと日本のチョコレートのカカオバターの含有について違いがある事が判明し、議論が予想される。6日夕方放送されたMBC「不満ゼロUP」で国内菓子メーカーの海外販売菓子と内需用お菓子で差別問題が暴露された。

 この日のL社のアーモンドチョコボールの場合、日本では、カカオの実から抽出したカカオバターが使用されていたが、韓国では、カカオバターの代わりに低価格の植物性油脂が使用されていた。

 日本のチョコレート会社は「日本では、カカオバターが入らないのはチョコレートではない」とまで述べている。植物性油脂で作られたチョコレートは、トランス脂肪酸が形成され、トランス脂肪酸は、コレステロール、体脂肪の増加だけでなく、子供たちには、小児肥満の原因になっている。
【記事】
http://tvdaily.asiae.co.kr/read.php3?aid=1407322601742976002


posted by クライバー at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【海外】「緊縮経営」サムスン電子〜乾いたタオルも絞る

抜粋:「緊縮経営」サムスン電子〜乾いたタオルも絞る
役員の出張費、ゴルフ・通信費の削減。〜コスト削減、多角的な努力(サブタイトル)

 先月から本格的な危機管理に突入したサムスン電子が既存の従業員に提供された福利厚生を減らし、コスト削減に力を注いでいる。7日関連業界によると、サムスン電子は、従業員に提供された各種のメリットを削減し、緊縮経営を強化する方針である。

 サムスン電子は先月から無線事業部の役員を対象に、海外出張の際、日本、中国、東南アジアなど10時間以内の短距離飛行は、エコノミークラスを利用しホテルもワンランク下にする方針にした。従業員の海外出張日当や宿泊費もそれぞれ20%削減する事にした。無線事業部のこのようなコスト削減の動きは、デバイスソリューション(DS)と消費者家電(CE)部門など、他の事業部にも拡大適用されるものと見られている。

 なお、サムスン電子は、今月から本社経営支援室などのスタッフを順次現場に配置し始めた。現場の人材を増やして収益の最大化を目指すという戦略で現場管理を強化する方針である。また、不必要な残業や休日勤務も最小化して業務効率を最大限に引き上げると同時に、コストを削減するという計画である。サムスン関係者は、「コストを削減するための努力を多角的にしている」とし「他の企業と同様に、コストを削減し、利益を最大化するのための努力の一環だ」と述べた。

 サムスン電子は第2四半期に売上高52兆3500億ウォン、営業利益7兆1900億ウォンを記録した。これは、前年同期比、売上高は8,89%、営業利益は24.59%、それぞれ減少した数値だ。前例のなかった下げ幅を記録して8兆ウォン台の分岐も割れている。前期の営業利益の70%以上を占めていた無線事業部の業績不振が主な原因である。
【記事】
http://www.ajunews.com/view/20140807110101462
posted by クライバー at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【海外】ソニー、カーブドUHD TV発売「反撃」

抜粋:ソニー、カーブドUHD TV発売「反撃」
世界UHD TV 1位→5位に転落したソニー(サブタイトル)

 日本のソニーが自社初のカーブドUHD TVを発売し、サムスン電子に奪われたUHD TV市場の主導権を取り戻すために反撃に出る。8日ソニーによると、カーブ・ド・UHD TV「ブラビアS90」を65インチ、 75インチモデルの2種で発売する予定である。ソニーは昨年、カーブ・ド・TVをフルHD製品として発売したことはあるが、UHD製品で発売したことはなかった。カーブ・ド・TVは画面が湾曲して、既存のフラットTVとは差別化されたデザインをしており、視聴者の没入感を大幅に高めるというのが利点である。

 ただし、今回のソニーの新製品の曲率(湾曲の程度)は、今年の初め、サムスン電子、LG電子が披露したカーブ・ド・UHD TVより低い。価格は65インチモデルが5000ドル台、75インチモデルが8000ドル台になるという。

 ソニーは、今回のカーブドUHD TVを前面に出してグローバルUHD TV市場1位のサムスン電子を相手に大規模な反撃に出るという戦略である。UHD TV市場は、2012年にLG電子が世界初の84インチ製品を発売し、本格的に開花した。昨年UHD TVの販売が本格化し、ソニーは、プレミアム製品と一緒にサイズを削減し、価格を抑えた普及型製品を同時に発売し、市場影響力を得て一気にグローバルUHD TV 1位を占めた。昨年第2四半期のグローバルUHD TV市場で、ソニーは売上高基準率を前期比3倍に増えた42.4%に拡大し、LG電子を抜いて1位を記録した。

 しかし、今年の第1四半期に9.8%にシェアが半減してサムスン電子(21.6%)に1位の座を明け渡している。中国ハイセンス(16%)、スカイワース(13.6%)、LG電子(10.6%)にも抜かれ、ランキングは5位に急落している。
【記事】
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2014080808424006452
posted by クライバー at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【海外】サムスン電子、自社通信機能付きのスマートウォッチ来月公開

抜粋:サムスン電子、自社通信機能付きのスマートウォッチ来月公開

 サムスン電子は、独自の移動通信チップを搭載して電話をかけたり受けたりすることができる新スマートウォッチ「ギアソロ」を来月発売すると発表。

 ギャラクシーギアやグーグルグラスなど、既存のウェアラブル機器は、独自の通信機能がないため、スマートフォンと接続してはじめて、電​​話、電子メール、テキストの送受信機能を使うことができていたが、この製品は、独自のチップが内蔵されており、通話機能を使用することができるという事が利点である。

 サムスン電子は昨年4月、アメリカ特許商標庁に「ギアソロ」の商標を出願しており、6月には「ギアソロ」であると推定されているスマートウォッチ(SM-R382)をアメリカ連邦通信委員会(FCC)から認証を受けている。

 サムスン電子関係者は「正確なことは、製品がリリースされるまでお知らせする事は出来ない」と述べた。
【記事】
http://news.mtn.co.kr/v/2014080709530775109
posted by クライバー at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【海外】先延ばしリコール「現代ジェネシス」アメリカで179億ウォンの「罰金爆弾」

抜粋:先延ばしリコール「現代ジェネシス」アメリカで179億ウォンの「罰金爆弾」

 現代自動車がアメリカでジェネシスの先延ばしリコールで巨額の罰金を課せられた。

 7日(現地時間)、米国道路交通安全局(NHTSA)は、現代自動車の高級セダン、ジェネシスの先延ばしリコールと関連して1735万ドル(約179億ウォン)の罰金で合意したと発表した。

 NHTSAは、現代車が2009年から2012年に生産したジェネシスのブレーキの欠陥を2012年に発見しても適時にリコール措置をしなかったと説明した。アメリカ連邦法は、自動車メーカーが欠陥を見つけた場合、5日以内にNHTSAに報告するようになっている。アメリカで販売されているリコール対象のジェネシスは4万3500台であり、当時、現代車は韓国で販売された10万3000台もリコール対象に指定していた。
【記事】
http://www.kbench.com/?q=node/137407
posted by クライバー at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
About     【RSS】

Powered By 画RSS