Powered By 画RSS   【RSS】

2014年08月11日

【海外】現代・双竜車「燃費誇張」〜消費者へ補償の検討

抜粋:現代・双竜車「燃費誇張」〜消費者へ補償の検討

 現代自動車と双竜自動車が「燃費誇張」論争に関連して、内部的に消費者への補償案まで含めたフォローアップを検討していることが分かった。メーカー側は、国土交通省の燃費検証結果が産業通商省の結果と違うという理由で、国土部の結論を認めていない。

 10日、自動車業界によると、国土部は先月末、現代車と双龍車に「燃費誇張によるフォローアップをしてください」という趣旨の書簡を送ったという。自動車管理法は、完成車メーカーが燃費不適合判定を受けた場合、30日以内に車両の所有者に通知するように定めている。6月26日、現代車サンタフェと双竜車コランドスポーツが不適合判定を受けたため、先月25日までに当該事実を消費者に知らせなければならないというものである。しかし、現代自動車と双竜車は、この日までに車の所有者に通知をせずにいる。

 企業には、行政訴訟に行って争ってみようという雰囲気もある。しかし、国土部の結論を認めて、消費者への補償をしようという意見もあると伝えられている。企業としては、リコール、燃費などの強力な規制権限を持つ国土部の顔色を見ざるを得ないということだ。
【記事】
http://bizn.khan.co.kr/khan_art_view.html?artid=201408102132535&code=920508&med_id=khan


posted by クライバー at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【海外】日本記者「なぜ朝鮮日報はさて置き、産経だけ問題にするのか?」

抜粋:日本記者「なぜ朝鮮日報はさて置き、産経だけ問題にするのか?」
産経新聞「朴槿恵大統領の7時間行動報道」〜波紋広がる
検察、産経ソウル支局長を召喚。出国禁止も要請
日本外相「報道の自由懸念。〜両国関係に影響与える可能性があり」(サブタイトル)

 セウォル号の惨事当日の朴槿恵大統領が7時間の間に何をしたのか悪意を持って報道した<産経新聞>記事が、別の日韓外交に飛び火する兆しを見せている。

 アセアン地域フォーラム(ARF)に出席するためにミャンマーを訪問した岸田文雄日本外相は10日、日本の記者たちと会って「前日ユン・ビョンセ外交部長官に(検察の召喚通報が)日韓両国の関係に影響を与える可能性が有る。報道の自由という観点から懸念して注視している」と明らかにした。
 これに関連しユン・ビョンセ長官は9日、ミャンマーで岸田外相との会談で「産経が根拠のないデマを引用して悪意を持って報道して隣国の国家元首の名誉​​を深刻に毀損したことを非常に残念に思っている」という立場を日本に伝えた。

 岸田外相の反応は、両国の外相がこの問題について異なる見解を持っていることを示しています。これと関連し、現場にいた日本の記者たちも、大統領府の態度を理解することができないという反応を示した。

 日本の記者は「加藤達也支局長は「反韓」寄りの記事をたくさん書く人ですが、その記事の中で、特に問題となった今回の部分は<朝鮮日報>のコラムを引用したもので、なぜ<朝鮮日報>は問題にしないで<産経新聞>のみ法的措置をとるのか」と言った。
【記事】
→日本記者の意見に対する反論は、書かれていません。
http://www.hani.co.kr/arti/politics/bluehouse/650568.html
posted by クライバー at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
About     【RSS】

Powered By 画RSS