Powered By 画RSS   【RSS】

2014年08月13日

【海外】「ラーメン宗主国」日本に何が?〜ラーメン絶滅の懸念

抜粋:「ラーメン宗主国」日本に何が?〜ラーメン絶滅の懸念

 「ラーメン宗主国」日本でラーメンの人気がなくなってきている。

 ワシントンポスト(WP)は11日(現地時間)、「日本でラーメンは「つまらない」製品になってきている」とし「日本のマニアはラーメンが消える懸念をしている」と報道した。端的な例として、日本のカップラーメンの需要は、ここ数年間停滞しているという。

 世界ラーメン協会(WINA)によると、日本のインスタントラーメンの需要は、昨年55億2000万個を記録した。前年54億1000万個から増えたが、2011年の55億1000万個とほぼ同じ水準である。一方、中国は2011年の424億7000万個から昨年462億2000万個へと着実に増加している。

 これを反映するように日本国内のラーメン屋も減少傾向となっている。ラーメン店は一時期、東京だけで1万を越えたが閉店する店が増加している。日本でラーメンレストラン2ヶ所を運営するニューヨーカーは「ラーメンブームは終わった」と断言した。彼は「ブームというのは、新しい参入と新たな成長があることを意味しますが、日本ではもうそのような事は無い」と述べた。

 日本ラーメン協会の千葉氏は「様々なすべてのものを試みた」とし「日本でラーメンはもはや新鮮だったり、興味深いものではない」と述べた。

 日本でラーメンがピークを過ぎたものとなったのとは異なり、全世界ではラーメンはますます人気を集めている。
日本のラーメン屋は、オーストラリアのシドニーから、スウェーデンのストックホルムまで地球のあちこちに広がっている。アメリカの場合、ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルスなどに行けば、店に行列を作っている人を簡単に見つける事ができる。これは日本政府がラーメンを「ソフトパワー」として活用したのも一役買っている。日本政府は、パリや香港などで「クール・ジャパン」キャンペーンの一環として、ラーメンの試食イベントを開催したのだ。
【記事】
https://heraldk.com/2014/08/12/%EB%9D%BC%EB%A9%B4-%EC%A2%85%EC%A3%BC%EA%B5%AD-%E6%97%A5%EC%97%90-%EB%AC%B4%EC%8A%A8%EC%9D%BC%EB%9D%BC%EB%A9%B4-%EB%A9%B8%EC%A2%85-%EC%9A%B0%EB%A0%A4-2/


posted by クライバー at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【海外】日本の「八重歯」は可愛さの象徴

抜粋:日本の「八重歯」は可愛さの象徴

 英国デイリーメールは、「八重歯」と呼ばれる手術が日本で大流行していると報道したことがある。費用は約40万円程度という。

 この施術は、人工歯を永久または半永久的に実際の歯の上に接着させることで、まるで吸血鬼のような印象を与えるものだ。

 日本の男性は八重歯を持った女性を、そうでない女性よりも若く魅力的だと思う。これによって、日本の女性たちは手術を受けるために歯科に集まって来るのである。「八重歯整形」の流行は、日本国内で八重歯の人気歌手や有名人が大きな人気を集め始めた事によるものだ。

 専門家は「八重歯は日本女性固有の美しさを意味する」とし「八重歯は、10代と20代の女性の魅力」と話した。
【記事】
http://www.nwtnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=2015
posted by クライバー at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
About     【RSS】

Powered By 画RSS