Powered By 画RSS   【RSS】

2014年08月15日

【海外】今度は本物の空港に「サムスンがアップル嘲笑ステッカー広告」

抜粋:今度は本物の空港に「サムスンがアップル嘲笑ステッカー広告」

 サムスン電子がアップルを狙った空港インストール広告を披露した。
先立って公開された「サムスンギャラクシーS5バッテリーCF空港編」に続く現場広告だ。

 この広告では、サムスン電子は、iPhoneの短いバッテリー利用時間から、空港の壁に(バッテリー充電のためにコンセントに)くっついている彼らを「壁にぴたっとついている人(Wall-huggers)」と嘲笑している。ユーチューブを通じて全世界のスマートフォン利用者に宣伝し、自社の優れたバッテリー効率を間接的に表現してアメリカの現地販売量の一助となったという評価でした。

 それが、今回、実際の現場に出てきたのです。
まさにアメリカの空港内のコンセントに「ギャラクシーS5のステッカー」を貼ったのです。ステッカーには、「超低消費電力モードが搭載されたギャラクシーS5なら、どこへでも行くことができる」と書かれている。

 サムスンは、現在いくつかの空港に設置しているステッカー広告を、より多くの空港に拡大する計画だと発表した。
【記事】
http://biz.heraldcorp.com/view.php?ud=20140814000659


posted by クライバー at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【海外】現代・起亜自、中国独占禁止法調査の火の粉飛ぶか?

抜粋:現代・起亜自、中国独占禁止法調査の火の粉飛ぶか?

 中国政府が海外有名自動車メーカーの独占禁止法の調査をしている。現代・ 起亜自動車も神経を尖らせている。ややもすると火の粉が自社に飛んでくる事を憂慮しているのである。

 現代車の関係者は14日、「まだ現代車や起亜自動車は、中国当局の調査対象には含まれていない」とし、「中国政府の独占禁止法の調査の進捗状況を注視している」と述べた。

 中国政府が輸入車メーカーを対象に独占禁止法の調査に出たのは、これらの企業が暴利を取っていると判断したためである。調査を受けたドイツのアウディは18億元(約300億円)の罰金が課された。中国のマスコミも中国の現地輸入車の価格は他の地域よりも2〜3倍高いと相次いで報道している。

 メルセデスベンツ、BMW、アウディ、ジャガー、ランドローバー、クライスラー、トヨタ、ホンダなどの海外メーカーは、自動車と部品の価格を相次いで下げた。

 現代・起亜車の中国輸出分の現地価格は韓国より50%ほど高い。輸入車の関税が23%あるうえ、営業利益などを付加しなければならないからだ。また、新型車は超高張力鋼板などを多く使用して価格を上げなければならない。
だが、中国政府の鋭い刃が有るので、価格をこれ以上高める事は出来なくなっている。
【記事】
http://bizn.khan.co.kr/khan_art_view.html?artid=201408142135425&code=920509&med_id=khan
posted by クライバー at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【海外】サムスン、大画面のギャラクシーメガ2発売準備

抜粋:サムスン、大画面のギャラクシーメガ2発売準備

 サムスン電子が昨年リリースしたスマートフォン、ギャラクシーメガの後継の製品を準備中である。製品の名前はギャラクシーメガ2になると予想される。

 サムスン電子は、ギャラクシーメガ2で、中国市場攻略に乗り出す見通しだ。ギャラクシーメガ2と推定されている製品のモデル番号は、SM-G7508Qである。TE-LTE規格をサポートする。先月には、ギャラクシーメガ2と推定されている製品がSM-G750Aというモデルで、アメリカFCC認証を得ている。

 ギャラクシーメガ2は5.9インチ、720×1280の解像度ディスプレイを装着すると予想されている。厚さは8.6mmである。APは1.2GHz、64ビットサポートのスナップドラゴン410プロセッサであり、Android 4.4、1千300万画素背面カメラ、500万画素のフロントカメラ、2GB RAM、8GBの内蔵メモリと推定されている。
【記事】
http://www.zdnet.co.kr/news/news_view.asp?artice_id=20140815031212
posted by クライバー at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
About     【RSS】

Powered By 画RSS