Powered By 画RSS   【RSS】

2014年08月21日

【海外】「プリウスタクシー」韓国タクシーに挑戦!

抜粋:「プリウスタクシー」韓国タクシーに挑戦!

 燃費で勝負する「プリウスタクシー」。韓国トヨタは20日、国内の個人および法人タクシー事業者を対象にした「プリウスタクシー」を発売し、本格的な販売に入ると明らかにした。現代ソナタ、ルノーサムスンSM5などが絶対的な地位を占めている国内タクシー市場に挑戦状を投げたのだ。

 輸入車ブランドが国内のタクシー事業に参入したのは、韓国トヨタが初めてだ。トヨタブランドが今回披露する「プリウスタクシー」は、エンジンと電気モーターを組み合わせたトヨタのハイブリッドシステムが搭載されており、国内最高レベルの市街地走行燃費(21.7q/ L )を誇る。プリウスタクシーの利点は、やはり市街地走行燃費。リッターあたり21.7qでソナタタクシーと比較して2.5倍以上の高いレベルでの運行距離を誇りタクシーの運転手に脚光を浴びることが予想される。

 韓国トヨタ吉田明久社長は「プリウスタクシーはオーストリアで100万q走行記録をうち立てるほど耐久性に優れ、市街地を走行するタクシーに適した燃費性能を持っている。また、燃費や耐久性の面でもユーザーが満足すると期待する」と語った。
【記事】
http://www.fnnews.com/view?ra=Sent0601m_View&corp=fnnews&arcid=201408210100211880011139&cDateYear=2014&cDateMonth=08&cDateDay=20


posted by クライバー at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【海外】リバプール、日本でユースアカデミー設立

抜粋:リバプール、日本でユースアカデミー設立

 リバプールがアジアの有望株を発掘するために、日本を前進基地とした。
リバプールは20日、東京都内で「LFC国際サッカーアカデミージャパン」設立発表記者会見を開いた。ホワイト代表は「世界20カ国で運営されているリバプールアカデミーは、すべての国のアカデミーでリバプールで教えているのと同じプログラムでサッカーをしている」と体系的なプログラムを発表した。現役時代リバプールの黄金時代を導いたラッシュも「プロ選手の育成は、当然のことながらスキルを教えながらも、同時に大人に成長してサッカーと遠ざかっても、それ以降の人生に役立つ様な教育をしたい」と言った。

 日本初のリバプール公式アカデミーは、5歳から12歳の子供が対象である。このアカデミーは、イギリスの指導者を直接招聘し、さまざまなイベントを開催する予定と伝えられている。神奈川県の平塚と相模原市、横浜市、千葉県千葉市と白井市、南房総市などで31日から順次オープンする予定である。
【記事】
http://www.sportalkorea.com/news/view.php?gisa_uniq=2014082016285270§ion_code=20&key=&field=&search_key=y
posted by クライバー at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【海外】韓国経済、日本型の低成長局面。〜51%

抜粋:韓国経済、日本型の低成長局面。〜51%

 経済専門家の2人に1人が「韓国経済が日本の長期不況を踏襲するおそれがある深刻な低成長局面に入った」と診断した。全国経済人連合会は、民間ㆍ国策研究所、学界および金融機関の経済専門家37人を対象にアンケート調査を実施した結果、51.4%の専門家がこのように回答した事が20日明らかになった。

 他の45.9%の専門家たちも、「回復局面にあるが、セウォル号の事故の影響などで景気回復力が低下している」と答えた。経済専門家たちは、経済が直面している最も大きな問題点として「不動産景気回復の遅れや家計負債の深化」(35.1%)を挙げた。セウォル号の事故以来、経済心理の萎縮(35.1%)を懸念する声も高かった。

 経済の構造的な問題では「新成長力不在(51.4%)」と「民間消費と投資の不振(29.7%)」を指摘した。

 局面を打開するために、経済の専門家4人のうち3人は「下半期に基準金利を0.25%以上引き下げなければならない」(77.8%)と回答した。
【記事】
http://biz.heraldcorp.com/view.php?ud=20140820000052
posted by クライバー at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
About     【RSS】

Powered By 画RSS