Powered By 画RSS   【RSS】

2015年02月22日

【韓国】現代自動車ジェネシスがドイツ車に追いつくための修正点6つ

抜粋:現代自動車ジェネシスがドイツ車に追いつくための修正点6つ

 ジェネシス(Genesis)とは、創世記を意味する。世界が始まるという意味を込めている。現代自動車が大型セダンであるジェネシスにこの名前をつけた理由を推測することができる。以前には無かった車を作るという意志を示したのである。ジェネシスは、名前の通り、国産車の新しい地平を開いたという評価が多い。虚言ではない。京釜高速道路を制限速度の2倍に達する高速でジェネシスのように落ち着いて走ることの出来る国産車はない。5mを超える大きさだが、ハンドリングは小型車のようである。時速150qで走って初めて、風切り音が聞こえる車は、探すのが容易ではない。

 しかし、走行感性がドイツ車に劣らず素晴らしいジェネシスにも、いくつか不足している点がある。「G380」モデルのうち、4輪駆動の「HTRAC」を1000qほど試乗して、ドイツ車に先んじるために、ジェネシスが改善しなければならぬ6つのことを整理した。

1、ジェネシスの8段自動変速機
 変速感が柔らかく衝撃もほとんどないが、変速が鈍い。

2、車体の下から聞こえる騒音(高速域)

3、舗装の段差に弱いサスペンション

4、操作しにくい位置のボタンとスイッチ
 パドルシフトスイッチの位置

5、ギアノブデザインが外観とマッチしていない

6、のっぺりしているカーオーディオの音質
 世界的なカーオーディオブランドのレキシコンシステムを採用した。しかし、ジェネシスのカーオーディオの音質は、メーカーの評判ほどではない。

【記事】
http://bizn.khan.co.kr/khan_art_view.html?artid=201502221119591&code=920508&med=khan


posted by クライバー at 19:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国】最低賃金「5580ウォン」が物語る韓国経済の不均衡

抜粋:最低賃金「5580ウォン」が物語る韓国経済の不均衡

 今年の韓国の最低賃金が時間5500ウォン(589円:2/22時点)を超えた。これは、世界的に見てもまだ低い水準である。このように低い最低賃金を上げようという声は、毎年労働界から出ている。しかし、自営業の割合が過度に多すぎる韓国の経済構造が、最大の障害として指摘されている。

 韓国の最低賃金は、22日の最低賃金委員会によると、昨年比7.1%(370ウォン)上がった時間5580ウォン(598円:2/22時点)である。昨年の韓国の最低賃金をドルに換算すると、4.92ドル(ドル= 1060ウォン基準)であるが、これは日本(9.16ドル)の半分ほどであり、深刻な経済危機に直面しているギリシャ(5.79ドル)よりも低い。オーストラリアは、最低賃金が15ドルを超える。私たちの3倍を上回ることになる。

 統計庁によると、韓国の自営業者数は539万2000人で、全体就業人口の21%である。これは、経済協力開発機構(OECD)34カ国の平均が14.9%(2013年基準)であることを考慮すると、高い。主要先進国の就業者比自営業の割合は、2013年にアメリカ6.5%、日本8.8%、ドイツ10.7%、英国14.2%などである。

 さらに大きな問題は、自営業者が零細だということだ。また、自営業の1人当たりの負債が6457万ウォン(691万円:2/22時点)に達するほど家計が厳しい。去年の世帯当り月平均勤労所得が287万1700ウォン、自営所得が86万2200ウォンで、何と200万ウォンも差があった。このような状況では、最低賃金が高くなった場合、自営業者は人件費の負担を持ちこたえることができず、大量に廃業する事態が発生すると懸念される。

 専門家は、最低賃金を上げる前提条件として、自営業の構造調整を挙げている。現在の平均月86万2200ウォンを稼いでいる自営業者の収入が適正なレベルまで上がっていければ、最低賃金の上昇も可能だということだ。

【記事】
http://www.fnnews.com/news/201502221626086414
posted by クライバー at 17:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国】50代男性、「竹島の日」に汚物入ったプラスチック容器を日本大使館に投げた

抜粋:50代男性、「竹島の日」に汚物入ったプラスチック容器を日本大使館に投げた

 22日、島根県がいわゆる「竹島の日」行事を開催することに関連して、ソウル鍾路区の日本大使館前でこれに反対する市民団体の記者会見と抗議などが相次いだ。

 独島国民運動本部の会員150人(警察推算)はこの日の午後、「竹島の日廃棄​糾弾大会」を開き、「日本は竹島の日の指定を撤回し、これを記念する行事と教科書を通じた歴史歪曲の試みを直ちに中断しろ」と要求した。彼らは「日本は独島が大韓民国の固有の領土という事実をよく知っていながら、帝国主義の亡霊にとらわれて「独島侵奪」行為を毎年欲しいままにしている」とし「ついに育つ将来の世代にも、独島領有権の主張を記述した教科書の採択を公式発表するに至った」と指摘した。

 この日の糾弾大会は、3.1万歳運動を再現したパフォーマンスと学生の代表が日本の学生に伝えるメッセージ発表などの順序で行われた。参加者は行事を終えた後、安倍晋三首相に送る抗議の書簡を大使館に伝達した。

 先立って独島に本籍を移した人々の集まりである独島郷友会もこの日午前、記者会見を開いて「岸田文雄外相は、今年も国会の外交演説で独島が日本の固有の領土だと主張した」とし「昨年に引き続き、今年も記念行事に次官級を派遣して独島挑発を敢行している」と批判した。

 記者会見で自身を「独島守護運動関連団体の会員」だと紹介したチェ某(51)氏は、「安倍首相は謝罪せよ」と叫んで、汚物を満たした約500㎖のプラスチック容器を日本大使館に向かって投げた。汚物容器は、大使館前の機動隊車両に当たった。警察は、チェ氏が過去にも数回汚物を投げた前歴があると見て、彼を任意同行して調査した。

【日本大使館前の写真】
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2015022214254012537
【記事】
http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0009166001&code=61111411&sid1=soc
posted by クライバー at 15:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国】水素自動車の宗主国現代車に世界の自動車メーカーが激しい追撃

抜粋:水素自動車の宗主国現代車に世界の自動車メーカーが激しい追撃

 水素自動車を取り巻く世界の自動車メーカーの競争が激しくなっている。水素自動車の宗主国であることを確信している現代起亜車だが、トヨタ、ホンダをはじめとした世界中の自動車メーカーから追撃されている。

 21日、自動車業界によると、水素燃料電池車(FCEV)の世界自動車メーカーの技術格差は大きくない状況である。現代起亜車が実用化では一番最初だったが、技術開発に飛び込んだ時期は、最も遅かった。水素自動車を世界で最初に生産した会社は、1994年のアメリカのダイムラークライスラーだ。

 ホンダは、2002年にアメリカカリフォルニア州で水素自動車の販売認可を受けて商業化に最初に成功したメーカーとして挙げられる。2008年、水素自動車「FCXクラリティ」を披露して、長年の技術開発を通じて今年新しい水素車を披露する予定である。技術水準では、トヨタよりリードしているという評価も受けている。その間、ホンダと技術協力関係を維持してきたGMも、2010年には水素車を商用化することができる技術力を手にしたと業界では見ている。フォードも水素自動車のための重要な技術的能力を確保したことが分かっている。

 現代起亜車が水素自動車の開発に飛び込んだのは、これらの企業と比較するとかなり遅い2001年からだったが、期待以上の成果を見せて、2013年2月、現代車蔚山工場で年産1000台を生産することができる大量生産ラインを世界に先駆けて構築し、商用化は一番最初に実現した。しかし、技術の熟成度が競合他社に比べて落ちており、大衆化の作業速度が遅くなってしまい、追撃の糸口を許しているという憂慮が出ている。実際、現代起亜自動車のアメリカ内の水素車有効特許件数は126件に過ぎないが、GMは7倍以上の980件を保有しており、ホンダは799件、トヨタも685件と現代車を圧倒している。

 現代車は、水素自動車「ツーソンix」の価格を既存の1億5000万ウォンから8500万ウォンに引き下げたが、まだトヨタの「MIRAI」に比べると、1000万ウォン程度高く、最高速度と走行距離もトヨタ「MIRAI」がリードしている。

 蔚山テクノパーク化学技術研究センター長は、「完成車メーカーの水素燃料電池車戦略」という報告書を通じて、「水素自動車の普及は、車両の性能や価格だけではかることはできない」とし「商業化は、水素インフラの成否にかかっている」と明らかにした。

【記事】
http://www.viva100.com/main/view.php?lcode=&series=&key=20150221010002599
posted by クライバー at 11:36| Comment(10) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【コラム】日本のノーベル科学賞のインフラは、「100年以上にわたる中小企業」

抜粋:日本のノーベル科学賞のインフラは、「100年以上にわたる中小企業」

 日本のノーベル科学賞のインフラは、100年以上続いてきた中小企業です。韓国も腕前の良い中小企業を100程度選んで最先端の技術を開発するように支援して振興すれば、「ノーベル賞のインフラ」を作成することができます。

 「日本のノーベル科学賞 - なぜ日本はノーベル科学賞に強いのか」というタイトルの本を最近発刊した洪政國(68)在日韓国科学技術者協会会長は、去る20日、東京で行った特派員とのインタビューでこのように述べた。日本で生まれ育って、東北大学で農学博士の学位を取った後、日本IBM、東京大学(特任教授)などに在籍し、日本の科学界の流れに精通している在日の老学者の明快な結論だった。

 世界最高の技術力と最先端の研究をすることができる装置を保有している中小企業が、日本科学の「力」というのだ。大企業は、新技術への投資のリスクを避けようとする傾向があるだけに、リスクに投資することができる中小企業が科学技術のインフラとして適していると洪会長は主張した。

 洪会長は「100年以上一つの業種を続けてきた会社を「老舗」といい日本に7万〜8万社ありますが、そのうちの半分が製造業です」としながら「彼らは、核心技術を数百年間維持してきて同じ商品のみを作ってきたのではなく、源泉とされる技術を利用して新しい技術と製品を開発しながら企業を継続している」と語った。彼は「このような企業は、独自の技術を持って、他の人々ができない実験をする。そして、それが可能な様に後押しする社会風潮が日本にはある」と説明した。つまり、江戶時代(1603~1867)から職人を尊重する文化と、専門知識を持った人を高く評価する文化が継続しているということだ。

 洪会長は韓国政府に向かって「科学研究と関連した予算を投資する時は、金額よりは「継続」を重視するべきである。また、国策研究機関等が研究者を雇う時は、長期契約を締結しなければならない」と強調した。

【記事】
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2015/02/21/0200000000AKR20150221021300073.HTML
posted by クライバー at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日韓】本日「竹島の日」〜日本3年連続独島挑発

抜粋:本日「竹島の日」〜日本3年連続独島挑発

 日本が本日開かれる「竹島の日」の行事に中央政府の高官を派遣することにして、日韓の対立が再び大きくなるものと見られる。特に今年は日韓国交正常化50周年なので、議論が予想される。山谷えり子領土問題担当相は17日の記者会見で、島根県で開かれる「竹島の日」の行事に松本洋平内閣府政務官(次官級)を派遣すると発表した。地方自治体である島根県が2006年から開催してきたこの行事に、日本政府が政務官を派遣したのは、今年で3年目だ。

 外交部は日本が政務官の派遣を表明すると、すぐに「独島は歴史的、地理的、国際法的に明確に韓国固有の領土」とし「日本のどんな挑発にも断固対処する」と警告した。政府は、日本が島根県に政務官を派遣すれば、在韓日本大使館関係者を招致して抗議し、これを糾弾する声明を発表する予定である。

 ただし、来月ソウルで開かれる日中韓3カ国の外相会談は、韓国が議長国であるだけに、予定通り開催して、日韓国交正常化50周年記念行事も継続して推進することにした。日本当局の挑発に対しては、両者の次元で対応するが、多国間と民間の協力は維持するという分離対応である。

 しかし、日本の挑発は続いている。今年独島を日本領土と表記したハングル版の防衛白書を韓国に初めて出荷した。また、日本でふるさと納税が最初に導入された2008度には、独島領有権関連の寄付が28件、75万920円にとどまり、2011年には11件、37万9000円まで下落した。しかし、2012年当時、李明博大統領が独島を訪問した結果、その年の独島関連の寄付が50件、107万6280円で100万円を初めて突破し、2013年には103件、225万5250円と大きく増加した。

【記事】
http://news.donga.com/Main/3/all/20150222/69732658/1
posted by クライバー at 08:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国】韓国が来年ロボット保有1位の国?〜日米超える

抜粋:韓国が来年ロボット保有1位の国?〜日米超える

 韓国のロボット産業が急成長し、来年には韓国が世界最多のロボット保有国として浮上するとの予測が出てきた。日本やアメリカはもちろん、大規模工業国である中国をも越えてロボットの分野では、最多需要国になるという予測である。

 21日、多国籍ITㆍ電気電子ㆍエネルギー部門の市場調査会社である「スパイアリサーチ」は、レポートを通じて2016年までに韓国の産業と非産業用ロボット保有台数が20万1700台に達すると予測している。スパイアリサーチによると、韓国は現在、産業用ロボット部門で、日本、中国などに次いで4位にランクされているが、来年にはランクが更に上がると予想している。より多くの工場でロボットを導入して、生産効率を向上させるものと見られるという意味である。家庭用など全ての用途を合わせたロボット保有台数では、韓国が世界で最も先んじることになるだろうと予測した。

 スパイアリサーチは、韓国のロボット市場の成長を積極的な政府の投資と高い技術力のおかげだと分析している。レポートでは、韓国政府が2018年までに約7兆ウォンを投資して、ロボット産業を育成させるという戦略を持っていると紹介した。スパイアリサーチは、韓国ではロボット産業が2009年以降5年間で2倍に成長したと分析した。また、現在600以上の専門企業が活動しており、ロボット産業の従事者数も3万4000人に達すると付け加えた。

 スパイアリサーチは、韓国の研究機関や企業がシルバー産業にも大きな関心を持っていると紹介している。国策研究機関である韓国電子通信研究院(ETRI)がニュージーランドのオークランド大学の研究チームと共同開発したロボット「アイロビ(iRobi)」は、自閉症児の世話をする役割を遂行するとスパイアリサーチは紹介した。

【記事】
http://news.donga.com/Main/3/all/20150221/69728358/1
posted by クライバー at 07:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。