Powered By 画RSS   【RSS】

2015年06月26日

【韓国】重苦しい経済、昨年は「セウォル号のせい」今年は「MERSのせい?」

抜粋:重苦しい経済、昨年は「セウォル号のせい」今年は「MERSのせい?」

 政府が補正予算の編成などを含めて国の資金15兆ウォンを支出すると述べた。

 景気浮揚を最優先課題として推進してきた政府が、連日史上最大値を更新している900兆ウォンを超えた国の借金(公共機関の負債を含む)の負担に躊躇(ちゅうちょ)してきた補正を果敢に決断した背景には、「MERS事態」があった。いわゆる「MERSの衝撃」から経済を保護しなければならないほど状況が深刻だということだ。3%台の経済成長率も守れず、2%台に落ち込むことも有り得るとの説明である。国の借金が増えることを受け入れても、「MERS」によって生じた危機から抜け出さなければならないという話だ。

 今回のMERSによる経済への悪影響は、事態の初期から浮き彫りになっていた。海外の観光客が急減して都心が閑散とし、大型商店と自営業者のため息が増えたというニュースも続いた。実際、消費者心理も萎縮したという韓国銀行の発表も後に続いた。「MERS不況」という言葉も生まれて、国は財政支援をしなければならないという声も高まった。

 しかし考えて見ると、実際にはMERS事態前から経済の見通しが良くないのは同じであった。長期化している輸出不振となかなか回復しない内需によって、低成長基調が延々と続いていた。すなわち、MERSが私たちの経済を悪化させた要因であることを否定することは出来ないが、「MERSのせい」にだけにも出来ない理由だ。しかし、一部では、政府が補正予算編成の要件を破って、無理にお金を一度に注ぎ込めという指摘も出ている。

 ここで、ふと昨年の同じような経験が浮かび上がる。1年前、多くの命を「セウォル号」沈没と共に失ったとき、私たちはしばらくの間、「セウォル号不況」という表現を使ってきた。セウォル号の悲しみで景気が萎縮されたし、その余波が経済全般に影響を及ぼしたのである。振り返ってみると当時も、私たち国民の悲しみは、韓国経済を脅かす多くの要因の中の一つであるだけで、全ての責任を負わせることはできなかった。

 MERS拡散という国家的災難が経済責任の全面に出て、より重要な理由が、我々の関心から遠くならなければ良いのだが。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://www.newspost.kr/news/articleView.html?idxno=38940


posted by クライバー at 21:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国】MLB秋信守「起亜K900、ベンツ・BMW羨ましくない!」

抜粋:MLB秋信守「起亜K900、ベンツ・BMW羨ましくない!」

 MLBテキサス・レンジャーズの秋信守(チュ・シンス)が「起亜車は、ベンツやBMWより乗り心地が優れている」と伝えた。

 25日、起亜自動車アメリカ販売法人(KMA)は、アメリカプロ野球テキサス・レンジャーズで活躍している韓国人打者、秋信守(33)にフラッグシップセダンである2015年型K900とミニバン2016オールニューセドナを提供したと明らかにした。起亜車は、秋信守がクリーブランドインディアンズ所属だった2008年からボレゴをはじめ毎年セドナ、ソレント、カデンジャなどを提供してきたし、2011年からは、秋信守の家族にもセドナを追加で提供した。

 秋信守は「同僚の選手が乗っているベンツ、BMWと比較しても、K900は全く引けをとらない最先端の機能を備えているし、乗り心地も優れている」と高く評価して「フルタイムメジャーリーガーになる前から着実に支援してくれた起亜自動車に感謝申し上げる」と述べた。

 一方、起亜自動車はアメリカプロバスケットボール(NBA)最高のスター選手であるレブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ)を「K900広報大使」に委嘱(いしょく)して、NBAのLAクリッパーズのスターブレイク・グリフィン、アメリカ女子プロゴルフ(LPGA)ツアーで活躍する在米同胞であるミシェル・ウィーにも車両を提供しながら、ブランドの認知度を引き上げている。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】(写真)
http://www.ekn.kr/news/article.html?no=142693
posted by クライバー at 17:35| Comment(7) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国】サムスンソウル病院の医師MERS感染〜「不十分な保護服で首と足露出した」

抜粋:サムスンソウル病院の医師MERS感染〜「不十分な保護服で首と足露出した」

 「サムスンソウル病院の医療スタッフ1人が中東呼吸器症候群(MERS)確定判定を受けた。

 26日、保健福祉部の中央MERS管理対策本部は「サムスンソウル病院で働き、17日から自宅隔離となっていたAさん(26)が181番目のMERS確定判定を受けた」と明らかにした。今までMERS感染者で診療していた医療スタッフがMERSに感染した事例は5人で、このうち江陵(カンヌン)医療院の看護師を除いた4人が皆サムスンソウル病院の医療スタッフである。

 サムスンソウル病院の医療スタッフは、17日以前まで当局が推奨するDランク保護装具に満たない保護装具を着用してきたことが分かった。保健当局は「17日以前まで着ていた保護装具は、全身防護服ではなく、手術服なので、首や足などが露出されたものと把握している」と述べた。

 一方、現在のMERS感染者は、1人増えて181人、死亡者は2人増えて合計31人と集計された。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://economy.hankooki.com/lpage/society/201506/e20150626151252117920.htm
posted by クライバー at 16:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国】対ドイツ「自動車赤字2年で5倍に増加」〜現代起亜、ドイツ輸入車市場で1位が目標

抜粋:対ドイツ「自動車赤字2年で5倍に増加」〜現代起亜、ドイツ輸入車市場で1位が目標

 韓国がドイツに車を輸出した金額が2年間で半分になった一方、ドイツから輸入した金額は、2倍以上に増えた。これに伴い、対ドイツの自動車貿易赤字の規模が2年間で5倍以上に増加したことが分かった。

 しかし、ドイツの自動車メーカーが韓国市場の攻略に急加速している中 、現代起亜車も反撃に出た。現代起亜車は、ドイツの輸入車市場で2位を走っており、1位のメーカーにぐぐっと追っているのである。特に、昨年よりシェアの差を狭めており、最終的には年内にドイで輸入車1位に上がるために総攻勢を繰り広げている。

 25日、韓国自動車産業協会によると、国内の自動車企業がドイツに輸出した金額は、2013年1〜5月に8億283万3000ドルだったが、今年1〜5月には4億2791万4000ドルに減少した。輸出台数も5万155台から3万675台に減少した。

 一方、ドイツから輸入された自動車の台数は、同期間に3万1789台から5万9281台に増えた。輸入金額も11億9060万ドルから24億6246万7000ドルへと増加した。このように相反する市場の流れの中で、(対ドイツの)自動車貿易赤字が大幅に増加した。2013年の赤字規模は3億8776万7000ドルだったが、今年は20億3455万3000ドルになり、赤字が5倍以上に増えた。このような現象に加えて、韓国内の輸入車市場は事実上ドイツの自動車メーカーが主導している。韓国輸入自動車協会によると、輸入車市場でドイツ車が占める割合は、70%以上である。

 しかし、現代起亜車も負けてはいない。ドイツ自動車工業協会によると、現代起亜車は今年1〜5月基準でドイツの輸入車市場で新規登録台数とシェアで2位を記録しているのである。特に、現代車の場合、今年1〜5月の新規登録台数4万133台、シェア3.07%で前年同期(3万7377台、2.96%)に比べ成長している。ドイツの輸入車メーカー1位であるチェコのシュコダとのシェア格差も狭くなっている。昨年の1〜5月、シュコダと現代起亜車のシェアの差は0.92%ポイントだったが、今年に入って0.87%ポイントへと小幅減少した。

 これを弾みにして、現代起亜車はシュコダを抜いて、ドイツ輸入車1位ブランドに上がることを目標としている。現代車の関係者は「ドイツの自動車市場拡大のための戦略は、徹底的に現地化することである」と説明した。

【記事】
http://biz.heraldcorp.com/view.php?ud=20150625000298
posted by クライバー at 13:42| Comment(9) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。