Powered By 画RSS   【RSS】

2015年07月31日

「独島歴史歪曲中断しろ」

抜粋:「独島歴史歪曲中断しろ」

 独島アカデミー青年学生200人が7月31日午前、ソウル光化門(クァンファムン)広場の李舜臣将軍の銅像の前で、日本安倍政府の非良心的歴史歪曲反省を促す決意大会を開いて、独島に対する歴史歪曲の中断と「独島は私たちの土地である」ことを主張する手立て札を持ってスローガンを叫んでいる。 

 独島アカデミー青年学生200人が、7月31日午前、ソウル光化門(クァンファムン)広場李舜臣将軍の銅像の前で、日本の安倍政府の非良心的歴史歪曲反省を促す決意大会を開いて、独島に対する歴史歪曲中断と「独島は私たちの土地」であることを主張するプラカードを持ってスローガンを叫んでいる。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】(写真)
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/702676.html
posted by クライバー at 20:26| Comment(8) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国】「独島歴史歪曲中断しろ」

抜粋:「独島歴史歪曲中断しろ」

 独島アカデミー青年学生200人が7月31日午前、ソウル光化門(クァンファムン)広場の李舜臣将軍の銅像の前で、日本安倍政府の非良心的歴史歪曲反省を促す決意大会を開いて、独島に対する歴史歪曲の中断と「独島は私たちの土地である」ことを主張する手立て札を持ってスローガンを叫んでいる。 

 独島アカデミー青年学生200人が、7月31日午前、ソウル光化門(クァンファムン)広場李舜臣将軍の銅像の前で、日本の安倍政府の非良心的歴史歪曲反省を促す決意大会を開いて、独島に対する歴史歪曲中断と「独島は私たちの土地」であることを主張するプラカードを持ってスローガンを叫んでいる。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】(写真)
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/702676.html
posted by クライバー at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

【韓国】現代起亜自動車、上半期欧州販売43万台「史上最大」

抜粋:現代起亜自動車、上半期欧州販売43万台「史上最大」

 現代起亜自動車が今年の上半期、欧州市場で43万台を販売した。欧州市場への進出史上の最大規模だ。起亜自動車は初めて「20万台」を超え、現代自動車も23万台を販売し、史上二番目に多くの販売台数を記録した。下半期には新型ツーソン、新型スポーティジなど新車を投入する計画で、下半期にこの記録は再度更新される見通しである。

 30日、欧州自動車工業協会(ACEA)によると、現代起亜車は今年上半期に欧州市場で現代車は23万1445台、起亜自動車は20万375台の計43万1820台を販売し、前年同期比で8.3%ほど成長した。これは、現代起亜自動車が欧州市場に進出して以来、史上最大の半期の売上高である。特に中国市場で中国現地メーカーと欧州プレミアムブランドの販売量が増え、昨年上半期より6.2%ほど減った80万台を販売するのにとどまった。しかし、欧州市場では、過去最大の販売量を記録し、欧州市場全体の成長率(8.1%)を上回る成長を記録した。起亜自動車は今年上半期に20万台以上を販売し、歴代最多記録を打ち立てた。しかし、欧州市場では、過去最大の販売量を記録し、欧州市場全体の成長率(8.1%)を上回る成長を記録した。起亜自動車は今年上半期に20万台以上を販売し、歴代最多記録を立てた。

 特に第2四半期には、10万4137台を販売し、四半期ベースの歴代最多の販売記録を達成した。起亜自動車の善戦の秘訣は、ほとんど車で選ばれた売上高を見せたおかげである。特にスポーティジは、今年上半期に5万6002台が販売され、現代起亜自動車の単一モデルの中で、歴代最多販売量を記録した。

 現代起亜車の関係者は「上半期、ヨーロッパの販売好調のおかげで、上半期中持続された為替レートの悪材料と中国市場での地元ローカルメーカーの攻勢により、不振をある程度補うことが出来た」とし「中国の経済成長率の鈍化で成長速度が遅れることが懸念されますが、欧州の自動車市場は長年の不振を振り払って、正常軌道に乗る期待が浮上している」と述べた。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://news.donga.com/3/all/20150730/72780375/1#
posted by クライバー at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国】ブランドショッピングは「日本へ?」日本に店が戻って来る高級ブランド

抜粋:ブランドショッピングは「日本へ?」日本に店が戻って来る高級ブランド

 日本を離れたヴェルサーチなどのグローバル高級ブランドが日本に戻ってきている。日本の内需景気が最近復活しているという点と、円安でショッピング、観光客が大幅に増え、日本がアジア最大のブランド市場に復活するという期待感からである。一方、これまで世界のブランドメーカーが集積していた中国は、習近国家主席が広げる反腐敗運動で停滞している。

 30日、日本の不動産投資コンサルティング会社であるCBREは、今年に入って、東京銀座(銀座・ブランド直営店とピョンジブショップが乱立している地域)の3つの地域に高級ブランド8つの店舗が入店したと明らかにした。これは、CBREが1979年に調査を始めて以来、最も多くの高級ブランドがドアを開け、昨年(12店舗改装)よりも速い速度である。2009年に日本から撤退したイタリアの高級ブランドヴェルサーチは、今秋6年ぶりに東京に大規模な店舗を出店することにした。

 フランスの高級ブランドであるイブサンローランも年内に東京渋谷に1号店の出店を準備中である。イタリアブのランドマックスマーラも9月に東京青山に店舗を出す。高級ブランドが日本市場に注目している理由は、「売上高」である。ルイヴィトンとブルガリなどを保有しているルイヴィトンモエヘネシーグループ(LVMH)は、第2四半期の日本の売上高が34%増加(為替除く)を発表した。バーキンバッグで有名なエルメスの日本市場の売上高も、同期間に30%増加した。

 わずか半年前まで、中国人は名品を買うために香港とマカオ行き、飛行機に搭乗した。しかし、香港などで反中国デモが頻繁になって、中国ビザの規定が強化され、状況は変わったのである。実際、5月の中国本土の香港旅行者は、前月より3.2%減少するなど、下落傾向を見せている。一方、上半期に日本を訪れた中国人観光客は217万人で、前年同期より100%も増加しているのだ。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://www.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?newsid=02302566609439768&SCD=JH51&DCD=A00805
posted by クライバー at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国】現代起亜車SUV「世界」〜でよく売れている

抜粋:現代起亜車SUV「世界」〜でよく売れている


 現代起亜自動車のツーソンのスポーティジ、サンタフェが昨年、世界で一番売れてSUVのTop 10に名を連ねた。アメリカなど一部の市場ではSUVの需要に適時対応していないという指摘を受けているが、主力モデルの世界的な需要は依然として上昇余力を備えたものと分析される。

 29日、アメリカ内の自動車販売調査機関ベストセラーカーのブログによると、現代自動車のツーソンのサンタフェ、起亜自動車のスポーティジが昨年、世界販売順位それぞれ4位、9位、7位に上がった。29日、アメリカ内の自動車販売調査機関ベストセラーカーのブログによると、現代自動車のツーソンのサンタフェ、起亜自動車のスポーティジが昨年、世界販売順位それぞれ4位、9位、7位に上がった。現代起亜車のでは昨年、全世界で55万8765台 ​​が売れ、国内車種の中で最も高い4位に上がった。49万台にとどまったフォルクスワーゲンティグアンを抜いたことで63万台が売れたフォードマークの後に続いた。ツーソンの販売量は、ヨーロッパやアメリカで目に見えて増えた。

 中国では、17万1411台と中国中国では、17万1411中国では17万1411台8%減少したが、欧州(7万3507台)と米国(4万6306台)では、それぞれ5%、7%増加して全体の特にスポーティジは、ヨーロッパで最も売れた国産車で、昨年も7%の成長を記録した。


 現代起亜車の関係者は「国内だけでなく世界的にSUVの需要が増えているうえ、今の成長もしばらく続くものと予想される」とし「世界的な需要に合わせて、SUVの供給に支障がないように準備していく方針だ」と明らかにした。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?sec=eco5&idxno=2015072908580985129抜粋:現代起亜車SUV「世界」〜でよく売れている


 現代起亜自動車のツーソンのスポーティジ、サンタフェが昨年、世界で一番売れてSUVのTop 10に名を連ねた。アメリカなど一部の市場ではSUVの需要に適時対応していないという指摘を受けているが、主力モデルの世界的な需要は依然として上昇余力を備えたものと分析される。

 29日、アメリカ内の自動車販売調査機関ベストセラーカーのブログによると、現代自動車のツーソンのサンタフェ、起亜自動車のスポーティジが昨年、世界販売順位それぞれ4位、9位、7位に上がった。29日、アメリカ内の自動車販売調査機関ベストセラーカーのブログによると、現代自動車のツーソンのサンタフェ、起亜自動車のスポーティジが昨年、世界販売順位それぞれ4位、9位、7位に上がった。現代起亜車のでは昨年、全世界で55万8765台 ​​が売れ、国内車種の中で最も高い4位に上がった。49万台にとどまったフォルクスワーゲンティグアンを抜いたことで63万台が売れたフォードマークの後に続いた。ツーソンの販売量は、ヨーロッパやアメリカで目に見えて増えた。

 中国では、17万1411台と中国中国では、17万1411中国では17万1411台8%減少したが、欧州(7万3507台)と米国(4万6306台)では、それぞれ5%、7%増加して全体の特にスポーティジは、ヨーロッパで最も売れた国産車で、昨年も7%の成長を記録した。


 現代起亜車の関係者は「国内だけでなく世界的にSUVの需要が増えているうえ、今の成長もしばらく続くものと予想される」とし「世界的な需要に合わせて、SUVの供給に支障がないように準備していく方針だ」と明らかにした。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?sec=eco5&idxno=2015072908580985129
posted by クライバー at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。