Powered By 画RSS   【RSS】

2015年07月17日

【韓国】現代起亜車の設計図、中国に流出〜2人拘束20人立件

抜粋:現代起亜車の設計図、中国に流出〜2人拘束20人立件

 韓国大手メーカーの自動車設計図が大量に流出して、中国メーカーの新車開発事業に使われたことが明らかになった。

 17日、ソウル地方警察庁国際犯罪捜査隊は、現代起亜自動車の設計図などの営業秘密を流出、使用した疑い(不正競争防止及び営業秘密保護に関する法律違反)でキム某(34)氏など2人を拘束して、ペク(34)氏など20人を書類送検したと明らかにした。

 警察によると、現代起亜自動車の協力会社A社に勤務して退社したキム氏は、その後、自動車設計サービス業者に入社したが、昨年3〜9月に他の設計社B社に派遣勤務した。当時、現代起亜自動車グループの元役員が設立した韓国企業であるB社は、中国内5位である自動車メーカーの新車開発事業を受注して進めていた。キム氏は、この期間、中国の新車開発設計部門を担当していたが、過去、自分が働いていた職場の同僚9人からのメールやメッセンジャーなどで部品の設計図など現代起亜自動車の営業秘密130件余りを入手、業務に使用した疑いを受けている。キム氏に提供された設計図は、協力会社が車両部品などの生産下請けを受注して現代起亜自動車から提供された、または設計サービス業者が現代起亜車の依頼で作成した車両部品の図面だったことが判明した。下請け業者は、受注した事業が完了すれば、元請から提供された設計図を廃棄しなければならないが、これを持っていて、キム氏に渡した人もいたという事である。

 現代起亜自動車グループは、協力会社のセキュリティ監査の過程で、A社の従業員がキム氏に営業秘密を渡した痕跡を確認し、警察に捜査を依頼した。警察は、設計図の流出に中国企業が関与したか、対価の金銭が有ったのかなども念頭に置いて捜査を進めたが、関連する証拠を見つけ出す事は出来なかった。キム氏に図面を提供した人物は「単に知人関係だったのでした事」と述べていると伝えられている。

 設計図の流出に加担した会社は、他にも有った。B社の設計サービスを請け負うC社の代表クァク某(53歳、拘束中)氏は、昨年2〜10月、自分が持っていた現代起亜自動車の設計図などの営業秘密70件余りをB社の内部ネットワークに掲載し、中国の新車開発担当者と共有するなど、違法に使用した疑惑を受けている。B社は、流出した設計図を用いて新車開発を終え、その結果を中国企業に渡している。

 現代起亜自動車は、設計図が(中国で)生産に使用されたと仮定すると、流出が発生した2014年を基点に3年間の営業上の被害額は、700億ウォン台に達すると推算した。

 警察関係者は「自動車の設計技術など重要な営業秘密が国外に流出し、民間企業の被害だけでなく、国家レベルの損失が予想される」とし「このような営業秘密の流出行為があると見て、情報の収集と取り締まりを今後も継続する」と述べた。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0002128130


posted by クライバー at 22:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国】ソ教授、日本の「三菱強制徴用」を世界に知らせる

抜粋:ソ教授、日本の「三菱強制徴用」を世界に知らせる

 ソ・ギョンドク教授が、日本の大企業三菱の韓国人強制徴用を全世界に知らせる。「軍艦島(端島炭鉱)の真実」動画を多言語で製作配布された韓国広報専門家のソ・ギョンドク誠信(ソンシン)女子大教授チームが、今回は日本の大手企業である三菱の強制徴用を知らせる活動に乗り出す。

 17日、ソ・ギョンドク教授は日本の三菱マテリアルが最近、第二次世界大戦当時、強制労働に徴用されたアメリカ軍捕虜たちに公式謝罪を行った反面、韓国人の強制徴用を冷遇している行動と関連して、世界に知らせる活動を開始すると発表した。三菱は、去る14日AP通信を通じて、アメリカ軍捕虜に謝罪の意を表明したが、この会社の前身である三菱鉱業が韓国人たちに強制労働をさせた事については、これまで謝罪をしていない。

 ソ・ギョンドク教授は「アメリカ軍捕虜にのみ公式謝罪をして、韓国人強制労働に対して謝罪をしないということは、有り得ないことである。このような状況自体を映像として製作して、それを全世界に配布する」と述べた。彼は「三菱鉱業は、今回のユネスコ世界遺産に登録された朝鮮人強制労働がなされた軍艦島を経営していた所である。動画では、日本政府と大企業が同時に「強制労働」を認めていない点を更に強調して広報する計画である」と付け加えた。

 先月、ソ教授は、動画製作のために軍艦島を訪問する前に、三菱所有の海底炭鉱があった高島(長崎市)に立ち寄っている。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【関連記事】「軍艦島の真実」動画、日本の閣僚・議員に発送(7/13)
http://gaishin.seesaa.net/article/422273820.html
【記事】
http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20150717_0013798282&cID=10101&pID=10100
posted by クライバー at 11:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国】日本の自民党「戦後70年談話慰安婦提言ない事が判明」〜日本の立場を反映

抜粋:日本の自民党「戦後70年談話慰安婦提言ない事が判明」〜日本の立場を反映

 安倍晋三首相が夏に発表する戦後70年談話に反映させるために策定した自民党の提言案が16日、判明した。旧日本軍慰安婦問題をめぐり、政府に対して、国際社会で日本の立場を発信するために努力する様に促したほか、今後アジアで中心的な役割を果たしていかなければならないと強調している内容が骨子である。17日の会合で提示し、党内手続きを経て、今月中に首相に渡される方針だ。

 提言案をまとめたのは「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」(委員長:中曽根弘文元外相)。慰安婦を「性奴隷」と表現するのは「日本の名誉を毀損する」と指摘した後、「国際社会で客観的な事実関係に基づいた理解を得ることは重要である」と説明した。

 世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」にも言及した。戦時中に一部施設で実施された朝鮮半島出身者の徴用は「強制労働」に該当しないという日本の主張を世界に発信する様に要求した。

 一方、日本が目指す将来像も提示した。過去の戦争の痛切な反省の上に平和国家として歩いてきたとし、今後もアジアの平和と発展に最善を尽くさなければならないと提唱した。慰安婦問題を考慮して「二度と女性の人権が侵害されない世界作りに貢献する必要がある」とした。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://www.47news.jp/korean/politics_national/2015/07/118753.html
posted by クライバー at 10:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。