Powered By 画RSS   【RSS】

2015年08月31日

【韓国】自動車&携帯電話「もはや中国は、チャンスの土地ではない」

抜粋:自動車&携帯電話「もはや中国は、チャンスの土地ではない」

 昨年、中国人民日報が中国人を対象に調査した「韓国の名品」にサムスン電子の「ギャラクシースマートフォン」が選ばれた。しかし、サムスン電子のスマートフォンを買う中国人はますます減ってきている。手頃な価格を前面に出したシャオミ・ファーウェイなど自国企業のスマートフォンがより人気なのである。

 自動車も同じだ。質が良くない中国の自動車メーカーに押されるわけがないと考えたが、長城汽車、BYDなど地元企業の成長は驚くべきものだった。低価格攻勢に加え、性能まで改善されて状況が変わってしまった。

 中国の景気減速の兆しは、中国の消費者の「中国車愛」をより強化させた。更に大きな問題は、中国地元メーカーの攻勢が中国市場でのみ終わらないという点である。中国は、景気の鈍化、消費低迷など、中国経済が困難になると自国企業の輸出拡大のために「人民元の切り下げ」カードまで取り出したのだ。

 実際、サムスン電子は首位から5位まで墜落した。「シャオミ」に押されて、サムスン電子は昨年第1四半期までは、中国のスマートフォン市場で1位を走ったが、1年間で5位まで後退した。市場調査機関IHSテクノロジーによると、サムスン電子の今年第2四半期の中国のスマートフォン市場のシェアは9%で、前期の10%から1%ポイント下落した。これにより、市場シェア順位も4位から5位へと後退した。

 現代・起亜自動車も苦戦している。「市場の縮小と競争の激化」である。現代・起亜自動車をはじめとする韓国自動車メーカーは、中国市場の成長の鈍化と地元企業の善戦という二重苦を経験している。円安を前面に出した日本メーカーと低価格SUVを前面に出した中国メーカーとの間で「サンドイッチ」になった形だ。

 業界のある関係者は「中国市場の成長によって、韓国の自動車産業の規模は一段階引き上がったと言える」としながら「現地市場の低迷と競争の激化が続いており、深刻な危機が近づく事も有り得る」と述べた。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://www.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?SCD=JC21&DCD=A00302&newsid=01269366609472896
posted by クライバー at 15:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国】現代車労組スト手順〜争議発生決議予定

抜粋:現代車労組スト手順〜争議発生決議予定

 今年の賃金と団体協約交渉決裂を宣言した現代自動車労組が代議員大会を開いてストライキ(争議)発生を決議する。

 31日、現代自動車労組は、来月1日までの二日間、蔚山北区蔚山(ウルサン)工場文化会館で、全国の代議員500人が参加する臨時代議員大会を開催すると明らかにした。労組はこの席で、賃金団体協議の難航を理由に、争議発生を決議する予定である。

 翌日、争議発生決議案を処理した後、直ちに中央労働委員会に労働争議調整の申請をする予定である。中労委が調整期間10日以内に労使の見解の差が大きいという理由で調整の中止決定を下せば、合法ストライキが可能となる。労組が調整期間中に全組合員4万7000人を対象にストライキの賛否投票を実施する可能性もある。

 先月27日、労使は蔚山工場の本館アバンテルームでユン・ガプハン社長とイ・ギョンフン労組委員長などが出席し、賃金団体協議第22回交渉を開いたが、妥結点を見つけられなかった。この席で労組は「一括提示案を示せ」と会社に要求したが、提示案が無かったため、(交渉の)決裂を宣言した。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://biz.heraldcorp.com/view.php?ud=20150831000655
posted by クライバー at 12:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【MERS】日本の観光客誘致のために友好交流団を東京に派遣

抜粋:【MERS】日本の観光客誘致のために友好交流団を東京に派遣

 韓国の文化体育観光部は、MERS(中東呼吸器症候群)の影響で足が遠のいた日本人観光客を誘致するために、9月1日から2日まで、地方自治団体・観光関連機関・旅行業界関係者など150人余りで構成された友好交流団を東京に派遣する。

 キム第2次官を代表とする官民合同の友好交流団は、日韓友好交流のイベント、観光のビジネス相談、観光交流拡大のための政府間の実務者協議会などのイベントを開催する予定である。まず、両国の観光局長級が参加する実務協議会では、今年12月に韓国で開かれる「第30回日韓観光振興協議会」と「日韓観光交流の拡大シンポジウム」に、日本政府の積極的な支援を要請することにした。特に、日本からの訪韓市場活性化のために、9月末に日本で開かれる「ツーリズムエキスポジャパン」に過去最大規模で参加することにした。

 キム第2次官は「今回のイベントが日韓両国の実質的協力を強化する契機になって、日韓観光交流を拡大する出発点になることが出来るだろう」と期待した 。

【記事】
http://vip.mk.co.kr/news/view/21/21/2407004.html
posted by クライバー at 11:08| Comment(5) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【中国】中国パレード「晴天とテロ対策」〜外信に日帝の蛮行を知らせる

抜粋:中国パレード「晴天とテロ対策」〜外信に日帝の蛮行を知らせる

 中国政府が抗日戦争勝利70周年記念軍事パレードを三日前に控え、晴天を演出するために、北京一帯で工場の稼働と建設工事を中止させ、パレード当日には、セキュリティ上の理由から、携帯電話の利用と無線インターネット、航空機の運航を中止するなど、強力な統制に乗り出した。また、閲兵式の「粗探し」に出た日本政府に対応するために、日本の蛮行を宣伝して東シナ海で軍事訓練をするなど、日本に対して刃を研いでいる。イ・テヒョン記者のレポートです。

【レポート】
 中国当局は、パレード当日の晴天を演出するために、約2000の工場の稼動を停止させ、工事を中断させた建設現場も9000ヶ所に達します。

 北京環境保護庁所長「状況が悪くなれば、重金属汚染警報予報措置に基づいて、製造会社の生産中止を増加させ、建設現場の工事も中断させます」3日後に迫った閲兵式当日には、電波を利用した爆弾テロを防止するため、携帯電話の電波と無線インターネット、航空機の運航さえ中断されます。パレード近くの車両規制はもちろん、商店街も営業を中止する必要があります。「事実上の戒厳措置」に相違ないとの批判が出てくるのもこのためです。

 その間、中国は日中戦争の開始となった遺跡に外信記者を招待し、日帝の蛮行を知らせるために集中しています。日本人ジャーナリスト「多くの日本人たちも盧溝橋に来て観光しながら、当時を感じてもらえたらいいですね」

【記事】
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2015/08/31/2015083100390.html
posted by クライバー at 08:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国】現代起亜車などの年俸〜トヨタ&VWより高い

抜粋:現代起亜車などの年俸〜トヨタ&VWより高い

 最近、雇用労働部長官が現代起亜車の高賃金に言及して話題だ。

 彼は、政府が推進する労働改革と関連して「最も重要なのは、自動車業界である」とし「現代起亜車、両社の賃金の平均が9400万〜9700万ウォンで、1人当たりの国民総所得(GNI)と比較すると、現代起亜車は3.3倍、トヨタは1.7倍」と指摘した。このように、世界最高水準の高賃金と生産性の低さのため、国内の自動車産業の競争力が落ちるという懸念が後を絶たない。

 韓国自動車産業協会によると、この賃金水準は、ドイツのフォルクスワーゲン(6万4783ユーロ・約9062万ウォン)より僅かに多い数値だと言う。また、事業報告書を根拠に推定したトヨタの838万円(8351万ウォン)よりも多いのだ。売上高に対する賃金の割合も、韓国5社の平均は昨年基準で12.4%で、フォルクスワーゲン(10.6%)やトヨタ(7.8%・2012年基準)よりも高い。

 以上を総合すると、外国企業よりも付加価値が低い製品を生産しながら、賃金は同等以上ということになる。

 産業研究院研究委員は「(韓国の)蔚山工場は、1970年代に作られたが、一方の海外工場は、2000年代以降に作られたため、生産性がより高いという言葉は正しい」としながら「このようなことを考慮しても、韓国工場と海外工場の違いはあまりにも明らかであり、韓国工場の生産性は低いとすることができる」と述べた。

【記事】
http://www.mediapen.com/news/articleView.html?idxno=90336
posted by クライバー at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。