Powered By 画RSS   【RSS】

2016年04月20日

抜粋:1905年以降、日本地図に独島がなかった

 「これでも独島が日本の領土?」日本が韓国外交権を剥奪するために強制的に締結した1905年乙巳条約以降、日本で作成された島根県の管轄区域の地図に独島が入っていないことが分かった。日本が独島領有権主張の根拠として先に出した1905年のいわゆる「島根県告示」は、日本の中でも実効性がない対外宣伝用に過ぎなかったという指摘が出ている。
 財団法人独島財団は、1905年以降、日本で製作した島根県の地図4点を入手して、18日に公開した。これは、1908年に日本文部省が発行した中国地方、1925年大阪毎日新聞の日本交通地図、1938年わらじ出版社の島根県地図、1951年に日本地図株式会社が発行した島根県の地図だが、これらのマップには、島根県から北に約50q離れた隠岐の島は、詳細に表記したが、独島はない。
 これまで日本は、無主先占論を掲げ、1905年2月22日島根県告示40号を使用して、国際法的に独島を島根県に編入したと主張した。
 しかし、今回発見された地図を使用して、日本が1905年島根県告示後も島根県の地図に表記していないという事実が明らかになった。
 すなわち、日本が独島を韓国の領土として認識したという証拠として見ることができるわけである。

【記事】
http://www.koreatimes.com/article/20160418/982684






posted by クライバー at 08:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。