Powered By 画RSS   【RSS】

2016年04月27日

抜粋:「清浄江原アスパラガス」日本初の船舶輸出

 清浄江原のアスパラガスが初めて船で日本に輸出された。 27日、江原道農業技術院(院長バクフンギュ)によると、江原道アスパラガスの生産者連合会は、スンウン貿易を通じて去る19日アスパラガス1.7tを日本で船舶輸出した。 


 主生産地であるヤンググンルルを中心に26日(6t)、30日(4t)など5月まで計7回にわたり20t、12万ドルのアスパラガスが輸出される見通しである。 農業技術院は2013年年度からアスパラガスの輸出有望作目として選定し、3回の試験輸出などの輸出事業化モデルを開発してきた。 今回の船舶輸出は船舶輸出専用の梱包材を開発し、昨年の試験輸出(2.7t)に成功した後に、これを生産現場に適用し、可能であった。 

 農業技術院は、研究成果をもとに、アスパラガス輸出のための生産者連合会を設立して輸出量の確保に乗り出し、輸出に適した規格を設定し、品質規格化に乗り出した。 既存の空の道を利用した輸出とは異なり、今回の輸出は、船舶を利用流通コストを削減し、より多くの量を輸出することができ、今後の日本進出が活発になる見込みである。


【記事】

http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20160427_0014049611&cID=10805&pID=10800



1日1回のぽちが、私を救う。

images.png



posted by クライバー at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抜粋:朴大統領「少女像動かない」...「慰安婦合意」重ねて理解求め

 「フォローアップの先送りは良くない」...財団設立へ。


 パク・クネ大統領は26日、大統領府で開かれた報道機関の編集・報道局長の懇談会で、日韓間の日本軍慰安婦問題の合意への理解を求め、被害者支援のための基金設立など後続措置の速やかな移行を決意した。


特に、在韓日本大使館前の慰安婦少女像の議論と関連して「扇動をしてはならない」としながら慰安婦の合意と少女像撤去の問題が連携されていなかったという点を強調した。


 先月31日(現地時間)、米国ワシントンで開かれた核安全保障サミットきっかけに安倍晋三日本首相との会談内容を紹介した。

 朴大統領は先月31日、安倍首相との会談を取り上げ、「そう難しく成し遂げた合意についての精神、趣旨に反するしないようにしていくながら財団設立などのフォローアップを誠実に履行していき、また、将来の世代にも、このようなことを教えなければならない話をして、そのような内容を確認した」と紹介した。


 朴大統領のこのような言及に基づいて将来の世代のために慰安婦問題の教育と関連して、日韓両方で合意履行の意味のあるアプローチが出てくることが期待できるか注目される。


 朴大統領は、慰安婦の合意をめぐる議論の中で重要な事項である少女像の問題についても、「少女像の問題と連携していると本当に合意で全く言及もない問題」とし「そのようなことを持って扇動をするべきでない」と指摘した。


 朴大統領は「日本も努力してすぐにでもフォローアップが行われるようにして、その過程で被害者の方々、関連団体と引き続き連絡しながら迅速にしようとしている」とし「先送りは、良いことではないと考えている。今も多く遅れている」と言った。



【記事】

http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2016/04/26/0200000000AKR20160426175700014.HTML


t02200221_0493049613488295472.jpg

posted by クライバー at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本初の婚活サイトは、ブライダルネット

 日本初の婚活サイトは、ブライダルネットです。
いまや1100とも言われる婚活サイトで、
最初に誕生しました。

証拠もあります。
日経産業新聞の記事(1996年)BN_1991-1.jpg


新聞記事.jpg
posted by クライバー at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抜粋:韓国アジアナンバーワン日本制圧...突き放しトップステージに挑戦?

フェイスブックTwitterの共有スクラッププリントが大きく小さく

26日の日本戦で2点目を入れたキム・サンウク(右) - ギムギソン(右第二)の兄弟に入っている。

アイスホッケー協会提供26日の日本戦で2点目を入れたキム・サンウク(右) - ギムギソン(右第二)の兄弟が好きなのだ。アイスホッケー協会提供

1930年以来、アジアアイスホッケーのナンバーワンであえる日本を韓国が超えた」と関係者は語っている。


 27日(韓国時間)、国際アイスホッケー連盟(IIHF)は前日、韓国の対日本戦勝利(3-0)をこのように表現した。日本は1930年、国際アイスホッケー連盟世界大会に参加した以来、アジアの看板国であった。韓国は1982年に世界の舞台で、日本と初めて会って0-25で大敗して以来、119敗の絶対的な劣勢を記録した。

 しかし、北米アイスホッケーリーグ(NHL)で二度も優勝を占めたことがある白紙宣監督の指導の下、この日34年ぶりに日本を初めて破った。国際アイスホッケー連盟のホームページも2018平昌五輪に出場する韓国チームの日進月歩な成績を「アジアの新しいナンバーワン」と祝ってくれた。3試合で1勝もできなかった日本は、ポーランドとイタリアとの最後の戦いで生き残りをかけ戦いをしなければならない立場だ。



http://www.hani.co.kr/arti/sports/sports_general/741477.html?_fr=mt3


【記事】

posted by クライバー at 13:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。