Powered By 画RSS   【RSS】

2016年06月30日

抜粋:火のついた電気自動車戦争、韓国はまだ足踏み

 最近フォルクスワーゲン排出ガス操作事件が水面上に浮上し、自然に自動車の燃費操作の問題が浮上した。加えてディーゼル車が微細粉塵の主犯として数えながらも、環境にやさしい自動車が注目されている。その中の電気自動車は、電気エネルギーを利用してモーターを稼動させる車自体は完全無公害​​車で耳目を集中させている。

 しかし、これまでの競争力の理由で愛されていない電気自動車をグローバル企業が運行距離を二倍ほど増やした実用的な電気自動車市販の目の前に置いており、全世界的に、電気自動車の戦争が予想されている。


【電気自動車後進国、韓国】

  

韓国は電気自動車市場後進国に挙げられる。技術力はもちろん、充電インフラが絶対的に不足しているからである。ここに絶対に必要な国内電気自動車政策もむしろ後進しているという批判を受けている。これまで無料だった急速充電スタンドの使用料金が今年4月から有料化したためである。たとえガソリン車と比較して45%レベルであっても、充電インフラも不足している状況で、政府の政策は、電気自動車市場に冷水を浴びせる格という批判が提起されている。これは、微細粉塵対策としてディーゼル車を挙げながらも電気自動車のインフラを設けていない政府の皮肉な政策というものである。

  

 不足している充電インフラと技術力にもかかわらず、私たちの会社は、電気自動車の開発に熱を上げている。現代自動車は、1回の充電で320qを走る電気自動車SUVのを2018年公開を目標に開発中である。また、2020年までに26種のエコカーラインナップを備えという計画も明らかにした。加えて、629日には、ジェネシスのブランドを活用した高性能電気自動車を発売するという計画も披露した。これは、電気自動車の主性能に選ばれる1回の充電時の走行距離を確保して、高級化戦略を前面に出して電気自動車市場に対応するという方針だ。



【記事】

http://hyundaenews.com/sub_read.html?uid=22765&section=sc2&section2=

posted by クライバー at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抜粋:現代重工業、まだ積極的な買収のアプローチは、困難を示している

 29日、油安打証券イ・ジェウォン研究員は、現代重工業(009540)について'16 .2Qリストラ費用による利益の減少予想」としながら投資の意見」HOLD(保持)」と一緒に目標株価120,000ウォンを提示した。

 これには、研究者は、「2Q実績は、売上高98,807億ウォン、営業利益626億ウォン、OPM 0.6%と推定される。四半期の平均為替レートが1200ウォン(16.1Q)→1163ウォン(16.2QE)で前期比の大きな変化がない中で、精製マージン下落による精油部門の利益減少、希望退職費用発生(連結ベース約2,000億円と推定)で前期比営業利益が減少する見込みだ」と明らかにした。 

一方、この研究は、同社の受注に関しては、「LNG船は、その有価で、世界中のLNG生産設備プロジェクトが遅延されており、船舶の需要も急減している。その上、コンテナ船は2017年になると反発が可能と思いや、LNG船の受注不振は長期化する見通しだ。海洋/ プラントは、いつ頃、受注が回復されるか計るのさえする難しく見える」と明らかにした。

 最後に、この研究は、同社の投資の観点では、「同社は別枠でも連結ベースでも流動性の問題が発生する可能性が非常に低く、、PBR0.5倍に過ぎないvaluationの魅力など肯定的な側面があるが、コンテナ線、LNG船、海洋などの主力船種の受注モメンタムの回復が要因である面ではまだ積極的な買収のアプローチは、難しそうだ」と説明した。


【記事】

http://daily.hankooki.com/lpage/economy/201606/dh20160629102018138110.htm



433961-thumb.jpg

posted by クライバー at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

抜粋:2016韓日漁業交渉決裂・・・日本水域操業停止

 今年下半期と来年上半期漁獲割り当てなどを決定する韓日漁業交渉が決裂した。海洋水産部は22日から24日まで日本で開かれた2016年の日韓漁業交渉第2回小委員会が合意に至らず閉会したと明らかにした。これにより、現在の日本の排他的経済水域で操業する韓国漁船は30日までにすべての韓国水域に移動しなければならないと海洋水産部は説明した。

 今回の交渉で韓国側は韓国漁船に割り当てられたタチウオクォータを現在の2,150トンから5,000トンに増やすことを要求する一方で、これらの要求が受け入れられない場合、韓国水域で操業する日本漁船のサバクォータが縮小されなければならないという立場を明らかにした。これに対して、日本側は釣りでタチウオをとる韓国連勝漁船の日本水域着脊髄現在の206隻から73隻に大幅に減らすという立場を明らかにし、韓国側はこれに対して、昨年の交渉で韓国連勝漁船を2019年までに40隻にすることで、すでに合意したという点を挙げて日本側の立場を撤回することを要求しました。

 意見の対立が続くと、韓国側は、両国間の交渉が妥結されるまで、昨年合意された条件で暫定操業をしようと主張したが、日本側は、これらの提案も拒否しました。これにより、日本の排他的経済水域で操業する韓国漁船は30日まで韓国水域に移動する必要があり、これに違反した場合、無許可操業となり、日本取締船に拿捕されると海洋水産部は説明しました。

 日本の強硬な立場は、最近黒潮暖流などの影響で漁場が主に日本水域で形成されているからと解釈されます。 20151月に合意された漁業交渉で双方は、相手国の水域に860隻の漁船が1年半の間、6万トンまで漁獲する案に合意したが、韓国漁船は日本水域で37千トンを漁獲したのに対し、日本漁船は韓国水域で39百トンをキャッチするために中止した。日本側はまた、操業の規定に違反して拿捕された韓国漁船が昨年9隻に及ぶ事実なども問題にした。

 海洋水産部は、私たちの漁船が日本取締船に拿捕されないように、緊急対策班を運用して操業動向などを点検する一方、早めに次回会合を開催し、操業再開を議論すると明らかにした。


【記事】

http://world.kbs.co.kr/korean/news/news_Ec_detail.htm?No=264696




posted by クライバー at 15:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

抜粋:造船業の構造調整に巨済・蔚山、地価下落率1位・2位

 造船業の構造調整が本格的に行われ、造船業が地域の主力産業である蔚山と巨済島の地価が落ちたことが分かった。

 26日、国土交通省と韓国鑑定院によると、先月地の変動率下位5つの地域に慶南巨済市と蔚山東区がそれぞれ1位と2位の名前を上げた。

先月全体の市・郡・区のうち、地価が下落したのは、巨済市と東欧を除いてゲーム富川梧亭区だけだった。

  今年初めまで巨済市と蔚山東区の地価は横ばいを維持した。

そうするうちに巨済市は去​​3月、東区は今年4月地価変動率が前月比マイナスに転じた。

 3月初めには、大宇造船海洋など造船「ビッグ3」が昨年85千億ウォンの史上最大規模の赤字を出したというニュースが伝えられ同月末には、韓国企業が独占していた受注残高基準で世界3大造船会社でサムスン重工業が脱落したというニュースが有った。

 去る4月には、ユイルホ副首相兼企画財政部長官が「供給過剰・脆弱業種の構造調整をより先送りすることができない」と明らかにし、政府が造船業の構造調整資金調達方案などを発表し、造船業の構造調整が本格的に開始する。

 今後巨済市と蔚山東区地価については、鑑定院の関係者は、「巨済市は観光産業が一部ありますが、造船業が地域経済の大部分を占め、そのうち地の変動率がプラスに反発するのは難しい」と述べた。

 続いて「蔚山東区は、造船業のほか、自動車産業があり、巨済市より造船業の構造調整に伴う地価の下落が制限することができる」と説明した。


【記事】

http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2016/06/24/0200000000AKR20160624153600003.HTML



AKR20160624153600003_01_i.jpg

posted by クライバー at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

抜粋:造船市場、再奪還に出た日本

 「円安」によって受注量を増やした「日本のシェア30%回復の目標" "設計・運営等IoT活用...生産性・効率性の向上」に出て、韓国が独占している海洋プラント分野にも進出「韓国の造船業支援は、市場の歪みを正することができる」攻勢

 日本が韓国と中国に奪われた造船産業の主導権を取り戻すために出た。しばらくの間、10%のレベルにとどまっていた市場シェアを30%台に引き上げるという目標を設定した。

 韓国造船産業が遅々として進まない構造調整のために停滞している間に、日本が反撃に出たという分析が出ている。23日の造船業界と日本など外信によると、日本の国土交通省内の諮問機関である海事イノベーション委員会は、最近、日本の造船市場シェアを2025年までに30%に高める計画を立てた。

 生産性を向上させ、モノのインターネット(IoT)を活用して設計・製造・運用分野の効率を高めるという詳細な計画も用意した。韓国造船会社が独占している海洋プラント市場に参入するという計画も作成した。日本は、2003年の受注量基準世界1位の座を韓国に渡してくれた、翌年の2004年からの市場占有率30%を達成したことは、なかった。以後しばらくの間、日本の市場シェアは10%台にとどまった。

 雰囲気は、2014年から変わり始めた。円安を背に負って受注量を着実に増やし始めた。続く自国発注も日本造船会社に力を加えた。昨年の市場シェアが27.5%まで上昇した。1位中国(30.3%)と2位韓国(30.1%)とほぼ同じ水準であった。

 昨年、現代重工業、サムスン重工業、大宇造船海洋など韓国「ビッグ3」の造船会社が並んで兆単位の赤字を記録するなど、経営危機に陥った隙に乗じで、いくつかの物量を獲得したという分析だ。

 造船業界の関係者は、「日本は中国とは異なり、技術力を保有しており、造船市場の状況が裏付けされると、シェアをいくらでも増やすことができる」とし「韓国の造船業界が構造調整のために萎縮した間反撃に出た」と述べた。

 日本造船業界は、大宇造船の債権団の支援も問題視し始めた。村山茂日本朝鮮工業会会長は、21日の記者会見で、「中国は、生産性が低い造船会社退出を促進するなど、市場原理に基づく形で行っている」とし「一方、韓国では、複数の支援策が出てきているが、これは公正な競争条件を歪むことになる」と指摘した。彼は「韓国は造船所の規模が大きく、雇用問題がかかっているので、国家的支援を考えることができるが、市場原理を歪曲しようとする場合に問題がある」とし「今年末経済協力開発機構(OECD)朝鮮専門委員会(WP6)でこの問題を議論する」と述べた。


【記事】

http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2016062376771

posted by クライバー at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。