Powered By 画RSS   【RSS】

2015年01月06日

【韓国】終わりの見えない円安トンネル〜精油と自動車の輸出に「警報」

抜粋:終わりの見えない円安トンネル〜精油と自動車の輸出に「警報」

 韓国と日本の100大輸出品目は、55品目が重複している。円安で日本との競争が激しくなると、韓国の主要輸出量は減少するしかない構造だ。

 産業研究院は、昨年末に発表した「2015年の経済産業の展望」報告書で、円安が継続する場合は、特に日韓間の競争が激しい精油と自動車業界が輸出に大きな困難を経験すると展望した。ガソリン、軽油、ジェット燃料などの高付加価値部門で日韓精油会社間の競争が激しいうえ、自動車分野も北米市場で価格競争を繰り広げているからである。日本企業がグローバル市場で円安を活用して値下げ攻勢を展開すると、精油、自動車だけでなく、部品、機械、造船など全方位的に波及効果を及ぼすことが予想され、韓国の主力産業全般に危機感が増幅している。2日、ク・ポンムLGグループ会長は新年の挨拶で「 ​​為替レートと原油価格の不安定な動きは、輸出の割合が高い私たちに重要な課題」と述べたのも、このような背景だからだ。

 大手の輸出企業は、海外生産割合の拡大などで対策を立てていけるでしょうが、中小企業は「円安津波」の直撃弾を迎えるしかない状況である。ある中小企業の関係者は「中小企業は100円=1110ウォン以上になれば、輸出の採算性を合わせることができますが、今年、ウォン円相場がもし800ウォン台まで低下すると、どうすべきか困る」と吐露した。

 円安の影響で日韓企業間の生産方式にも変化が現れている。韓国企業が相次いで海外に生産拠点を作るのに比べて、日本企業は自国に戻し始めたのだ。5日の読売新聞によると、パナソニックはまず、中国で作っている縦型の洗濯機を静岡県袋井市の工場で生産する計画である。日本の製造業は、これまで円高と人件費の削減などのために、生産拠点を海外に移転してきたが、2013年に円の価値がドル= 100円台に落ちたので、一部の企業がUターンの動きを見せているのである。

【記事】
http://news.donga.com/Main/3/all/20150105/68925970/1


posted by クライバー at 15:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
原油価格の高低の影響は輸入国であればどの国も同じ、日本企業が中共から他の国にに生産拠点を移しているのは、今後のリスクを考えての措置だ 中共に経済支配された鮮人はそうもいかんだろうけどね もっとも何でも他人に責任転嫁する種族には理解できないことかも知れないけどね  
Posted by ななし at 2015年01月06日 16:19
円安(でもないけどな)は長期的には宜しくないのだが、
ここは競合国の産業を滅ぼして、残存者利益を獲りに行くべきだろう。
Posted by 七誌 at 2015年03月26日 19:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。