Powered By 画RSS   【RSS】

2015年01月25日

【韓国】「無人車のセンサー」〜90%が輸入依存

抜粋:「無人車のセンサー」〜90%が輸入依存

 スマートカーの中核であり、モノのインターネット(Internet Of Things)の鍵である「センサー」技術力で、韓国企業が脆弱だという声が出ている。センサーの役割が大きくなっているが、自動車用センサーの90%以上が輸入であり、韓国のセンサー産業の現在が劣悪なのは事実である。近づくスマートカー時代を先取りするためにも、技術力の向上と国産化が必要だという指摘だ。

 25日、自動車部品研究院によると、国内のセンサー技術力は、アメリカの63%水準に過ぎないという。ドイツ、アメリカ、日本など先導国だけでなく、最近では、中国にまで押されているという話まで出ている。センサーというのは、熱、光、音などの情報を感知、取得して一定の信号で知らせる部品である。

 国内の自動車市場のセンサー技術力は、かなり脆弱である。ほとんどの部品を輸入して組み立てるレベルにとどまっている。カメラ、超音波センサー、レーダーなどのスマートカーの分野になると、状況はさらに深刻だ。韓国は、センサーを活用した技術やシステムでは相当なレベルだが、いざ核心部品であるセンサーの技術力は、ほぼ不在との指摘を受けている。

 現代モービスの関係者は「韓国が他の先進国に比べて、センサー技術力が落ちるのは事実」とし「センサー市場では、比較的遅く参入したし、それが原因で遅れた部分も有る」と述べた。

【記事】
http://www.viva100.com/main/view.php?key=20150125010003038


posted by クライバー at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS