Powered By 画RSS   【RSS】

2015年01月26日

【アジアカップ】韓国vsイラク戦、日本の審判が割り当て〜過去の縁は?

抜粋:韓国vsイラク戦、日本の審判が割り当て〜過去の縁は?

 韓国とイラクの「2015 AFCアジアカップベスト4の試合」の主審に佐藤隆治(38歳・日本)が担当することになった。2010年から国際サッカー連盟(FIFA)審判として活動している佐藤隆治は、先立ってA組第2戦オマーンとオーストラリアの試合、C組第3戦イランとアラブ首長国連邦の試合で主審を担当している。

 韓国の試合で主審をするのは、今大会では初めてです。ただ、韓国は過去佐藤隆治が主審を務めた国際大会の2試合では、すべて勝利している。2010年7月、日本で開催されたEAFF東アジアカップ第1戦、香港との試合では5対0と大勝を収め、2011年3月のホームでのホンジュラスとの親善試合でも4対0で大勝している。双方の試合とも韓国チームが受けた警告カードは1枚で、判定も厳しくない印象だった。

 また、佐藤隆治審判は「2012年AFCチャンピオンズリーグ」準々決勝第1戦、蔚山現代とアル・ヒラルの試合でも主審を務めた。当時、試合は韓国の蔚山がアル・ヒラルに1対0で勝っている。

 結局のところ、佐藤隆治が主審の試合では、韓国代表チームとプロチームは、3戦全勝を収めたわけだ。

【記事】
http://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2015012617264713589&MSP


posted by クライバー at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS