Powered By 画RSS   【RSS】

2015年01月28日

【写真】日本国内の嫌韓感情、韓国化粧品輸出の脅威

抜粋:日本国内の嫌韓感情、韓国化粧品輸出の脅威

 最近、日本に輸出する韓国ラーメンメーカーの売上高が低下している原因として、日本国内の嫌韓感情が提起されている中、韓国の化粧品ブランドの日本での状況についても、懸念する声が出ている。ラーメン業界では「ここ数年、日本では嫌韓の雰囲気が有り、輸出が相当な打撃を受けている状況」と明らかにした。

 安倍晋三政権になった後、日韓関係が悪化し、日本国内で嫌韓の感情が目に見えて増加している中で、韓国メーカーの対日輸出の減少など、日本での実績の低下は、このためではないかという指摘が出ているのだ。

 そして、このような懸念は、化粧品業界にも現実となっている。実際、ミーシャ・ジャパン(MISSHA JAPAN)の売上高が、ここ数年大きく減少したことは事実である。ミーシャは、2005年11月、名古屋に1号店をオープンし、日本に本格的に進出した。しかし、2012年以降、ミーシャ・ジャパンの売上高は減少傾向にある。金融監督院によると、昨年第3四半期のミーシャ・ジャパンの売上高(123億ウォン)は、前年同期(176億ウォン)に比べ30%減少している。

 このような現象は、ミーシャだけではなく、日本に進出した韓国化粧品メーカーのほとんどが経験している。昨年末には、アモーレパシフィックグループの最高ブランド「アモーレパシフィック(AP)」が円安による収益率の低下で、日本から店を撤退した。

 これに対して、ミーシャ広報のキム課長は「嫌韓感情によって、韓流が打撃を受けるのに応じて、売上高が影響を受けているのは事実だ」と述べた。続いて「これ以上「韓国の化粧品」というスタイルで、以前ほどの広報効果を期待するのは難しい」とし「今後は製品とブランドの品質自体で勝負をしていく」と明らかにした。

【記事】(デモの写真)
http://www.dailycosmetic.com/news/articleView.html?idxno=172362


posted by クライバー at 18:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴミを持って来ても、買う奴は居ないって事だ
嫌韓以前に、日本向けの商品開発やらないから、日本人が使わないんだよ
罪日韓国人だけを対象にするなら、好きにしな
Posted by あ at 2015年01月30日 22:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。