Powered By 画RSS   【RSS】

2015年02月10日

【韓国】3000万ウォン台の輸入車、新モデル急増〜現代車どうする?

抜粋:3000万ウォン台の輸入車、新モデル急増〜現代車どうする?

 3000万ウォン台(325万円:2/10換算)の価格表を付けた車が輸入車業界の大勢となっている。最近、輸入車メーカーは、相次いで3000万ウォン台の新モデルを出した。輸入車大衆化時代を迎え、自動車価格を下げて顧客を掘り起こしているのだ。

 10日、関連業界によると、昨年末から今年初めにかけて、3000万ウォン台の輸入車が市場攻略を加速しているという。3日、FCAコリア(旧:クライスラーコリア)は、新型セダン「200」を披露した。価格は基本形(リミテッド)3180万ウォン、200C(多機能)は、3780万ウォンで、日本の中型セダンと同様の価格帯だ。先月21日にリリースされたアウディのハッチバック「A3スポーツバック」は、3650万ウォンからだ。昨年新たに出てきたり、モデル変更を経たフォルクスワーゲンジェッタ、日産キャッシュカイ(日本名:デュアリス)、ホンダCR-V、トヨタカムリなどの価格は、すべて3000万ウォン台だ。

 アウディコリアの関係者は「輸入車業界が大型車中心から小型車へ底辺が拡大され、3000万ウォン台の車が増えている」とし「韓国では、大型車選好度が高かったが、最近の若年層が輸入車業界で影響力を見せて、3000万ウォン台の小型車が脚光を浴びている」と説明した。

 実際、3000万ウォン台の車の販売量が大幅に増える傾向にある。韓国輸入車協会(KAIDA)によると、昨年8106台で最も多く売れたフォルクスワーゲンティグアン2.0 TDIブルーモーションの価格は3840万ウォンから。また、3000万ウォン台のゴルフとパサートも、それぞれ販売順位4、5位を記録した。

 キム・ピルス大林大教授は「人々は車を買うとき、最初に買った車のブランドを継続的に考える傾向がある」とし「エントリーモデルは、忠実な顧客獲得の最初のボタンである」と述べた。

【記事】
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=201502092093g


posted by クライバー at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。