Powered By 画RSS   【RSS】

2015年02月16日

【韓国】日韓通貨スワップ中断〜専門家「金融市場への影響少ない」

抜粋:日韓通貨スワップ中断〜専門家「金融市場への影響少ない」

 日韓の通貨スワップが延長せずに満了となり、金融市場に及ぼす影響に関心が集まっている。専門家たちは、韓国の外貨準備高が十分で外国為替取引が安定した水準であるため、金融市場に与える影響は大きくはないと見ている。

 16日、企画財政部と韓国銀行によると、日韓両国は同日、通貨スワップを延長せずに、当初の予定通り2月23日に満了することにした。日本と韓国は、2001年7月に20億ドル規模の通貨スワップを結んだ。2008年の世界金融危機以降、2011年に700億ドル規模に拡大したが、イミョンバク前大統領の独島訪問後、2012年には130億ドルまで減少した。パククネ政府でも、日韓の外交問題がからまりながら2013年に100億ドルまで減少したが、今回、契約が満了した。

 しかし、今までも通貨スワップは、両国の経済協力の象徴的な意味合いのみを持つ上、外貨準備高も十分で、問題にならないというのが専門家の意見である。韓国銀行によると、1月末基準で韓国の外貨準備高は、3621億9000万ドルで世界7位だ。日本の外貨準備高は、1兆2605億ドルで、中国に次いで2位である。

 LG経済研究院首席研究委員は「韓国の外貨準備高が十分なレベルである上、これまでの日韓通貨スワップも、両国の経済が協力する象徴的な意味合いしかないものなので、金融市場に及ぼす影響は大きくない」とした。 続いて「韓国ウォンも円ほどではないが、比較的安全資産として扱われており、韓国の財政レベルも安定している。金融市場が直ちに危険になるということより、日韓経済協力の効果が減るという意味で見なければならないだろう」と述べた。

【記事】
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2015021615334978940


posted by クライバー at 16:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「影響は少ないニダ」
Posted by at 2015年02月16日 16:40
外貨準備高十分

これ前の経済危機にも韓国は言ってるんだよんなぁ
Posted by at 2015年02月16日 17:03
金融より株価や日本企業の直接投資がヤバイんでないの?
見てる視点が違うのか、わざと目を反らそうとしてるのか
Posted by at 2015年02月16日 18:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。