Powered By 画RSS   【RSS】

2015年02月23日

【韓国】日本、国際司法裁判所「竹島」単独提訴保留

抜粋:日本、国際司法裁判所「竹島」単独提訴保留

 日本政府は、韓国の島根県竹島の実効支配の問題と関連し、国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴を当面保留する態勢である。日韓国交正常化50周年を迎える今年、両国間の緊張を高める印象を国際社会に与えないために配慮する必要があると判断したとみられる。23日、複数の政府筋がこれを明らかにした。

 竹島問題に対する対応の抑制を通じて、日本政府は、韓国から日韓関係回復のための前向きな姿勢を引き出そうとする方針である。しかし「将来的には、提訴の可能性を排除しない。いつでも対処できる態勢を整備しておく必要がある」(政府筋)との立場を維持し、韓国の態度を引き続き注視する態勢だ。

 菅義偉官房長官は23日の記者会見で、安倍晋三首相が昨年1月に国会で言及した単独提訴の可能性について「検討、準備を行っているところだ。状況を総合的に判断した上で、適切に対応していきたい」と慎重な姿勢を示した。島根県が要望している政府主催の「竹島の日」のイベント開催の見通しについても、「諸般の情勢を踏まえて、適切に対応するだろう」と言うにとどまった。

 単独提訴について、政府は現在の時点で実質的な作業を進めていない。竹島問題は2012年、当時の民主党政権がICJの共同提訴を韓国に提案したが拒否された経緯がある。単独で提訴しても、審理が開始されるためには、韓国側の同意が必要となり、拒否される公算が大きい。しかし「韓国は敗訴を恐れている」という印象を国内外に与えることができる利点はあると思われる。

注)記事は、共同通信コリアのものです。
【記事】
http://www.47news.jp/korean/korean_peninsula/2015/02/108515.html


posted by クライバー at 21:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国際司法裁判所への提訴について、何故韓国は拒否するのか。その理由が知りたい。
韓国は自信がないからではないですか。
自信があるのなら堂々と争えば良いではないですか。
Posted by at 2015年02月23日 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。