Powered By 画RSS   【RSS】

2015年03月06日

【韓国】現代重工業のリストラ対象「女性社員→次長部長級」が有力

抜粋:現代重工業のリストラ対象「女性社員→次長部長級」が有力

 現代重工業が課長級事務職に続き事務職女性社員を対象に希望退職を実施し、その次は次長部長級になるという見通しが有力と言われている。

 現代重工業が1月に事務職課長級1500人を対象に希望退職を実施した当時、社内で「2次および3次リストラ案」という文書が出回った。文書には、課長級事務職についで、事務職女性社員、14年目以上の次長部長級の順に人材を調整するだろうという内容が盛り込まれていた。

 当時、会社側は「出処が確認されていない怪文書」と釈明した。しかし、今月入って事務職女性社員の希望退職が実施されると、当時の文書が事実に基づいた内容であったという解釈に説得力が増している。

 現代重工業労組のある関係者は「先月と今月は、部長以上の管理職が課長と女子社員の退職を勧めますが、次は、彼ら自身がリストラの対象になるでしょう」と主張した。

 3次リストラが労組の主張通りに実行されると、次長部長級1000人余りのうち500人以上が事実上の整理解雇手順を踏むと見込まれている。

 事務職の相次ぐリストラで生産職の反発も高まっている。事務職に続いて、会社の生産職が担当している主要業務をアウトソーシングして、事実上の生産職の人員削減につながる可能性があるという理由からだ。これに伴い、現代重工業労組は、今回の女性社員の希望退職の実施に強く反発し「絶対に応じないこと」を要求している。

 去る1月、現代重工業の希望退職によって会社を出たある関係者は「管理職の次長部長クラスは、会社の退職勧告を拒否するのは難しいだろう」とし「会社側が公式的な整理解雇手順なしで人材を減らしていけば、大きな反発にぶつかるだろう」と予想した。

【記事】
http://www.etoday.co.kr/news/section/newsview.php?idxno=1085581


posted by クライバー at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。