Powered By 画RSS   【RSS】

2015年03月22日

【韓国】韓経研、今年の成長率3.7%→3.4%下方修正〜中国リスクを反映

抜粋:韓経研、今年の成長率3.7%→3.4%下方修正〜中国リスクを反映

 22日、韓国経済研究院は、今年の経済成長率見通しを従来の(2014年12月)3.7%から3.4%に0.3%ポイント引き下げたと明らかにした。韓経研は、今年の成長率見通しを下げた根拠として、世界経済の成長率下方修正(2014年末3.8%→2015年1月3.5%)と対中国の輸出リスクの拡大が予想されるという点を挙げた。特に中国の経済成長率の鈍化、韓中間の競争力格差の縮小だけでなく、既存の中間財の輸入を中国産で代替するなど、対中輸出の不安要因が大きくなっていると述べた。

 韓経研まで成長率見通しを下げる事態となり、主要機関の今年の成長率見通しは、3%台前半や半ばが目につくようになった。機関別の今年の成長率見通しは、韓国銀行(3.4%)、韓国開発研究院(KDI)(3.5%)、現代経済研究院(3.6%)、LG経済研究院(3.4%)、金融研究院(3.7%)、サムスン証券(3.0%)などであり、政府は3.8%を予想している。

 消費者物価上昇要因としては、韓経研は、タバコの値上げと為替レートの上昇、公共料金の引き上げなどが原因だと消費者物価は1.4%を予想した。

 韓経研は、効果的な内需振興策として、高所得層の消費性向の増大や海外カードの使用を国内に回すなど国内消費環境を改善しなければならないと主張した。また、消費規模が小さい所得下位20%の所得が10%増加すると、全体の消費は1.02%程度増加するが、所得上位20%の平均消費性向を5%ポイント上げただけでも、全体の消費が2.63%増加すると説明した。

【記事】
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2015032210593826561


posted by クライバー at 13:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
貧乏人は所得を上げても消費しないけど、金持ちは消費すると。
つまり、格差をもっと広げるってことか? そらジニ係数が上がるわな。
Posted by 通りすがりの日本人 at 2015年03月22日 17:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。