Powered By 画RSS   【RSS】

2015年03月24日

【韓国】韓国の葛藤(争い)管理能力、OECD加盟国34カ国のうち27位

抜粋:韓国の葛藤(争い)管理能力、OECD加盟国34カ国のうち27位

 韓国の社会的葛藤(争い)を管理する能力が、経済協力開発機構(OECD)国のうち下位レベルであることが分かった。

 24日、韓国保健社会研究院の保健福祉フォーラムの最新号(3月号)で発表された「社会葛藤指数国際比較と経済成長に及ぼす影響」報告書によると、2011年を基準に韓国の「社会葛藤管理指数」は、OECD 34カ国のうち27位を占めた。社会葛藤管理指数は、政府の行政や制度が葛藤を効果的に管理するかを示す指数である。研究チームは、政府の有効性、規制の質、腐敗の制御などに対するOECD加盟国のパネルデータを活用して分析を行った。

 分析の結果、社会葛藤管理指数が高い国は、デンマーク(0.923)、スウェーデン(0.866)、フィンランド(0.859)、オランダ(0.846)など北欧諸国であった。韓国は0.380でチェコ(0.429)、スロベニア(0.408)、ポルトガル(0.406)とほぼ同じ水準であり、イギリス(0.677)、フランス(0.616)、日本(0.569)、アメリカ(0.546)よりも低かった。

 社会葛藤管理指数が高いということは、葛藤を効果的に管理する能力が大きいことを意味する。韓国より低い国は、メキシコ(0.068)、トルコ(0.151)、ギリシャ(0.206)、ハンガリー(0.247)、イタリア(0.281)、ポーランド(0.340)、スロバキア(0.354)など7カ国だけだった。

 研究チームはまた、社会にどのような葛藤要因があるかを計算して「社会葛藤指数」を算出した。指数の算出には、政治(公共サービスの政治的非独立性、情報アクセスへの制限、言論の自由の制限)、経済(所得の不平等、所得の分布)、社会文化(人口の異質性、人口の構造的なストレス)などの領域の関連指標が使用された。

 社会葛藤指数が高いという事は、葛藤が現れる可能性が高いことを意味する。このように、葛藤の管理能力は低いが、葛藤を引き起こす要因は大きいわけで、実際の紛争の大きさを表す「社会葛藤指数」で、韓国は調査対象24カ国のうち5位を占める不名誉を抱いた。韓国よりも社会葛藤指数が高い国は、トルコ、ギリシャ、チリ、イタリアなど4ヶ国だけだった。

【記事】
http://economy.hankooki.com/lpage/economy/201503/e2015032406150669890.htm


posted by クライバー at 07:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
争いは多くて管理できない国、韓国
Posted by at 2015年03月24日 07:49
火病の管理でもしててくれ 韓
Posted by at 2015年03月24日 08:13
日本と差がなるべく小さいようにしてある()
Posted by きもい at 2015年03月24日 09:39
 韓流を見ると、日本のドラマと大きく違うことは、「気性が激しい」ことが目立つ。
韓国の国会や、デモ、ストを見ても異常としか見えない。
もう少し、落ち着いて行動できないのかと思うが、この気性の位違いが OECD加盟国34カ国のうち27位と数値になって表れていると考えられる。
 日韓条約についても、国と国との約束を反故にして、慰安婦や戦後補償とか歴史問題等々何時までたっても纏まらない。
 これは、韓国国内の葛藤(争い)管理能力の問題を、日本に責任転換するものである。
Posted by at 2015年03月24日 12:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。