Powered By 画RSS   【RSS】

2015年03月24日

【韓国】日本車と恋に落ちたアメリカのドライバー〜韓国車は?

抜粋:日本車と恋に落ちたアメリカのドライバー〜韓国車は?

 アメリカは他国に比べて比較的安価な原油価格を誇る。それだけでなく、80年以上の自動車の歴史にふさわしい大規模な市場を備えている。アメリカ人にとって車は、単なる移動手段以上の意味を持っている。その自動車宗主国であるアメリカを引きつけた中古車は何だろうか?

 アメリカの自動車専門サイトエドモンズドットコムでは、信頼性と安全性、利用頻度を基準に「2014年最高の中古車」を選定した。合計10のブランドがランクに入ったが、その中で日本のブランドは5つ(ホンダ、トヨタ、スバル、マツダ、インフィニティ)で、合計11台の車が含まれている。アメリカのブランドは3つ(フォード、シボレー、ダッジ)であり、5台の車が含まれている。韓国ブランドでは、アバンテ(輸出名:エラントラ)一台だけである。

 自動車の宗主国であるアメリカ市場で日本車がこのように愛されている理由は何だろうか?中古車サイトカーズデータリサーチチームの関係者は「日本車は燃費が良く、耐久性が良く、故障が少ない。また、比較的安価な価格もアメリカ内の日本車の利点である。これは、車を選ぶときに実用性を何よりも重視するアメリカの消費者の心理をつかむ要因になっている」としながら、その理由を明らかにした。

 このような状況で、韓国を代表する自動車ブランドである現代自動車は、徐々に市場を拡大しているが、徹底した現地化と低価格戦略を通して、その地位をがっちり固めているという評価である。


【エドモンズドットコム、2014年最高の中古車】
本田(アコード、フィット、CR-V、オデッセイ)
トヨタ(アバロン、ハイランダー、タコマ、プリウス)
スバル(アウトバック)
マツダ(CX-9)
インフィニティ(G35/G37/G25)
一言:下記サイトで全車名が確認出来ます。
http://www.edmunds.com/car-reviews/best-used-cars-2014.html
【記事】
http://www.sisaweek.com/news/articleView.html?idxno=39356


posted by クライバー at 17:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
激安の韓国が一つしか選ばれていない、命は惜しいもんな。
Posted by ウケネコ at 2015年03月24日 22:01
日本では現代自動車は全く売れないから、数年前に完全に撤退したが、アメリカでは日本のように車検制度が無いので安いから買うという層があるんだろう。

もう少ししたら、スマホーのサムスン電子も日本では売れないみたいだから、撤退するかもな。ドコモのバカがテレビでソニーとサムスンでツウートップとかいうCMでゴリ押ししたが、サムスンのスマホーは故障ばかりして、そして直す事すら出来ないし、また同じ箇所は故障するとかでドコモも流石に懲りたらしい。

韓国製は性能が公表してるモノと違うのが多いらしい。まあ、在日も買わんみたいではダメかもな。
Posted by 除鮮に協力 at 2015年03月25日 10:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。