Powered By 画RSS   【RSS】

2015年03月25日

【韓国】求職者「現代自動車の面接が最も難しい」〜「圧迫、戸惑い、難解」

抜粋:求職者「現代自動車の面接が最も難しい」〜「圧迫、戸惑い、難解」

 上半期の公開採用シーズンが本格的に始まった中、求職者は、現代自動車の面接を最も難しいと考えていることが分かった。

 25日、就職情報共有サイトジョブプラネットは、サムスン、現代自動車、SK、LG、ロッテ、ポスコ、現代重工業、CJなどの主要8つの大企業の面接難易度を分析した結果、このように確認された。ジョブプラネットは、2014年4月から、当該企業の面接を直接経験した求職者のレビュー2875件を分析した。

 現代自動車(起亜自動車を含む)は、3.44点で面接難易度が最も高い企業に選ばれた。実際、現代自動車は、面接のレビューに「圧迫」、「戸惑い」、「難解」などの単語が記載された比率が19.2%で、他の企業の中で最も高かった。実際に出された質問としては、「ソナタ(車名)をドイツで成功させるためのマーケティング方法は?」、「オバマに質問する機会があれば、何を質問するのか?」などであった。

 ポスコは3.39点で2位を占めた。ポスコの面接者は、ポスコの面接の特徴として「英語面接」と「歴史についての質問」を主に挙げた。それによって面接の難易度を高める原因になったと分析される。特に、ポスコの面接者は「面接では、英語と歴史は必ず聞いてみる」 とし「答えを用意していても、それを英語に言い換えてみなさいと言うなど、当惑させる状況が多い」と明らかにした。

  一方、サムスン(サムスン電子、サムスン重工業、サムスンSDS、サムスンエンジニアリングなど主要系列会社12社の平均)が3.28点で3位、SK(SKテレコム、SKハイニックス、SKガスなど主要系列会社6社平均)が3.27点で4位、CJが3.20点で5位を記録した。

【記事】
http://www.ajunews.com/view/20150325104233989


posted by クライバー at 22:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
では、添削の時間ニダ。
>「ソナタ(車名)をドイツで成功させるためのマーケティング方法は?」
1 夏にしか売れません。
2 ドイツで売るなら、仕様変更。アウトバーン用でにため。
3 売る必要ありますか。ドイツ車よりおとりますが。
4 無料配布。

>「オバマに質問する機会があれば、何を質問するのか?」などであった。
1 貧乏乞食負け犬と情報共有できますか。
2 ウリは、貧乏乞食負け犬ですか。
3 大使暗殺未遂は、貧乏乞食犬の総意です。
4 貧乏乞食負け犬は、植民地のままですか。
Posted by at 2015年03月25日 22:26
↑ワラタ
Posted by at 2015年03月25日 22:37
韓国は大学進学率OECD1位なのに大卒者の4割は就職できないという。
こういうこともあり、自殺率もOECD1位を記録。
 こんな希望が持てない状態が何年も続いていることはパク・クネ政権の不能政治以外にない。
国民の不満を反日で誤魔化し、支持率低下を防ごうとしていることが見え々だ。
 韓国経済は三星財閥、現代財閥、大宇財閥に依存する割合が高く、就職もこの財閥に集中している。この問題を解決できない限り韓国の未来は期待できない。
Posted by at 2015年03月25日 22:42
Posted by at 2015年03月25日 22:26

つまんね
Posted by at 2015年03月27日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。