Powered By 画RSS   【RSS】

2015年03月27日

【韓国】「東京スカイツリー羨ましくない」〜ロッテワールドタワー上がると首都圏一望

抜粋:「東京スカイツリー羨ましくない」〜ロッテワールドタワー上がると首都圏一望

 「曲がりくねる漢江の姿をひと目で見渡すことができます。晴れた日には、仁川、松島新都市も鮮明に見えるでしょう」最近、100階を突破したロッテワールドタワー。

 26日、ロッテワールドタワー工事現場最上部に上がった。建設労働者や資材などを運ぶ20人乗りのリフトに乗って78階まで上がるのに4分余り。ここで再び10人乗りのリフトに乗り換えて98階まで上がった後、狭くて急な階段を3階分歩いて上がった。

 現在最も高い101階、417メートルの高さの現場である。北に遠く、南楊州から流れ降りてきて仁川に向かって流れる漢江と江北一帯が目に入ってくる。ロッテワールドタワーは、上に行くほど徐々に狭くなるピラミッド型構造で102階の現場は、縦横25mほどの面積である。

 現場の関係者は「今立っている場所が韓国で最も高い工事現場」とし「さらに一層一層が韓国建築会社の新たな歴史だという自負心で働いている」と述べた。2016年12月に完成予定のロッテワールドタワーは、123階、555m規模だ。階数基準では世界4位、高さでは世界6位である。

 ロッテは、このスカイ123に大きな期待をかけている。世界で最も高い電波塔である東京スカイツリー(634m)の展望台より100mも高い展望台でロッテワールドタワーの象徴であり、観光客を集める中核施設であるからである。東京のスカイツリーは、350mと450mの高さで2ヶ所の展望台を運営している。週末には、入場券の購入に2〜3時間待たねばならず、再度上がる待ち時間も30分以上かかるほど大変なにぎわいをなしている。展望台人気により、低層部の複合モールも人々が集まっている。

 第2ロッテワールドのショッピング空間である「ロッテワールドモール」の訪問者がどんどん減っているロッテの立場からは、羨ましい限りである。

 あるロッテ物産常務は「スカイ123は、ソウル市内全域はもちろん京畿南部と仁川地域まで見通すことができる展望台」とし「国内はもちろん、海外の観光客もぜひ一度訪れたい施設として定着できるように最善を尽くす」と述べた。

一言:タイトルは原文記事通り。
【記事】
http://news.donga.com/List/3/all/20150327/70365263/1


posted by クライバー at 15:21| Comment(7) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
<ヽ`∀´>つ 上から郊外のスラム街を外国人に見られたくないもんスムニダ
Posted by ななしさん at 2015年03月27日 16:06
ロッテワールドタワー上がる  景色を見ることに命をかけるようなことをする人がいるのか?
Posted by 旭日 at 2015年03月27日 16:16
それだけの目的で
海外から観光客が来るかよw
Posted by at 2015年03月27日 17:25
天国に一番近いニダ
Posted by at 2015年03月27日 17:33
なにをやってもダメ 在日を観察すると理由が解かる
Posted by at 2015年03月27日 19:07
第2ロッテワールドも「ロッテワールドモール」も同じオーナーでゼネコンも同じ、「ロッテワールドモール」で異常事態が発生し、第2ロッテワールドで問題が起きない保証は全くない。
 既に、第2ロッテワールド地下駐車場の地下2階〜5階に98個もの大規模の亀裂が確認されている。
ロッテ側はコンクリートの乾燥収縮によるひび割れとしているが、乾燥収縮とはコンクリートの表面に甲羅状の模様が発生することを言うが、発生した亀裂は「方向性がある」と報告されている。しかも、大部分は柱の端部に発生しているということは、構造クラックである。
 構造クラック(鉄筋不足等の設計的強度問題)としたら、高さを自慢している場合ではない。
Posted by at 2015年03月27日 22:53
韓国のロッテ建設は恐ろしいほど技術不足で未熟工事を行う会社
産経ニュース
 韓国のロッテ建設が請け負うソウル郊外の道路工事現場で、橋が崩落し作業員1人が死亡する事故が発生。ロッテグループは、昨年事故などが相次いだソウルの高層商業施設「第2ロッテワールド」の建設現場で安全祈願の行事を開いたばかりだった。
www.sankei.com/world/news/150326/wor1503260025-n1.html
 こんな未熟な建築会社が123階、555m規模のビルを建築したら恐ろしい結果になるのではないか。
Posted by at 2015年03月28日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。