Powered By 画RSS   【RSS】

2015年03月28日

【北朝鮮】「朝鮮総連の家宅捜索は、ならず者行為」〜対応策講じる

抜粋:「朝鮮総連の家宅捜索は、ならず者行為」〜対応策講じる

 27日、北朝鮮はホジョンマン朝鮮総連議長などの自宅に対する日本の警察の家宅捜索を「ならず者行為」と非難し、対応策を講ずると明らかにした。

 朝鮮海外同胞援護委員会は、この日の声明で「日本の警察当局の強制調査は、何の法的妥当性も備えていない不法非道なならず者行為」と非難したと朝鮮中央通信が報じた。委員会は「朝鮮産松茸を中国産に偽装して輸入したという「東方株式会社」は、総連とは何の関係もなく、責任ある労働者は会社の存在すら知らない」として、家宅捜索が在日朝鮮人に対する人権蹂躙であり、民族差別行為だと強調した。

 続いて家宅捜索は、日本社会に反北朝鮮感情を吹聴して、日帝植民地の過去の歴史に対する謝罪と賠償を要求する進歩的な世論を握りつぶして、独自の対北朝鮮制裁措置を延長しようとする政治的陰謀があると主張した。委員会は、押収捜索を「共和国の自主権の侵害であり、公然なる挑戦」と規定して「日本当局は総連に対する迫害と弾圧が日朝関係を元に戻すことができない最悪の事態に追い込む自滅行為だということを知って、分別をわきまえた行動をしなければならない」と促した。

 委員会は、日朝関係改善のための信頼醸成が切実に要求される時期に、日本がむしろ不信の火ぶたをわざわざ爆発させたとし「私たちも、対応策を講じるものであり、それからもたらされるすべての責任は日本当局が負う事になるだろう」と威嚇した。

一言:タイトルの「깡패」の意味:「ならず者、いじめ、やくざ、チンピラ」
【記事】
http://www.viva100.com/main/view.php?key=20150328010004431


posted by クライバー at 11:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ならず者?

難民認定で滞在許可を持ちながら、母国政府から資金援助されているなら難民でも何でもない。

日本政府は朝鮮総連、民団加入者の滞在許可を即刻取り消して国外追放するべき。

難民とは、母国政府などから迫害を受けたり内戦等で命の危険があり帰国すれば命の危険がある者の事ではなかったのでは?

何一つ該当要件が無ければ許可を即刻取り消して国外追放は当然の事です。
Posted by at 2015年03月28日 16:15
ならず者からならず者呼ばわりされる意外性
Posted by 名無し at 2015年03月28日 20:48
対応策って何をしてくるんやろ?
Posted by at 2015年03月28日 20:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。