Powered By 画RSS   【RSS】

2015年03月29日

【日韓比較】「革新」取り戻した日本企業は、更に強くなった

抜粋:「革新」取り戻した日本企業は、更に強くなった

 東京赤坂の富士フィルム本社3階には「オープンイノベーションハブ」がある。同社の技術を展示しているところである。一見すると、フィルムの会社の展示館であることが疑われる。なぜなら、化粧品、医薬品、超精密印刷機などが主な展示物だからだ。しかし、以前の技術を見れば、初めて理解できる。コラーゲン、ナノ、光学などのフィルムを作るために使われる各種基礎固有技術がどのように新技術へと発展したのかを示しているからだ。

 2001年、カメラのフィルムなどの画像関連事業が富士フィルム全体の売上高に占める割合は46%であった。この割合は、昨年には15%に減った。オープンイノベーションハブ院長は「果敢なる革新を通じて、瀕死のフィルム事業で新しい果実を見つけた」と述べた。

 日本企業が帰ってきた。それも、更に強くなってだ。2008年の世界金融危機以降、競争力を喪失していた日本企業だったが、土台には、技術革新と構造調整がある。円安と呼ばれる「追い風」にも助けられた。

 大信証券によると、昨年1月から9月までの日経225指数編入企業(金融業を除く)の売上高に対する営業利益率は6.77%で、コスピ200指数に編入された韓国企業の営業利益率(5.30%)より1.47%ポイント高い。日本企業の営業利益率は、世界的な金融危機が発生した2008年には3.99%で、韓国企業(6.34%)よりも低かった。

 危機を経て、日本企業はより強くなったのだ。2013年、日本企業の営業利益率(6.58%)は、韓国企業(6.13%)を再び上回った。トヨタは、2014会計年度に営業利益率が10%で、現代自動車を7年ぶりに上回った。更に、新日本製鉄と住友金属が合併して誕生した新日鉄住金は、2013年会計年度にポスコの営業利益率を上回った。これは、23年ぶりのことだ。

 専門家は「他の人がしないことに固執して成果を出すことが日本企業の底力」と述べた。

一言:タイトルは、原文記事通り
【記事】
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2015032909111
posted by クライバー at 21:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
頑張れ日本!
Posted by at 2015年03月30日 00:49
円は、125円くらいがちょうど良いと思うよ。ランクリしとくね
Posted by at 2015年03月30日 06:28
このタイトルは間違っている。
 ポスコ(POSCO)は、韓国最大の製鉄会社。かつては浦項総合製鉄と名乗り、浦項総合製鉄は日韓基本条約による援助金5億ドルの一部を投資して急成長した会社である。
 その韓国企業ポスコが日本を裏切り新日鉄等の先端技術を盗み取り会社を伸ばしてきた。
現在、新日鉄住金は韓国ポスコなどに約1000億円の損害賠償と製造・販売の差し止めを求めた訴訟を起こしている。
 ポスコ等の日本の技術を盗み取って伸びてきた会社は、その盗み取った技術が通用しなくなった時点で終わりとなる。
 このように、日本の企業が強くなったは誤りで、日本の企業は元々強かったのだ。
Posted by at 2015年03月30日 12:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS