Powered By 画RSS   【RSS】

2015年03月31日

【韓国】現代起亜自動車、一般道路走る無人自律走行車〜 2020年発売

抜粋:現代起亜自動車、一般道路走る無人自律走行車〜 2020年発売

 現代起亜自動車は、2020年に一般道路を走ることが出来る無人自律走行車を発売する。今年の下半期には、高速道路での自律走行が可能な車両を披露する予定だ。

 31日、現代車は、仁川市松島国際業務地区内の都心サーキットで「プレビューソウルモーターショー」イベントを開いて、未来のスマートカーの中核とされる自律走行技術の開発ロードマップを公開した。自動的に運転を補助してくれる自律走行技術は、車両IT技術の発展により急速に発展している。最近は、グーグルなどのIT企業まで自律走行技術の研究に飛び込んできており、メーカー間の競争が激しくなっている。現代起亜車は、国内部品メーカーとのコラボレーションにより、自律走行技術の国産化を達成し、自律走行車の大衆化時代をリードしていくという戦略である。

 市場調査会社IHSオートモーティブは、2035年に無人自動車が1180万台に達すると予想している。部分的な自律走行が可能な車両の年間販売台数も2024年の110万台から2035年には4200万台と38倍に増加するものと見られている。

 現代車は今年1月、中長期の投資計画を発表し、2018年までに自律走行や車両IT技術の開発が中心となる次世代スマートカーの開発に2兆ウォンを投資することにした。

 現代車は、2020年の自律走行技術の商用化に先立って「高速道路走行支援システム(HDA)」を国産車としては初めて量産し、今年の下半期から新車に搭載する。

 HDAと共に「混雑区間走行支援システム(TJA)」も現代車の代表的な無人走行技術である。TJAは、渋滞や割り込みなどが頻繁な都心区間で真価を発揮する次世代の自律走行技術である。ストップアンドゴーをくり返す都心区間で前の車との距離と車線を維持するのを助け、車線の認識が不可能な場合には、レーダーとカメラで周辺の車両と物体を総合的に判断することが出来る。現代車はこの日、新型ジェネシスに先行研究用に搭載されたTJAの公開デモを初めて行った。

 現代車は、HDAとTJAをもとに、様々な自律走行技術を順次適用し、2020年からは、どんな道路でも自律走行が可能な車を商用化する計画である。

一言:タイトルは原文記事のままです。
【記事】
http://www.etoday.co.kr/news/section/newsview.php?idxno=1100089
posted by クライバー at 18:31| Comment(8) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
現代車というだけでも不安なのに、現代の自動走行車なんか乗れるか!
Posted by at 2015年03月31日 18:34
トヨタは10年以上前から出来る技術はあったんだけどねえこれ、費用対効果が無さすぎるのと国家プロジェクトになるから断念してたんだよね
Posted by at 2015年03月31日 19:38
まあどうせ日本では売れないからいいかw
Posted by at 2015年03月31日 19:46
声だしてワラタ、自動操縦じゃなくて勝手に暴走してるんだろ?
Posted by at 2015年03月31日 21:01
顧客の要望は、
無人自律走行車はどうでもよいので、雨漏りがしたり、車軸も折れず、ハンドルや車体がビビらず、ヒュンダイ車の前後を走行しても恐怖を感じない車をつくってくれよ。
Posted by at 2015年03月31日 21:20
自動操縦で出せる速度(法定遵守速度)で満足できるような韓国人とは思えん。
人で溢れる屋台通りをバスやタクシーは人とスレスレであろうがかまわず爆走し、配達のバイクが歩道を車道と同じレベルで走り回ってる。
渋滞であればそんな事したって大して目的地に到着する時間は変わりはしないのに少しでも有利な位置に付こうと無理な割込み、進入妨害を繰り返す。
自分自身が我慢が出来ないせいで韓国の交通事情が乱れているのにいい子ちゃんな自律走行に我慢出来るはずが無い。
Posted by at 2015年03月31日 23:02
また2020年か・・・
Posted by at 2015年04月01日 04:44
トヨタは莫大な開発費を使って利益が2兆円で、現代は開発費ほんの少しでようやく4千億円だよ。もしトヨタ並みに開発費使えば大赤字だろ。こんな程度の車屋はもうじきやっていけなくなるやろ。
Posted by 除鮮に協力 at 2015年04月01日 11:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS