Powered By 画RSS   【RSS】

2015年04月01日

【韓国】日本の対外広報強化「9年ぶりに外交青書全文の英語版を作成予定」

抜粋:日本の対外広報強化「9年ぶりに外交青書全文の英語版を作成予定」

 日本の外交白書格である「外交青書」が今年も竹島が日本の領土という一方的な主張を入れる見通しだ。

 1日、日本の外務省が作成した2015年版外交青書草案は、竹島に対して「歴史的事実に照らしてみても国際法上も明らかに日本固有の領土」と記述したと共同通信が報道した。日本政府は、現自民党の安倍晋三政権以前の民主党政権時代から、このような表現を外交青書に記述してきている。

 草案はまた、韓国を「最も重要な隣国」と規定したと伝えられている。これに伴い、昨年の外交青書に含まれている「我が国と、自由と民主主義、市場経済等の基本的価値を共有する重要な隣国」という表現は、今年の青書の最終版で削除される可能性が高いと思われる。

 一方、外交青書草案は、中国について「東シナ海を挟んだ隣国で、切っても切れない関係」と書いた。昨年の「非常に緊密な関係」という表現よりも進展したと評価することも出来る。ただし草案は、中国政府の船舶の尖閣諸島12海里水域への進入を取り上げ「一方的な現状変更の試みが継続している」と批判した。岸田文雄外相は7日、外交青書草案を閣議に報告する予定である。

 また、外務省は対外広報を強化するために、9年ぶりに外交青書全文の英語版を作成する予定である。外交青書は、国際情勢の推移と日本の外交活動の展望を盛り込んだ報告書で、1957年から毎年発行されている。

【記事】
http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0009295324&code=61131211&sid1=int
posted by クライバー at 10:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いままで外交白書の英語版がなかったことに驚いたわ。
Posted by at 2015年04月01日 10:16
日本の対外広報は情けないほど貧弱だったが、最近は「竹島」や「尖閣」等格段に改善された。
今後、パク・クネの「告げ口外交」外交と違い、一歩上のハートがこもり、根拠が伴った訴えを、粘り強く行う必要がある。
Posted by at 2015年04月01日 13:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS