Powered By 画RSS   【RSS】

2015年04月08日

【韓国】サムスングループの社員の人権侵害1位、2位:現代自動車

抜粋:サムスングループの社員の人権侵害1位、2位:現代自動車

 過去5年間、国家人権委員会に人権侵害の陳情を最も多く受けた大企業は、サムスングループであることが分かった。

 国会政務委員会所属のシン・ハクヨン新政治民主連合議員が人権委員会から提出された「国内主要大企業の人権侵害件数(建設除く)」によると、サムスングループは、2009年から2014年11月までに、障害・性・疾病・国籍などの理由で全79件の陳情を受けた。2位は現代自動車(36件) 、3位は農業協同組合(32件)であることが明らかになった。「ナッツリターン」で物議をかもした大韓航空が所属している韓進グループの人権侵害件数は、5年間で2件で16位だった

【サムスングループ、障害者差別79件中56件】
 特に大企業の人権侵害の多くは、「障害者差別」であることが分かった。人権委に提出された354件のうち220件(62.1%)が障害者差別に基づく陳情だった。大企業の人権水準が後進国レベルに留まっているわけだ。サムスンは、79件中56件、農協は32件中26件、東部グループ31件のうち8件が障害者差別による陳情だと明らかになった。

 職場内のセクハラによる陳情は、汎現代系列会社が4件で最も多かった。サムスンとクムホアシアナは2件、農協・CJ・LS・東部グループは1件であった。シン・ハクヨン議員室の関係者はこれと関連し「人権委にセクハラを陳情したというのは、企業内の様々な部署で問題を解決できないほど深刻な状況であったという意味」と指摘した。

  人権委は「企業が「企業内の人権侵害」という概念を簡単に受け入れられないなど、全体的な人権意識が不足している」と指摘した。シン議員は、今回の報告書の結果と関連して「オーナー一家の帝王的経営が主流をなす韓国の大企業文化で「従業員も人権を持つ尊厳な存在」という認識が増加しなければならない」とし「現在、5%水準の人権委救済率を高めるなど、政府機構の強力な介入によって、企業の人権意識を国際的水準に引き上げるべきだ」と述べた。

【記事】
http://www-dev.ajunews.com/view/20150408091546704


posted by クライバー at 11:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
弱い者いじめは韓国のDNA、
大韓航空「ナッツリターン事件」もその一つ。
 趙副社長は、自己の間違いを認めず、乗務員に「今すぐ飛行機から降りろ」と命令し、飛行機を引き換えさせた。
 韓国は権力者、強いものが制する世界、パク・クネはその典型、ねつ造、虚偽、正義などない。

 「人権侵害、障害者差別」は、政治・経営のトップがその気にならない限り改善されない。

 456億円の脱税、懲役3年、執行猶予5年、罰金1100億ウォンの有罪判決を受けたサムスン・グループの李健熙(イ・ゴンヒ)前会長に恩赦を与え、平昌冬季オリンピックを誘致をさせた政治を見ても、強いものが弱いものを制する韓国社会を証明している。
Posted by at 2015年04月08日 13:13
障害者差別、人権侵害、いじめ → 自殺率世界一

 納得
Posted by at 2015年04月08日 13:16
超ブラック
Posted by at 2015年04月09日 01:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。