Powered By 画RSS   【RSS】

2015年04月11日

【韓国】現代ジェネシス、アメリカでもタイヤ交換〜費用負担未定

抜粋:現代ジェネシス、アメリカでもタイヤ交換〜費用負担未定

 現代自動車が北米地域で販売した2015年式ジェネシスに対してタイヤを交換する。地元メディアによると、ジェネシスの騒音と振動が原因で、その問題を解決するために、タイヤを交換すると明らかにした。

 10日、アメリカメディアによると、現代自動車は18インチと19インチのジェネシスタイヤを無償で交換する。韓国(ハンコック)タイヤのベントスS1ノーブル2が装着されたモデルに対して、18インチはミシュランタイヤで、19インチはコンチネンタルに変えてくれる。

 先般、現代自動車は国内でも第2世代ジェネシスのタイヤを交換すると発表した。同好会などを中心に浮上した騒音と共鳴の原因がタイヤにあるという独自の調査結果に基づく対策である。国内では、約4万3000台が交換対象であり、海外には装着されたタイヤのブランドによって、韓国タイヤノーブル製品が適用されたモデルを交換すると発表した。

 タイヤ交換にかかる費用は、現代自動車と韓国タイヤが合意して決定する。現代車の関係者は「ひとまず費用は協議中であり、国内から交換を実施して、今後の費用負担方法について決定する予定」と述べた。業界では、韓国タイヤと現代車がそれぞれ6対4の割合で負担すると予想している。

【アメリカの記事】現代は、2015年式ジェネシスのタイヤを交換
http://www.consumerreports.org/cro/news/2015/04/hyundai-to-replace-tires-on-all-2015-genesis-sedans/index.htm
【記事】
http://www.autodaily.co.kr/news/articleView.html?idxno=36618


posted by クライバー at 07:37| Comment(7) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
騒音と共鳴の原因がタイヤにあるというが、タイヤ交換費用負担について、韓国タイヤと現代車がそれぞれ6対4の割合で負担するとしていることから、ヒュンダイ側にも問題があることを認めているのではないか。
ヒュンダイはユーザーからの苦情をタイヤメーカーに押し付けようとしているのではないか。
Posted by at 2015年04月11日 10:44
ヒュンダイの対策
 現代自動車は、この問題の車のタイヤに「内部吸音材」を適用した(騒音低減技術を適用)新しいタイヤに交換する。これに交換した車の苦情は今までのところない。
http://m.autoshop.co.kr/news/?lnb=view&no=2874005&tab=N1
 としているが、常識的にみて、一般的に市販されているタイヤでは対応できないので、タイヤに騒音低減技術を適用した新しいタイヤに交換する。と言うことは、車両側に問題があることを認めたとも解釈できる。
車側に問題があるのに、特殊タイヤで対策をすることは、特殊タイヤが摩耗し、顧客が標準タイヤに履き替えれば不具合が再発するということで、抜本的な対策にはならないと思うが。

Posted by at 2015年04月11日 11:06
韓国タイヤが独自に開発した共鳴音の低減技術をヒュンダイに供給する。
http://www.motorian.kr/?p=28013
 しかし、韓国タイヤは、ヒュンダイのクレームは韓国タイヤの責任ではないと反発している。
Posted by at 2015年04月11日 11:17
起亜車でも同じ、騒音・共鳴・振動が発生しているという。
 ユーザーからのその情報
掲示板に文を載せた消費者は、「約1万km走行後に一定のRPMから車の振動が急激に増幅され、「うん~~」エンジンの振動と共鳴騒音が発生する」とし「最初の車を購入時に、そのような現象はありませんでした共鳴音に耳詰まったようにして後頭部まで振動が伝達され、頭が鳴り、吐き気がする」という文を載せた。
http://car.donga.com/BestClick/3/all/20150130/69374506/9
Posted by at 2015年04月11日 11:31
ヒュンダイ・起亜のユーザー
 車に乗ると「共鳴音に耳が詰まったようになり、後頭部まで振動が伝達され、頭が鳴り、吐き気がする。」こんな車を買ったらみじめ。タイヤ交換で誤魔化される。
 
Posted by at 2015年04月11日 14:11
三菱自動車、ダイハツも韓国タイヤ(ハンコック)を採用しているが、騒音や共鳴等の情報はない。
 と言うことは、韓国タイヤを装着して騒音と共鳴が発生しているのはヒュンダイ・起亜自動車のみ。
 騒音や共鳴等の原因は、タイヤの問題ではなく自動車側の問題で発生していることになる。
Posted by at 2015年04月11日 21:18
昔、バーンノーティスってドラマで宣伝してた奴の後継かな?
Posted by   at 2015年04月12日 13:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。