Powered By 画RSS   【RSS】

2015年04月17日

【韓国】村上春樹「日本は、相手が「もういい」と言うまで謝罪する必要が有る」

抜粋:村上春樹「日本は、相手が「もういい」と言うまで謝罪する必要が有る」

 日本の世界的作家である村上春樹(66歳)は、「(日本は)相手国が「もういい」と言うまで謝罪しなければならない」と強調した。

 彼は17日、報道された共同通信とのインタビューで「歴史認識の問題は、非常に重要で有る。(したがって)まともに謝罪することが重要である」とし「相手国が「すっきり整理した​訳ではないが、その程度には謝罪してくれたから分かった。もう辞めてもかまわない」と言うまで謝罪するしかない」と述べた。村上は「謝罪するというのは、恥ずかしいことではない」とし「細かい事実はいずれにしろ(日本が)他国を侵略したとする大きな流れは、事実だから」と付け加えた。

 村上が異例のインタビューに応じてこのように強調したのは、8月に予定されている70周年談話(安倍談話)に「侵略」「植民地支配」「謝罪」という単語を入れたがらない安倍晋三首相に覚醒を促したものと解釈される。

 彼はまた、日本と韓中の間の葛藤について「今、東アジアでは、大規模な地殻変動が起きている」とし「日本が経済大国であり、韓国と中国が発展途上国だった時代には、その関係の中でいくつかの問題が押さえ込まれてきたが、韓国・中国の国力が上昇して、その構造が崩れ、封印された問題が噴出している」と診断した。

 続いて彼は「相対的に力が低下した日本には、一種自信喪失のために、そのような展開(韓国と中国の浮上)を率直に受け入れずにいる」とし「(3カ国の関係が)落ち着くまで相当な波乱があるだろう」と予想した。

【記事】
http://news.jtbc.joins.com/article/article.aspx?news_id=NB10854697


posted by クライバー at 16:47| Comment(12) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この人、前からこんなに「左寄り」だったっけ?
Posted by at 2015年04月17日 17:06
お前が勝手に韓国へ行き謝ってこい。
Posted by at 2015年04月17日 17:17
ノーベル賞取れなくって遂に?
Posted by あ at 2015年04月17日 17:23
一刀両断「靖国宣言」
 「復讐の連鎖の切断」が条約の基本原則で、締結後は両者平等(加害者・被害者、戦勝国・敗戦国は、消滅)となり、締結以前の±は全て消滅し、ゼロとなる(±⇒条約締結⇒0)。条約締結後の「謝罪」は、過去の±に逆戻りの蒸し返しとなり、「条約破り!」。「断じて振り向くな!前進せよ!」が、人類の英知、条約締結の基本原則!
 難癖は、「日本は法治国家!条約で解決済み!世界を見習え!中韓のみが条約破りだ!」一行で、済んだ事だ!
 河野村山談話やアジア女性基金等々は明白な条約破りだが、見直しや破棄などと狭小部分に固執せず、下記のように、一刀両断が、賢者の策!
靖国宣言(条約破りや国政侵略である内政干渉内外一刀両断)
 「戦後条約締結後の、これまでの全ての謝罪(戦争・慰安婦・アジア女性基金等々)は、人類の英知である条約(復讐の連鎖の切断)への、限り無い冒涜であり、かつ、条約破りは明々白々でした。日本国民一同三省し、条約締結各国の皆々様に、深くお詫び致します。現代の性暴力被害者支援事業に対しては、積極的に取り組む所存ですが、今後、いかなる事由が有ろうとも、一切を排除し、人類の英知である条約締結を尊崇し、厳守することを、ここに誓います。内閣総理大臣 安倍 晋三」
 首相が先陣を切り、三木・中曽根以前のように参拝を恒常化して、参拝の国内障害を切断すれば、人モドキの中朝韓が何とわめこうが、A項目戦犯合祀が不参拝の理由に非ずのわれらが「天皇」は、必ずや参拝する。不参拝は、職責者(教授NHKマスコミ立法司法行政等)の、給料泥棒(職責不履行)売国が原因!
詳細は下記を選択し検索
当事者でない国は正論(真実少数論)より世論(捏造多数論)を重視する
子孫よ8月15日安倍首相の靖国不参拝を嘆くな!安倍には思索脳が有る
NHK朝日毎日等の工作員報道犠牲者被洗脳市民は!覚醒して国民へ

真実史観
Posted by 真実史観 at 2015年04月17日 17:42
狂ってる。
Posted by at 2015年04月17日 18:13
朝鮮人がもういいって言うわけねーだろ
やっぱ小説家は世間知らずだわ〜
本だけ書いてりゃいいんだ
Posted by at 2015年04月17日 18:14
証拠も何もなく、強圧的に「謝れ」「謝れ」は悪がきや暴力団が行うことであり、民詩主義国家であれば、憲法・法律等に基づき、話し合いによる「条約」を基本におつき合いをするべきだ。
韓国との間にはまさしく「日韓基本条約」がある訳で、これは話し合いで決められた国と国との約束ごとである。この条約に不服があるなら、「日韓基本条約」の見直しを行いたいと要求すれば良いことであって、「謝れ」「謝れ」を、国と国との間で言い続けることではないと思いますが。
もう少し、政治家らしい政治家が現れない限りこの問題は解決されない。
この関係を見ると朴・クネのお父さん朴正煕元大統領は問題があったけど、政治家らしい政治家であったと思いますが。
 朴・クネはお父さんがいたからこそ現在がある訳で、もう少し、お父さんを見習って、将来を見据えた政治家になるべきだ。
 村上春樹ももう少し考えて発言をすべきだ。
Posted by at 2015年04月17日 18:20
村上春樹の東京に出て一旗揚げた的発言が嫌いだ
ファン層も似たような境遇の地方出身者が多いと思う
特に東京に関しては感性でわかるディティール表現がやたらとくどい
なにをするにもポーズ臭が漂う 吉行淳之介あたりと読み比べれば
そのスマートの対比にある痛々しさが鬱陶しい
今回の発言についても戦争であった以上残酷な行為もあったことは間違いないだろうが
募集に対する応募が強制連行になったりその数が20万になったりの韓国
主力兵器が連射もできない歩兵銃だった日本が短時間で30万人殺害したと主張する中国
これを認めて謝罪とにかく謝罪と主張するその姿勢は理性知性教養を超越した田舎インテリの
偽善性独断性しか感じられない 
物理的に不可能な行為であること 例えば30万人の人間を短時間で殺害するには東京大空襲並みの
爆撃機を用意し無差別に爆撃するか広島長崎級の原爆を使用するか
レベルとしてはそのぐらいの殺傷能力が必要となる現実 
20万人それも慰安婦の対象となる性別年齢を探し出すこと連行することができるのかという疑問
またそれだけの人間が連行されたなら連行された数以上の証言や証拠が残るべきなのに
出てくるのは強制連行されたと主張する慰安婦のみ
それも証言の中にクリスマスやジープといった日本軍とは縁もゆかりもない単語が出てくる
これをすべて認め謝罪することを日本人に強要する意図が日本人には理解できない 
彼のDNAを疑う
村上春樹は作品の中である地方都市を舞台としタバコのポイ捨てがその地方では容認されている
ような描写をし抗議を受けたことがある そして謝罪した 
そんな行為を容認していなかったから当然である
しかしここではやってもいないこと名誉に関わることを全面的に認めて謝罪しろと宣う
なぜなのか 
実名であげたその北海道の小さな町は弱者で名誉を重んじ謝罪するのは格好のいい行為で
日本はアジアにおいて強者だからこれを叩くは体制に組み入れられない格好いい行為だから

すごく単純である意味こちらが赤面する地方出身の成り上がり論理は生理的に受け入れられない
彼が日本の代表であるような振る舞いを国際社会でするのなら断固阻止しなければならない
何十倍何百倍に膨らませた話や事実でさえない妄想でなされる非難を世間一般では
言いがかりという ヤクザの論法だ
証拠もなにもなく騒いでそれに謝罪しなければならないなら声が大きい人間が勝者になる世界が誕生する

そういえば村上春樹に10億円貸してたことを今思い出した あとはハンドマイクを持って彼を追いかければきっと返してくれるだろう 大声を上げ続ければ全面的に謝罪と賠償を与えてくけるはずだろう
どうですか 皆さん 試してみませんか
Posted by 日本人 at 2015年04月17日 18:33
うるせーぼけ^^お前の金を全部寄付しろや屑
Posted by ぺっ at 2015年04月17日 20:04
こいつも、年に12億円のギャラ貰ってる古舘と同じ種族だろ。こいつのバカな文集と古舘の恥知らずな司会も日本人でない証拠かもな?
Posted by 匿名希望 at 2015年04月17日 20:47
やれやれ僕はと言いながらも、彼はバリバリの団塊だからね。
三つ子の魂なんとやらで、いまさら認識を変えるのはムリだろう。
穿った見方をすれば、ノーベル財団は、こういった発言や活動が大好きだからね。
受賞に足りなかったのは実力ではなく、寧ろこういった社会性や民族性だとも言えるし。
大江氏みたいに末節を汚さぬようにお願いします。
長年のファンの一人として、コミットメントの意味を履き違えてきた現状は、寂しい限り。
Posted by at 2015年04月18日 00:34
人事に即して云うならば、別れた配偶者の
言いなりで毎年慰謝料を払うわけだ。
大人の世界では言葉だけってのは無いからねえ。
Posted by 朝どっさり at 2015年04月18日 18:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。