Powered By 画RSS   【RSS】

2015年04月26日

【韓国】日本のおもちゃ躍進〜ハローカーボット押し出した「妖怪ウォッチ」

抜粋:日本のおもちゃ躍進〜ハローカーボット押し出した「妖怪ウォッチ」

 今年の初め、ハローカーボットに押されてしばらく停滞していた妖怪ウォッチとパワーレンジャーなど、日本のおもちゃが円安と子供の日を控えて再び国産のおもちゃの人気を脅かしている。

 26日、オープンマーケットオークション(www.auction.co.kr)によると、最近一ヶ月のおもちゃの販売状況を分析したところ、日本の代表的な玩具メーカーであるバンダイ(BANDAI)の商品の販売量が前年同期に比べて急増しているという。代表商品であるパワーレンジャーシリーズの販売台数は、この期間に183%増え、昨年下半期から国内販売が開始された妖怪ウォッチは、最近一ヶ月の売上高が、今年1月より350%急増した。

 妖怪ウォッチは、オークション全体の検索順位で4月中に10位圏内にランクインしている。今年の初めに国産のおもちゃが盛大だった姿とは全く反対になる様相である。

 このような現象は、最近の円安が原因で、オープンマーケットで製品単価が平均10%ほど下落し、日本製品の販売者が増えたからである。今月現在のオークションの日本産玩具販売者は、今年1月より52%増加した。パワーレンジャーと妖怪ウォッチが品薄状態になるほど人気商品であるにも関わらず、製品単価が10%落ちたことについてオークション担当者は「円安が深刻化したうえ、販売者間の競争が激化したため」と分析した。特に日本の現地販売者の場合は「パワーレンジャー、仮面ライダーウィザード変身ベルトDX」のように子供の日を控えて新製品を素早く発売して売上をあげている。最近、国内に紹介された「妖怪パッド」(8万4千900ウォン)など妖怪ウォッチ関連商品も新製品の発売が続いている。

 オークションのチーム長は「パワーレンジャーと妖怪ウォッチは、クリスマスや子供の日に品薄状態になる製品だ」とし「顧客は、オンラインモールに在庫があれば、急いで購入している。特に最近では、円安と競争の激化で価格が低くなり、更に人気が高まっている」と述べた。

【記事】
http://economy.hankooki.com/lpage/industry/201504/e20150426060730120210.htm
posted by クライバー at 07:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良く知らんので、ハローカーボット でクグったらwwww

自動車がロボットに変形とか、
日本のいつのネタかよ<
パクリを誇らしげに売る
腐った韓らしい物でした。
Posted by 日本を貶めながら、日本の真似www at 2015年04月26日 08:42
ハローカー○ットって、日本のパクリでしょ、たしか
Posted by at 2015年04月26日 08:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。