Powered By 画RSS   【RSS】

2015年04月26日

【韓国】5月のゴールデンウィーク、どこに行こうか?〜1位日本

抜粋:5月のゴールデンウィーク、どこに行こうか?〜1位日本

 韓国観光公社の「2015海外旅行トレンド調査」によると、今年の5月1日勤労者の日と5日の子供の日に挟まれた連休期間に海外旅行を計画しているという回答者が57.6%と高く現れた。

 5月1日から14日までの春の観光週間を控えて、世界中の旅行価格比較サイトのスカイスキャナーは、韓国人が最も多く検索した春の観光週間の航空券の国家に、日本が選ばれたという分析結果を発表しました。

 世界中の旅行価格比較サイト「スカイスキャナー」が、2015年の春の観光週間の5月1日から5月14日までの国際線航空券検索履歴を分析した結果、日本、台湾、中国、タイ、香港の順で検索量が多いことが分かった。検索が多い5カ国は、韓国人たちに伝統的に人気があり、比較的近い距離に位置しているアジア太平洋地域の観光地という共通分母で結ばれる。

 日本は持続された円安と格安航空会社(LCC)の増加で、スカイスキャナーで提供されている220カ国の航空券情報のうち、16.7%の検索率を記録して人気旅行地として根強い関心を継続している。

 TVN「花よりおじいさん」の旅行先として2014年に約52万人が訪れた台湾と、JTBCの「私の友人の家はどこなのか」の背景となった中国は、それぞれ8.7%と7.3%の検索率を記録し、 2位と3位を占めた。

 アメリカ、ヨーロッパ諸国では、アメリカが5.3%を記録して6位となった。ヨーロッパの人気旅行地であるイギリスとフランスがそれぞれ3.1%と2.8%を記録して、8位と9位を占めた。

 スカイスキャナーの韓国市場担当マネージャーは 「本格休暇の季節ではない春の海外旅行地として、比較的近い距離に位置する日本、中国などのアジア諸国から、TV番組を観て親しみやすさを感じたヨーロッパ諸国まで候補として考慮される国は、ますます多様になっている」とし「今後、春の観光週間を迎えるにあたり、祝日前後の日、1〜2日程度休暇を出してチケットの価格を入念に比較して調べて見れば、更に充実した休暇を楽しむことが出来るでしょう」と述べた。

【記事】
http://themetn.com/news/view.html?section=1&category=4&no=1957


posted by クライバー at 19:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
韓国人が嫌いな国   http://www.krnews.jp/sub_read.html?uid=2516
順位         %
1 日本 44.1
2 中国 19.1
3 北朝鮮 11.7
4 米国 4.8
5 イラク 0.7
韓国人が行きたい国
  1  日本   16.7
  2  中国    8.7
  3  台湾    7.3
日本人が嫌いな国
、「嫌いな国」ワースト3はソ連50.4%以下、韓国46.6%、中国34.9%
http://www.crs.or.jp/backno/old/No575/5751.htm
日本人が行きたい国
  1 ハワイ
  2 イタリア
  3 フランス
  4 ドイツ
http://www.arukikata.co.jp/en/winter_a/2014/2015.html

Posted by at 2015年04月27日 12:19
「日本人は嫌いな国には行かない」と言う考えが顕著に表れている。
「韓国人は嫌いな国でも行きたい」理解できないが、反日教育による影響と現実に迷いながら生活している為ではないか。
Posted by at 2015年04月27日 12:29
↑簡潔でわかりやすいですね!
Posted by at 2015年04月27日 12:35
日本人観光客激減、ソウルの高級ホテル直撃(朝鮮日報)
 業績不振の最大の理由は日本人観光客減少だ。2009年に300万人を超えた訪韓日本人客は12年に352万人まで増え、高級ホテル業界の主な収益源になった。しかし、韓日関係の冷え込みに円安の長期化が重なり、昨年は過去10年間で最低の228万人に減少した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/27/2015042700874.html
 韓国の反日教育、反日政治を止めない限り、韓国の経済・観光施設の業績改善はあり得ない。
 韓国マスコミの毎日の報道を見て、聞いて、韓国を好きになり、韓国に行きたいと思う日本人はいない。
 韓国マスコミの多くは韓国政府の代弁ばかりで、真に韓国のことを思って報道してはいない。
 韓国政府は「支持率」ばかり気になり、韓国マスコミもただ「売れれば良い」と、ひとごとの報道を繰り返し、韓国国民に目が向いていない。
Posted by at 2015年04月27日 12:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。