Powered By 画RSS   【RSS】

2015年04月28日

【韓国】「円安エンジン」の日本車、韓国内販売台数急加速

抜粋:「円安エンジン」の日本車、韓国内販売台数急加速

 韓国内で苦戦してきた日本車ブランドが原油価格の下落と円安を背負って高速で疾走している。日本車は昨年まで、ヨーロッパ輸入車ブランドにいつも敗退していた。低燃費の象徴であるディーゼル車の開発が遅れた上、韓国-EU自由貿易協定(FTA)の発効により、ヨーロッパの自動車に価格競争力でも押された。

 しかし、原油価格が昨年10月末に100ドル(ドバイ油基準)レベルから最近は65ドル台に下落したことに続き、円の価値も連日急落して、状況が一変した。日本車特有の静粛な乗り心地と、2011年比で10%以上の低価格を武器に攻勢に出ているのだ。

 28日、韓国輸入車協会(KAIDA)は「今年第1四半期の日本ブランドの前年同期比の販売増加率は38.2%で、ヨーロッパブランドの販売増加率(32.2%)を上回った」と明らかにした。ブランド別の販売増加率は、トヨタとレクサス、ホンダ、日産などが全輸入車の平均販売増加率(32.7%)を上回った。

 特に先月、ガソリン車の販売10位圏内には、1位トヨタ カムリ、3位ホンダ アコードなど日本車が半分を占めた。日本車が善戰している一番の原因は、価格競争力である。新車を発売する時は、オプションが追加されるなどの理由で価格を上げるのが一般的だが、円安のおかげで価格を下げる余力が生じたのだ。

 実際、ホンダが今年2月に発売した大型セダン「レジェンド」の価格は6480万ウォンである。円高だった2011年に7250万ウォンで販売されていたことを考慮すると、800万ウォンの引き下げ効果があったわけである。この他にもホンダは、昨年末に主力車種であるアコードとCR-Vなどの新車を発表したが、価格はすべて凍結されていた。ホンダコリアの関係者は「レジェンドは、日本の工場で生産して輸入するため、円安効果がそのままでた」と述べた。

 トヨタが昨年11月に発売した「ニューカムリ」の価格も3390万〜4330万ウォンで、2年前の価格と同じである。トヨタの関係者は「既存モデルよりも車体も大きくなって、最先端の振動・騒音低減技術の適用、同クラスで最多の10個のエアバッグ装着などを勘案すれば、価格は下げたのと同じ」と述べた。

一言:タイトルは原文記事の通りです。
【記事】
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2015/04/28/2015042803708.html


posted by クライバー at 20:55| Comment(8) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもお世話になっております。翻訳担当です。
昨日、日本車は韓国で苦戦しているという記事をご紹介して、本日、急加速しているという記事です。
1日で論調が全く違う記事をご紹介してしまい、申し訳なく感じております。
今後とも、何卒、よろしくお願い致します。
Posted by at 2015年04月28日 21:01
ですね。
今連発で見たのでびっくりしました。

実際、商売規模としてどの程度のランクかは解かりませんが日本にとって+αのボーナスみたいなものでしょうね。まぁ全面的に今は攻勢になっているようで。
引き際は見ておいた方が良いでしょうけど。
ここまで全面だと変な法律作って、強制適用してきそうですから。
Posted by at 2015年04月28日 21:17
韓国人の良い所を挙げれば、大抵の日本人よりも歴史の勉強をしていることと、良い物を良いと認められることだな。
Posted by at 2015年04月28日 21:17
レジェンドは、車の大きさはアメリカを意識し、顔つきは中国を意識した
感じで、どうも好きになれない。
Posted by at 2015年04月28日 21:22
捏造した歴史を学んでも意味はないし、捏造した燃費データを公表して後で賠償するなんてのはおろかだわ
Posted by at 2015年04月28日 23:10
実際どっちの記事が正しいの?
Posted by at 2015年04月29日 00:51
お世話になっております。管理人です。
27日の記事は、「26日の韓国輸入車協会の情報」をソースとした記事で
28日の記事は、「28日の韓国輸入車協会の発表」をソースとした記事となっております。
その意味で、「新しいソースをもとに書かれた記事が正しい」という事になるでしょう。
今後とも、何卒、よろしくお願い致します。
Posted by at 2015年04月29日 04:11
このように情報が全く異なる原因は、韓国国内が混乱しているからではないでしょうか。
韓国輸入車協会は各登録データーを集計して発表するだけでしょうから、日本で言えば陸運局の登録データーを各メーカーが集計し、各関係先に送付する訳で、登録データーは直ぐ出ると思うが、各メーカの内、一社でも確定数値が間違った場合、今回のようなトラブルが発生するものと思われる。
 特にヒュンダイの台数間違いは全体に大きな影響を及ぼすので、逆転するような間違いは韓国国内メーカーの混乱によるものと考える。
Posted by at 2015年04月29日 13:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。