Powered By 画RSS   【RSS】

2015年05月03日

【韓国】サムスン&LG電子「TV事業部の赤字脱出」に総力戦

抜粋:サムスン&LG電子「TV事業部の赤字脱出」に総力戦

 韓国家電業界2強であるサムスン電子とLG電子が赤字を重ねているTV事業部の収益性の改善に総力を尽くしている。両社の第1四半期のTV事業部門は、為替レートと季節的要因の影響を受けて赤字を記録した。サムスン電子のTV事業部が含まれている家電製品(CE)部門の売上高は10兆2600億ウォン、営業赤字は1400億ウォンを記録した。CE部門の赤字は、2010年第4四半期以来、4年ぶりである。

 LG電子のTV事業が含まれているホームエンターテインメント(HE)事業部も状況は同じだ。第1四半期の売上高は4兆4367億ウォン、営業赤字は62億ウォンを記録した。

 両社は不振を重ねているTV事業部を生かすためにプレミアムTVを前面に出して、マーケティングに総力を尽くしている。サムスン電子は、自社のプレミアムTVであるUHD TVとSUHD TVを前面に出して販売に乗り出している。今年2月に発売されたサムスン電子のSUHD TVの場合、発売以来、毎週平均で30%以上の販売の成長を見せたし、発売されて一ヶ月間で約1200台が売れた。サムスン電子は、この勢いのまま様々なUHD TVのラインアップとSUHD TVの販売量を増やすという計画である。

 LG電子は、ウルトラHD TVとオールレッドTVを前面に出して、消費者のための各種イベントを進行する。先月からプレミアムTVを負担のない価格で購入できるように、「プレビューフェスティバル」を進めている。また、音楽を楽しんで聞くインド人のためにジャズVTVを発売し、不安定な電力状況でTVがよく切れるアフリカ市場には、今年下半期に「バッテリーTVプラス」を発売する予定だ。

 一方、ディスプレイサーチによると、今年の世界のTV市場は、前年比4.37%で成長が鈍化する見通しである。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://news.mtn.co.kr/v/2015050209040890404


posted by クライバー at 06:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サムスン&LG電子、大企業病で重体
両社とも大量生産で利益を稼いできたが、高級品を生産する日本とアメリカのジャブが効いてきたことと、中国との狭間で経営に悩み、LGとサムスン の洗濯機 戦争にも発展した。
http://www.sankei.com/world/news/141226/wor1412260016-n1.html
ソニーが黒字転換したのに対して、今後はサムスンとLGが厳しい状況に追い込まれる。
Posted by at 2015年05月03日 11:23
サムスンのテレビが売れないのは歓迎。
LGにはサムスン超えを頑張って欲しい。
Posted by DAK3301 at 2015年05月03日 17:44
いい加減PCショップのモニタ類もLG製やらの展示やめろよドスパラとかパソコン工房とかw
自分は6年以上台湾製のBenQってメーカーのを使ってるが
べつに不満もないし、安くて何より精神的にも良いのでおすすめだよ
Posted by at 2015年05月04日 17:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。