Powered By 画RSS   【RSS】

2015年05月07日

【韓国】現代、水素車世界初商用化にも関わらず、トヨタに完敗〜理由は?

抜粋:現代、水素車世界初商用化にも関わらず、トヨタに完敗〜理由は?

 我が国の現代自動車が世界の自動車会社の中で一番最初に「水素燃料電池車(水素自動車・FCEV)ツーソンix」の商用化に成功しても、韓国政府の支援策の不在で、後発走者である日本のトヨタに追い抜かれた。

 特に商用化では現代自動車に押されたが、インフラの構築と普及で(日本)政府の積極的な支援を背景にしたトヨタとホンダ、日産などの日本の自動車メーカーが2〜3年以内に水素自動車を相次いで発売する計画なので、将来の核心車種を先取りするために、数年間にわたって資金と人材を投資してきた現代車の努力が水の泡で終わるのではないかという懸念が現実化されるのではないかという声さえ出ているのである。

 また、水素自動車に注力したので、電気自動車をはじめとする次世代の新しい環境車において主導権を逃したことは、お金に換算できない痛恨の損失である。

 7日、自動車業界によると、トヨタの水素自動車「MIRAI」は、3月までに日本で全102台が販売(納車)された。まだ車が引き渡されていない納車待ちが1200台以上有る点を考慮すると、月平均で約500台が契約されているわけである。このうち40%は、個人の顧客である。

 一方、2013年に最初の商用化に成功した現代車のツーソンix水素車は、今年2月までの1年半の間、国内外合わせてわずか200台が販売されるにとどまった。

 つまり、現代車が1年半かけて成し遂げた成果を、トヨタは1ヵ月あまりで成し遂げたのである。表面上、現代車がトヨタに販売台数で完敗を喫したように思われる。

 本音を覗いてみると、韓国政府は、次世代の新しい環境車の支援事業を巡ってぎくしゃくしている間に、日本政府の推進策が成功したのだ。現代車が2013年2月、蔚山工場で1000台を生産することができる大量生産ラインを世界に先駆けて構築したが、韓国政府は、水素車支援は縮小していて、現代車を困り果てさせた。実際、今年、電気自動車に関しては、補助金の対象を拡大して充電ステーション100箇所を追加して設けるなどのインフラ拡充に乗り出したが、水素自動車関連では、昨年35億ウォンだった予算を今年20億ウォンに縮小している。

 トヨタの関係者は「長期にわたる対策だが、日本政府は、ロードマップとターゲットを明らかに提示している」と語った。政府とトヨタなど日本の自動車メーカーが、ロードマップについて、互いに協力できるという意味である。

 韓国自動車産業研究所の研究員は「日本政府の水素自動車普及とインフラ拡充努力が強化されることによって、主要な地方政府も車体への支援政策を施行し、車両の普及が拡大している」とし「地方政府の水素自動車支援政策の導入が拡散する場合、日本の自動車メーカーの水素自動車の競争力は、更に強化されるだろう」と分析した。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://www.viva100.com/main/view.php?key=20150507010000899


posted by クライバー at 19:34| Comment(11) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホンダ FCXクラリティ 2008年 発売
2010年時点 世界中で 200台が利用

ツーソンix35 FCEV 2013年 発売
2015年現時点 200台
Posted by at 2015年05月07日 20:03
このサイズの時間のかかるビジネスは韓国人には無理か。
底抜け道路を難しい車が走らないのは韓国にとって幸いかもよ?
Posted by at 2015年05月07日 20:22
2005年には既に広島県と広島市が水素REエンジン搭載車をリース導入してる件
Posted by at 2015年05月07日 20:26
いくらすごい技術の物を開発したって汎用性がなければ使いものにならない。そのためにトヨタは他のメーカーを同じ土俵にあげようとしたんだし。一歩先行ったたからってホルホルと上から目線で見下してたらそら負けるよ。
Posted by at 2015年05月07日 20:57

まあ ろくでもないこと 潜水艦に使うとか考えんことやな まともに車も出来んのに やめとけよ 
笑い話が 増えるだけやろけど (*^。^*)
Posted by ふふふ at 2015年05月07日 21:53
「トヨタに完敗」
戦う前にギブアップですか。
「一番最初に」
一番最初に商用化したのはホンダです。
「韓国政府の支援策の不在で、」
韓国特有の責任を「他人になすり付ける」んですね。
「水素自動車に注力したので、電気自動車をはじめとする次世代の新しい環境車において主導権を逃した」
水素電池車だけでなく、「電気自動車、ハイブリッド、プラグイン」もギブアップですか。」
「200台が販売に留まった」
販売していないでしょう。リースしたんでしょう。
「2013年に最初の商用化に成功した現代車のツーソンix水素車は」
ホンダは2008年ですよ、「最初」じゃないでしょう。又、「商用化」ではなくリースしたんでしょう。
「現代車が1年半かけて成し遂げた」
トヨタは量産型を顧客に販売した。現代は試作車をリースしたのであって全く異なる。
「韓国政府は、水素車支援は縮小していて、現代車を困り果てさせた。」
そんな政府は打倒しなさい。又、政府に責任を押し付けても現代自動車の為にはならない。「私は力が弱いので政府を動かせない」と言っているのと同じ。
「日本政府は、ロードマップとターゲットを明らかに提示している。」
それが政府の仕事であって普通である。韓国政府が異常であって経済・環境観念がないのであるから仕方ない。
「地方政府の水素自動車支援政策の導入が拡散する場合、日本の自動車メーカーの水素自動車の競争力は、更に強化されるだろう」
 政府と自治体、メーカー、顧客が一体となって経済。環境等正しい方向に計画的に進む事が重要であって、この団結力は日本の強みである。韓国政治を含めて、韓国自治体、メーカー等その多くは絵に描いた餅。言うことは言うけど実行性、計画性、根拠等なく、各関連部署がバラバラ、纏まりがみられない。
これではギブアップするしかない。

Posted by at 2015年05月07日 22:43
>現代、水素車世界初商用化
リースじゃなく市販車と言いたいんだろうが、現実には
公共機関へのリースのみ。真の意味での市販は実質ゼロ。
値段考えりゃ当たり前だわな。
実走行台数ではもともと日本のが多い。だからこそ
インフラも下半島よりは整っている(それでも全然足りんが)。
奸酷マスコミはそんなことも知らん?あるいは知ってて
「現代が世界初」洗脳やってるのか?下半島はともかく、
世界でこんな嘘が通用するとは思えんが。
Posted by at 2015年05月08日 01:16
充電ステーション拡充?

韓国はもうすでに潰れはじめて減少してるぞ

これでまた内需が期待できないなw


Posted by at 2015年05月08日 01:50
水素車の起源は、韓国ニダ!と言い続ける訳ですね。
そして、ウリは頑張ったのに「政府の支援が無かったニダ」と言い訳するのですね。
Posted by at 2015年05月08日 05:05
いつものこと。
Posted by at 2015年05月08日 09:44
こんな事を繰り返したら、韓国はアメリカだけでなく、世界中の笑いものになる。
Posted by at 2015年05月08日 14:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。