Powered By 画RSS   【RSS】

2015年05月08日

【韓国】日本の強制徴用施設の「世界遺産登録」〜日韓会談22日、東京で開催

抜粋:日本の強制徴用施設の「世界遺産登録」〜日韓会談22日、東京で開催

 日本の朝鮮人強制徴用施設を世界文化遺産に登録するよう勧告した問題で、日韓両国間の会談が22日に行われる。

 8日、外交部によると、日韓外交当局者は22日、東京で会談し、長崎県端島(別名:軍艦島)などの朝鮮人強制徴用施設のユネスコ世界文化遺産への登録問題などについて意見を交換する。

 双方の首席代表を誰にするかなどの具体的な事項は、現在調整中である。韓国政府は、今回の会談で、日本政府を狙ったプレッシャーの程度を高める計画である。

 先立って外交部当局者は、両者協議と関連して「日本が妥協的な姿勢で出てくることを期待していたが、日韓協議が結実できなくても、その責任は日本の非妥協的な態度にあるということを委員国が共感し、結局、日本の負担になるだろう」との方針を明らかにしていた。

 この当局者は「(韓国政府は)繰り返し世界文化遺産への登録を反対してきたにも関わらず、日本がこの問題をここまで引っ張ってきたので、ユネスコを政治化した責任は日本にある」とし「その様な状況でも私たちは、柔軟な態度で問題を解決しようとしており、世界遺産委員会で優位な立場を確保するだろう」と述べた。

【記事】
http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20150508_0013650596&cID=10301&pID=10300


posted by クライバー at 20:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブーメランとも知らず、真逆を信じ巨大化させる暗愚な娘!
韓国ジャンヌダルクの最適任者としての出番があったパククネは、出番を真逆に間違え、奈落に転落した!

朝鮮人を看破していた朴正煕(第5〜 9代韓国大統領・大統領の父)「国家・民族・私」
 「我が半万年の歴史は、一言で言って退嬰と粗雑と沈滞の連鎖史であった」
 「(韓国社会は)姑息、怠惰、安逸、日和見主義に示される小児病的な封建社会の一つの縮図に過ぎない」
 「わが民族史を考察してみると情けないというほかない」
 「われわれが真に一大民族の中興を期するなら、まずどんなことがあっても、この歴史を改新しなければならない。このあらゆる悪の倉庫のようなわが歴史は、むしろ燃やして然るべきである」

 「このあらゆる悪の倉庫のようなわが歴史」を燃やさず(悪の教訓として是正せず)、捏造に専心!「千年恨」と、より拡大した娘パククネは、!親の心、子知らずの、まさに典型!
 父親朴正煕が、日本の援助で、韓国の基盤を造り、娘朴槿恵が奢り高ぶり、ことごとく破壊したのだ!
 歴史捏造の、巨大なブーメランである!

詳細は下記を選択し検索
朝鮮捏造史高麗・元寇・李朝・通信使・対馬・秀吉・徳川・李承晩

真実史観
Posted by 真実史観 at 2015年05月08日 20:35
韓国は日本がすること全て気に食わないらしい。
韓国はもう少し大人になれ、根拠も無いことを次から次と言って恥ずかしくないのか。
どう見ても、日本の主張は正しい。
岸田外相
「遺産の対象は1850年代から1910年で、韓国が主張している旧民間人徴用工問題とは、年代、歴史的な位置づけ、背景が異なる」
菅官房長官
「韓国が主張するような政治的主張を持ち込むべきものではない」
Posted by at 2015年05月08日 22:33
もし私が韓国政府として今回の件に対して抗議するとしたら「今回の遺産申請に関しては、その後の歴史として第二次大戦中に非常に残念な労働環境が有ったものとされており、人が人を扱う事において実に反省すべき点を含むと考えられる為、後世に残す事に関してはは当時に徴用された人々とその遺族に対してまずは十分な説明と理解(謝罪と賠償)が必要ではないのかと思われる。(特に我が半島民に対しては私達政府が責任もって分配するから取り敢えずドルで払えるだけ払え)これに関しては当時関係のあった我が国ともよく協議すべき議案の筈である!(登録出来たら我が国の寛大なる慈悲と理解のおかげだから当然謝礼は半万年支払うよな?)」ってやると思う。 だって韓国人の政府なんだし
Posted by NON at 2015年05月09日 01:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。