Powered By 画RSS   【RSS】

2015年05月22日

【韓国】日中韓上場企業比較〜営業利益率、韓国が最下位

抜粋:日中韓上場企業比較〜営業利益率、韓国が最下位

3年間の営業利益
韓国:1.2%下落
中国:17.35%上昇
日本:5.02%上昇
〜営業利益率も大幅に遅れている

 最近3年間の日中韓上場企業の業績を分析した結果、韓国は全ての部門で、事実上「最下位」を記録したことが確認された。

 22日、文化日報が金融情報会社ワイズエフエンに依頼して、過去2012年から2014年までの日中韓上場企業の業績を分析した結果、韓国の上場企業1679社の昨年の営業利益は、117兆9254億ウォンを記録し、過去2012年の120兆3290億ウォンに比べ1.20%下落したことが分かった。

 一方、中国の上場企業1404社の営業利益は、同期間に223兆1617億ウォンから261兆8824億ウォンに17.35%増加した。日本の上場企業956社の営業利益も249兆8356億ウォンから262兆3656億ウォンに5.02%増加した。

 つまり、日中韓3国の中で、最近3年間の営業利益が下落した国は、韓国が唯一だったのだ。

 利益を生み出す能力(営業利益率)も、日中韓3カ国のうち、韓国だけが唯一下落していることが分かった。実際、2012年の韓国上場企業の営業利益率は5.21%だったが、昨年は5.02%で、0.19%ポイント下落しているのだ。逆に、中国は6.58%から7.09%に、日本は5.05%から6.27%にそれぞれ上昇している。

 営業利益率は、売上高に対する営業利益の割合で、これを基準として見た場合、韓国の上場企業の場合、昨年1000ウォン分の製品を販売して平均52ウォンを残したが、中国と日本は、それぞれ71ウォンと63ウォンほどを稼いだことを意味する。

【記事】
http://www.munhwa.com/news/view.html?no=2015052201070203024001
posted by クライバー at 16:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本と比較するな。
北朝鮮と比較して自己満足していろ。
Posted by at 2015年05月22日 16:51
パククネの無知な経済対策では立ち直れない。
今となったら中国に助けを求めて、中国の属国になることが最も確実に立ち直ることができる方法である。
中国以外助けてくれる国はない。
Posted by at 2015年05月22日 16:56

韓国のサムスン電子ですら、ニューヨーク取引場に上場出来て無い。サムスンでは作ったスマホーすら売り上げに計上してるとか噂されているらしい。

残りの韓国の大企業も杜撰な会計かもね???
Posted by 除鮮に協力 at 2015年05月22日 17:43

何で3年で集計してんの?って思ったけど、今年とか去年とか1年単位で計算すると大幅なマイナスだからムリヤリ3年くくりにしてゆるやかな下落であるかのように騙してんだろコレw

多分まだドル高ウォン安で輸出が好調だった2012年度の営業利益率を含めないと韓国だけ凄い下落なんだろうなw
Posted by at 2015年05月22日 18:26
労働生産性がOECD35か国でも最下位あたりなんだから。日本だって21位かそのくらいで自慢できないよ。
世界では、両国とも経営者がアホだからと言われているよ。
Posted by 当たり前だろ at 2017年06月01日 10:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS