Powered By 画RSS   【RSS】

2015年06月02日

【韓国】韓国、第1四半期の輸出量増加率〜「日本に逆転された」

抜粋:韓国、第1四半期の輸出量増加率〜「日本に逆転された」

 今年第1四半期、物量基準の韓国の輸出増加率が日本に逆転されたことが分かった。

 2日、韓国銀行、産業通商資源部、日本の財務省の資料などによると、日本の第1四半期の輸出量指数(2010年100)は、前年同期比で3.8%増加した。同じ期間、韓国の増加率は、2.8%であった。輸出量指数は、輸出金額指数を該当期間の輸出物価指数で割った数値であり、国際原油価格の下落などの輸出単価の変化の効果を除いた実質貿易量の変動推移を分析するために有用である。

 韓国の輸出量指数の伸び率は、2012年に5.6%、2013年4.8%、2014年4.3%で、毎年4%台以上を維持してきた。一方、日本の輸出量指数は、2012年と2013年にそれぞれ4.8% 、1.5%の減少を記録していたが、昨年は0.6%増加した。

 しかし、今年の第1四半期に日本は韓国の増加率を超えた。今年第1四半期の韓国の輸出量指数の伸び率を月別(前年同月比)で見ると、1月は5.8%であったが、2月はマイナスに転じ2.2%減少した。3月には4.3%の増加を示した。日本は、今年1月に前年同期比で11.1%上昇した。2月には2.1%減少したが、3月には3.2%増加した。

 このような輸出量の増加率の差は、日本がアベノミクスを実施して「円安攻勢」を本格化した効果と解釈される。

 第1四半期の輸出金額指数(ドルベース)増減率は、円安の効果で、日本が6.0%減少し、韓国は2.9%減少した。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://www.newsway.kr/view.php?tp=1&ud=2015060208143082771


posted by クライバー at 10:35| Comment(7) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
為替は元に戻っただけだろう是ではゴミ同然なバ韓国製は売れない技術革新しないで騒ぐなテョン
Posted by 斉藤 一 at 2015年06月02日 12:06
輸出増加って・・・
前年同期よもり輸出額が10.9%減(423億9200万ドル)って話だろ?
輸入はもっと酷い前年比15.3%減の360億7200万ドルで
さらなる不況型貿易黒字に喘いでいるという
Posted by at 2015年06月02日 15:29
外国製品を買わない限り、不況型の黒字は続くよ
Posted by at 2015年06月02日 15:56
↑ 輸出額よりも輸入額の落ち込みが激しいわけだ。
  どーりで。いや輸出が落ちても記録的な黒字というから意味がわからなかった。
  輸入品が右肩上がりじゃ勤労所得者は困るよね。

Posted by 勤労所得者 at 2015年06月02日 17:06
要約すると世界は平和になっているということだね
Posted by 名無し at 2015年06月02日 19:48
輸出額ではなく、輸出量指数ときたか・・・・

いろいろ必死だな。
Posted by at 2015年06月02日 21:18
自分で「変動推移」を分析するのに使えると言っておきながら、単価の違う日本と比較しちゃう馬鹿馬鹿しさ。
しかも絶対値では比較にならないからって増加率で比較するとか、もはや意味が分かりません
鉛筆の減り具合で子供が勉強してる時間を測ろうというようなバカバカしさ
Posted by   at 2015年06月04日 13:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。