Powered By 画RSS   【RSS】

2015年06月15日

【韓国】現代水素車2年間でわずか273台の出荷〜なぜ?

抜粋:現代水素車2年間でわずか273台の出荷〜なぜ?

 現代自動車の水素燃料電池車「ツーソンix」の販売が当初の目標にはるかに及んでいないことが明らかになった。

 15日、現代車によると、2013年から量産に入ったツーソン水素燃料電池車の出庫台数は、先月末時点で合計273台にとどまった。発売初年度の2013年に76台、2014年に128台であり、今年1〜5月は69台と集計された。273台のうち国内にある車は29台に過ぎず、残りは殆どアメリカ(116台)とヨーロッパ(117台)である。これは、現代車がそもそも設定していた2015年に1000台という販売目標を、かなり下回るものである。

 そんな事だから、一部では、現代車が世界に先駆けて水素自動車の量産に成功しておきながら、後発走者のトヨタとの競争で押されているという指摘が出てくる。水素車の普及の最大の障害は、不足している充填スタンドのインフラと高い価格である。韓国の場合、水素ステーションが11ヶ所しかないのである。価格は高価であり、補助金を受けることができないことも足をひっぱている。現代車は去る2月、ツーソン水素自動車の国内価格を1億5000万ウォンから8500万ウォンに大幅値下げを実施したが、それでも電気自動車より2倍以上高い。水素車は、電気自動車の様に民間普及事業もなく購入補助金も受け取ることができない。だから、値下げ後も出荷台数に大きな変化が無かったのである。

 一方の日本は、安倍政権の全面的な支援に支えられ、トヨタ自動車の水素自動車「MIRAI」の普及に拍車がかかっている。トヨタは、今年700台の生産、2017年には3000台を生産する計画である。今年10月には、アメリカ市場にも本格的に進出する。アメリカ市場に最初に進出したツーソンixに追いつくために、リース方式だけではなく、直接販売という差別化戦略も打ち出した。日本政府は、今年、水素自動車の普及に昨年より3倍増の400億円を投入する計画なのである。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://biz.heraldcorp.com/view.php?ud=20150615000163


posted by クライバー at 10:36| Comment(11) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ツーソン」・・・なんか二倍損しそうな名前やね
Posted by at 2015年06月15日 12:12
スマホサイズのバッテリーで大火傷・・
車サイズだったら・・
Posted by at 2015年06月15日 12:16
量産しとらんのに 世界初の量産 って嘘ついてるからだろ
Posted by あ at 2015年06月15日 12:58
販売台数273台のうち100台あまりは米国でのリース販売だろ。
しかもツーソンixって、RAV4やCR-Vと同カテゴリーのエンジンを
燃料電池に換装しただけのモデルみたいだからMIRAIみたいに
衝突時の対策とか、寒冷地でも走れる排水処理とかしていないだろ。
何も調べないで買うような馬鹿にしか売れない車。

MIRAIと比較とか身の程知らずすぎるわw
Posted by at 2015年06月15日 13:26
量産の基準ってなんだろうなw
誠意ってなんだろうなw
Posted by at 2015年06月15日 14:38
トヨタMIRAIが700万円、ツーソンが1650万円を慌てて950万円に大幅値下げ、
ツーソンは現状では大赤字だろう、現代は宣伝のために導入したんだろうが、
当然売れば売るだけ大赤字だから売る気はないだろう、つまりトヨタに負けたわけ。
Posted by at 2015年06月15日 15:24
ツーソンレベルの出荷台数なら、トヨタもホンダも遥か以前に達成してる
実用化にかける熱意がそもそも違うんだよ
一緒にスンナw
Posted by   at 2015年06月15日 15:25
>ツーソンixに追いつくために

トヨタも他のメーカーも、ヒュンダイなんか眼中にないと思うが
Posted by at 2015年06月15日 18:21
水素燃料電池自動車って高価だから金持ちしか買えないね。金持ちがガソリン代けちってまで買うの?実際売れてるけどね。
ガソリン代辛坊してる貧乏人に安く売って欲しい車。
Posted by な at 2015年06月15日 20:31
韓国製や中国製の高額商品買うってどんだけな人達だよ!
まぁその報いがそういう商品を摑まされるって事なんだろうけど
Posted by at 2015年06月15日 21:36
トヨタがインフラ整備などの根回ししてるうちにヒュンダイが「世界初」の枕詞の欲しさのためにインフラ整備も無視して見切り発車して販売始めたって感じだな


まあ…直接売り切りじゃなくてリース販売って形式ならホンダのFCXクラリティが世界初の量産モデル(2008年)なんだけどな。
たしか2008年〜2010年の三年で200〜300台をリース販売してますんでツーソンと変わらんていどには量産してますから
ツーソンを量産というくくりにするならクラリティが間違いなく世界初といえますね

Posted by 犬 at 2016年03月06日 09:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。