Powered By 画RSS   【RSS】

2015年06月16日

【韓国】海洋プラント「発注干ばつ」〜韓国造船業界「嘆き」

抜粋:海洋プラント「発注干ばつ」〜韓国造船業界「嘆き」

 韓国造船業界が海洋プラントの発注干ばつに苦しんでいる。

 16日、関連業界によると、海洋プラントの発注は、原油安状況が始まった昨年11月以来、世界中で取引が無い状況である。海洋プラントは、海に埋蔵された石油、ガスなどを発掘及びボーリングする設備のことである。

 海洋プラントの発注が途切れた事で最も大きく頭を悩ませているのは、韓国の大型造船会社である。海洋プラント建造の場合、通常商船とは異なり、高い水準の技術力が要求される。ここ数年、現代重工業、サムスン重工業、大宇造船海洋などが世界各地で発注された海洋プラントのほとんどを独占した理由だ。それだけ収益性も良く、これらの企業は、ここ数年難なく受注目標の達成に成功してきた。海洋プラント1基の契約だけでも、数隻の高付加価値船舶を受注したのと同じ水準の収益を得ることができるのである。

 商船市場がここ数年間低迷している状況で、全体の受注額の半分以上を海洋プラントで埋めてきた会社もある。海洋プラントへの依存度が特に高かった代表的な会社として、サムスン重工業が例に挙げられる。同社は、2013年に133億ドルを受注したが、昨年に入って73億ドルの契約にとどまった。同期間、海洋プラントの受注が89億ドルから32億ドルに減少した影響が大きい。原油安基調が継続され、予定されていた海洋プラントの発注すらキャンセルされた状況である。

 だが、恵みの雨のようなニュースも有ることは有る。ノルウェーの石油会社スタトイルが最近12億ドル規模の固定式原油生産設備3基を発注することにしたのだ。今週内に契約が行われると予測される中、サムスン重工業と大宇造船海洋が受注競合していることが分かった。

 業界の関係者は「半年ぶりに海洋発注が始まったのは喜ばしいことだが、このような状況が続くためには、原油価格がバレルあたり少なくとも70ドル台は越えなければならない」とし「当分の間、容易に原油価格が上昇する兆しが見えないので、造船会社の悩みも大きくなる状況である」と述べた。

 前日基準のニューヨーク商品取引所で取引された7月渡しアメリカ産標準油種(WTI)の価格は、バレルあたり59.52ドルである。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://biz.newdaily.co.kr/news/article.html?no=10077067


posted by クライバー at 13:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世界的にリグは大きく減少中だからね、今までのような特需は2度とない。
つか、何でそんなに経営をブームに依存するかな?極端なんだよ。
あと超通貨安の特需もあった、普通の通貨安だと苦しいんだろうな
Posted by at 2015年06月16日 15:23
海洋プラントの発注干ばつではなく、韓国の競争力低下で日本や中国企業に取られていることが原因。
 中国は24件受注したが…韓国、今年の海洋プラント受注ゼロ
OSV発注は着実に続いている。造船業界の関係者は「OSVは完成された海洋プラントにも必要なために需要が続いている」と説明した。
http://japanese.joins.com/article/956/200956.html

 日揮株式会社(JGC CORPORATION)のニュースリリース「日本企業初、マレーシアの洋上LNGプラント建設プロジェクトを受注」
 IHIが洋上の液化天然ガス(LNG)生産プラントに使うタンクを受注する見通しとなった。米エクソンモービルと英豪資源大手のBHPビリトンが豪州沖で計画する洋上LNGプラントのタンクで、受注額は数十億円.
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ03IJH_U5A400C1TJC000/
Posted by at 2015年06月16日 16:28

数年前にアラスカ沖で原油が漏れて海洋を汚染したプラントは韓国製のプラントだったみたい。後始末に1兆円以上かかりエクソンもテヨン製のお粗末プラントの事は身に沁みたか?

テヨン製の自動車も製鉄所も適当な仕事で後で後悔するモノばかりだが、そんなモノでも安いと買うバカがどこにでもいる。

安物買いの銭失い・・・とは至言か。。。。
Posted by 除鮮に協力 at 2015年06月16日 17:36
「発注干ばつ」ニダ!ウリの技術は世界一ニダ
Posted by at 2015年06月16日 18:13
原油価格を上げれば、
シェールガスが息を吹き返す。
自動車もハイブリッド、電気、水素と
多様化され、以前の様な暴騰は
先ず有り得ない。
Posted by at 2015年06月17日 07:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。