Powered By 画RSS   【RSS】

2015年06月18日

【韓国】現代車「ベントレーのチーフデザイナー」ルク・ドンカーヴォルケ氏獲得

抜粋:現代車「ベントレーのチーフデザイナー」ルク・ドンカーヴォルケ氏獲得

 現代自動車が過去23年間、フォルクスワーゲングループで働いてきたベントレーのチーフデザイナー、ルク・ドンカーヴォルケ氏(49)を獲得する。

 18日、アメリカの自動車専門メディアオートモーティブニュースなど外信によると、最近ベントレーに辞表を提出したドンカーヴォルケ氏は、早ければ7月中に現代車グループに移籍して、新しいキャリアを始める。6月初旬、ベントレーは「ドンカーヴォルケデザインセンター長は、フォルクスワーゲングループを離れることを決めたし、彼の後継者として、ステファン・シエラフ氏を迎え入れた」と発表している。ドンカーヴォルケ氏は、現代起亜自動車のデザインチームの総責任者に就任することが分かった。ペーター・シュライヤーデザイン総括社長(63)に次ぐ重責を担うものと見られる。

 一部では、起亜自動車が2006年に迎え入れたシュライヤー社長が契約が完了する2017年に現代車グループを離れれば、彼が後任になるだろうとの観測も出ている。現代車は、シュライヤー社長の年齢を勘案すれば、今後、若いデザインの専門家を迎え入れなければならないなど、世代交代が避けられない状況なのである。

 現代車は、2011年末にBMWグループから迎え入れたクリストファー・チャップマンアメリカデザインセンター長がプレミアム車種に集中しており、ドンカーヴォルケ氏とは作業領域が重ならないものと伝えられた。

 1990年にフランスのプジョーで自動車デザインを始めた彼は、1992年にフォルクスワーゲングループに移り、アウディ、シュコダ、ランボルギーニ、ベントレーなど、様々なブランドで作業経験が有る。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】(顔写真)
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=201506185991g


posted by クライバー at 13:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

自動車こそデザインのような外形だけ良くても、中身の無い車なんて誰も興味湧かんだろ。。。

ヒュンダイはひたすら安く作って安く売るのが売りの会社だろ???

それが朝鮮人のDNAだよ、慣れない事してもバレバレかも
Posted by at 2015年06月18日 15:29
ウリの車にベントレーのマークを付けて売るニダ
Posted by at 2015年06月18日 15:38
正直ベントレーのデザインはベントレーだからかっこ良く見えると思うんだよ。
それが長年に培われてきたブランドの力なんだよ、金ですぐ買えると思ってるの?
速成思考の朝鮮人には理解できないだろうな。
Posted by at 2015年06月19日 07:21
 ヒョンデ(アメリカ人がホンダと間違えるようにヒュンダイとしている)自動車はデザイナーを引き抜いても仕方ないのにね。エンブレムもトヨタとホンダの混ぜものだし。SUVはマツダのCX−3と瓜二つ。ヒョンデにデザイナーはいらないよ。引き抜かれたデザイナーも用がないので直ぐに放り出されておしまいだよ。
Posted by at 2015年06月19日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。