Powered By 画RSS   【RSS】

2015年06月18日

【韓国】現代重など韓国ショベルカーメーカー苦戦、中国シェア「4分の1に低下」

抜粋:現代重など韓国ショベルカーメーカー苦戦、中国シェア「4分の1に低下」

 過去10年の間に、現代重工業と斗山(とさん)インフラコアなど韓国ショベルカーメーカーの中国市場シェアが4分の1近い水準にまで落ち込んだ。中国の不動産・建設景気減速と競争の激化で、韓国ショベルメーカーが直撃弾を受けているのである。

 18日、英国フィナンシャルタイムズ(FT)によると、昨年、現代重工業のショベルカーの中国市場の販売台数は、3743台で2010年に記録した最高台数1万8467台より80%急減した。斗山インフラコアのショベルカーの中国販売台数も、同期間に2万2093台から6905台へと69%減少した。10年前まで、中国市場の両社のシェアは、合わせて40%に達していたのだ。しかし、第1四半期の現代重工業と斗山インフラコアのシェアは、それぞれ5%と7%に低下した。10年間で、40%から12%に墜落したのである。

 イ・サンギ現代重工業建設機械事業本部長は「中国に代わりうる市場はない」とし「今年は、昨年よりもましだと考えていたが、ますます悪化している。中国市場は、小さくなってきているのだ」と明らかにした。

 過去、韓国のショベルカーメーカーは、日本の「コマツ」、アメリカの「キャタピラー」などとの競争で価格を大幅に引き下げて、シェアを確保してきた。しかし、景気が鈍化し、売れない不動産が増えるにつれ、中国の建設景気も急激に悪化した。特に2012年以降、建設機械の販売は減少し始めた。昨年、中国で売れたショベルカーは8万4573台で、最高値を記録した2011年の16万9182台の半分にとどまった。

 イ・ジェウォンユアンタ証券研究員は「韓国メーカーだけの問題ではない。すべてのメーカーが中国で苦戦している」と指摘した。

 しかし、FTは、中国では特に韓国のショベルカーメーカーの立地が最も危機に瀕していると指摘した。価格面では、中​​国の低価格メーカーの挑戦に直面しているし、また高価格なショベルカー市場でも、優れた品質を打ち出している日本やアメリカなどの競合他社に既に​​押されているということである。

【記事】
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2015/06/18/0200000000AKR20150618043200009.HTML


posted by クライバー at 23:39| Comment(5) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

 ぞろぞろ品では 価値はないわな

Posted by (●^o^●) at 2015年06月19日 03:09
中国の無人都市は2012年より数年前からあったのに、不動産が売れなくなったのは去年からだったとはどういうこと?
Posted by 茶 at 2015年06月19日 05:06
低品質中価格のニーズがなくなったって事だろうね、
あと中国製にキャッチアップされてしまったと、今の韓国を象徴する出来事だね。
Posted by at 2015年06月19日 07:27
シェアが落ちたんだろ?
中国の景気減速で「販売台数」が落ちたってんならわかるけど「シェア」だろ?
フツーに韓国製が忌避されてるってことじゃ…
Posted by at 2015年06月19日 09:37
>中国の無人都市は2012年より数年前からあったのに
いや、初期の頃は投機対象として不動産を買い漁ってて、不動産を買っても人は住んでいないと言う状況が往々にしてあったが、今は投機としてすらも売れてないと言う状況って事。
Posted by at 2015年06月19日 17:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。