Powered By 画RSS   【RSS】

2015年06月20日

【韓国】中国自動車不況〜「韓国自動車業界、調整局面に進入」

抜粋:中国自動車不況〜「韓国自動車業界、調整局面に進入」

 中国の成長鈍化によって、自動車業界が調整局面に進入するという見通しが出てきた。

 20日、新韓金融投資によると、先月の中国の自動車販売は、前年同期比で0.4%減の190万台を記録した。4月に続いて継続的な減少傾向であり、2011年以来の2カ月連続の販売減少である。チェ・チュンヒョク新韓金融投資研究員は「販売不振の理由は、中国の経済成長の鈍化で新車需要が減少したため」とし「特に全体の売上高の半分を占めるセダンが不振だった」と分析した。

 中国の自動車市場の特徴は、スポーツ用多目的車(SUV)の販売が増え、地元中国のメーカーが急浮上しているという点である。これと同時に、価格競争も激化している。先月のSUVの販売は、前年同期比44%増の46万台を記録したが、セダンは10%減少した91万台と集計された。チェ研究員は「長安汽車、長城汽車、吉利汽車など地元中国メーカーの成長が目立つ」とし「競争が加速しており、それによって価格競争にまで広がっている傾向が有る」と説明した。

 中国の自動車市場の停滞のせいで、現代車と起亜車も中国で苦戦している。先月、現代車と起亜車は、それぞれ販売量が12%、5.9%減少した。セダンの販売減少により、主力モデルのアバンテHDとフォルテ、K3の販売が対前年比で二桁減少した。新車投入前のツーソンとスポーティジも、地元中国メーカーに比べ価格が高く低迷が予想される。

 チェ研究員は「現代車と起亜車は、販売不振と労組問題などの懸念で、当分の間は自動車販売について調整が予想される」とし「(労使の)臨時団体協議が終わって、新車発売がされて、販売増が見えてくる第3四半期以降に力を入れる戦略を勧める」と助言した。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2015061915465294904


posted by クライバー at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近中国国内では韓国へのネガキャンが始まってるからね、
韓国製品は質が劣ってる、韓流は低レベルコンテンツとか中国人に広く知れ渡ってるらしい。
中国の経済不況と合わせて長期的な売上減になるだろうね。
Posted by at 2015年06月21日 10:58
現代起亜の売れ行きが10%や20%落ちたのは驚きなのかな?
70〜80%減った情況で正常だよ。
Posted by at 2015年06月23日 11:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。