Powered By 画RSS   【RSS】

2015年06月28日

【韓国】現代自動車「ブラジルでシェア上昇」〜破格的な値引き攻勢

抜粋:現代自動車「ブラジルでシェア上昇」〜破格的な値引き攻勢

 「鄭夢九(チョン・モング)現代車グループ会長の根気経営がロシア市場に続いてブラジルでも通じた」

 今年のブラジルの自動車市場が2008年の世界的金融危機レベルに大きく縮小され、FCA(フィアット クライスラー)とフォルクスワーゲン、GMのなどのブラジルビッグ3が相次いで工場の稼働を停止しているが、現代起亜自動車は、長期的な販売計画に基づいて現地戦略車種を投入し、逆転攻勢を広げており、競合他社も驚くべき成果を上げて注目されている。状況があまりにも困難で、競合他社と同様にある程度の損失を被ることは避けられないが、自動車市場掌握のバロメーターとなるシェアの引き上げに成功した。

 22日、自動車業界によると、先月のブラジルの自動車生産は、最近10年間で最も少ない21万1000台に留まるなど、自動車産業全体が急速に冷却され、世界的な自動車メーカーの撤退説まで噂されるなど危機感が漂っている。しかし、現代起亜車は、人材の構造調整をせずに工場を稼動しながらシェアを着実に上げている。工場の稼働率は90%を越え、むしろ生産に拍車をかける姿である。ブラジル市場での現代起亜自動車のシェアは、昨年5月の7.0%から、今年5月には1.3%ポイント増えた8.3%を記録したのだ。順位も6位から5位に上がった。

 揺れるブラジル市場で現代起亜自動車がこのようにシェアを上げることが出来たのは、昨年のブラジルワールドカップのスポンサーになりブランドイメージが大きく向上した事と、破格的な新車値引きプログラムを進行して購入のハードルを下げた結果だ。特にブラジル政府がこれまで自動車産業の保護のために進めてきた優遇税制措置などが最近全面的に中止された状態で、現代車が行った無利子分割ローンなどは、販売に肯定的な効果を発揮した。

 一方の競合他社は、危機に耐えられずに工場の稼動を停止し、人員削減に乗り出している。実際、今年1〜5月までにブラジルで自動車産業に従事する労働者のうち、合計6300人が会社を離れた。ブラジル市場でシェア1位を記録しているFCAは、最近6日間の工場稼動を停止したし、2位のフォルクスワーゲンも3週間、工場の稼動を中断した。シェア3位のGMは、状況がより深刻でブラジルの5つの工場の従業員の大部分について、2週間から一ヶ月ほどの休暇を与える計画だ。事実上、最高一ヶ月間、工場の稼働を全面的に中止するわけだ。これらブラジルのビッグ3は、シェアも大きく落ちた状況である。

 現代車の関係者は「市場が難しいからと言って、工場の稼動を停止することはない」とし「新車投入なども当初の計画通り滞りなく進められるだろう」と述べた。

【記事】
http://www.viva100.com/main/view.php?lcode=&series=&key=20150622010004712


posted by クライバー at 08:12| Comment(9) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今の現代自動車は,タコが自らの足を食べているような状態。
運転資金は稼げるからキャッシュは回るが,蓄積した資産はこれからどんどん減っていく。
労組の力を削がないと,数年後には韓国国内での生産がほとんどなくなる可能性がある。
Posted by DAK3301 at 2015年06月28日 08:58
確かロシアでも割引きしてたはず
Posted by at 2015年06月28日 09:07
>>何時もの焦土(呆

シェア確保シてからの、ガッツリ値上げ【ド朝鮮!】(呆
最終的にカンコク本土と同じ価格じゃネェ?輸入カンコク車と同じ価格に成るヨ
Posted by 咎さん at 2015年06月28日 09:56
値下げしてシェアを守るってのは、マクドが失敗した図式なんだが。
Posted by at 2015年06月28日 10:28
こんなのずっと前から
でもかたむく様子はない
相変わらず巨大スポーツイベントに広告だしてる
女子W杯でも現代目立ってた
もっと売れてる大手はだしてないのにな
北朝鮮の国家運営並に不思議
Posted by at 2015年06月28日 10:53
今にも潰れそうな話はたくさん入ってくるけど
いつまでも潰れず販売数も順調
何が本当の話なのかわからなくなってきたわ
Posted by at 2015年06月28日 12:37
↑売れているけど、値下げばかりで「利益率は順調に下がってるよ」
Posted by at 2015年06月28日 12:48
現代・起亜がブラジルで売れているかと言えば実際には売れていない( ▲-9.4%)。
2015年5月 13,331台 ▲-9.4% シェアー 7.6%
2014年5月 14,709台     シェアー 6.3%
 確かにシェアーは1.3向上したがFCA、-26.5%に助けられた結果で現代・起亜の努力結果ではない。
 逆にHondaの躍進が(21.6%)目立つ。
http://www.marklines.com/ja/statistics/flash_sales/salesfig_brazil_2015
 「破格的な値引」でも売れない。シェアーだけに誇示する。こんな経営では先行き行き詰まることは目に見えている。
Posted by at 2015年06月28日 14:03
景気が悪くて競合他社が生産縮小してる最中に、
ここが攻め時と値引きを拡大して生産、今回は拙いんと思われ。
何だろう最近の韓国企業はどこもなんか無茶してるな、何でそんなに焦ってるのかな?
Posted by at 2015年06月28日 19:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。