Powered By 画RSS   【RSS】

2015年06月28日

【韓国】韓経研「今年の経済成長率3.4%→2.7%へ下方修正」〜MERS持続時は2.0%も

抜粋:韓経研「今年の経済成長率3.4%→2.7%へ下方修正」〜MERS持続時は2.0%も

 全国経済人連合会(以下、全経連)傘下の民間シンクタンクである韓国経済研究院(以下韓経研)が今年の韓国の経済成長率見通しを去る3月の3.4%から2.7%に0.7%ポイント下方修正した。これは、23日に3.1%から2.7%に下方修正したハナ金融グループ所属のハナ金融経営研究所と同様に、最近主要な研究機関が発表した予測値の中で最も低い水準である。また、中東呼吸器症候群(MERS)事態が7月末まで2ヶ月間持続する場合、今年の経済成長率は、2.0%まで下落することがあり得るという展望まで提示し、企業が体感する不況が深刻な水準に達している事を示している。

 28日、韓経研は「経済見通しと政策課題:2015年第2四半期報告書」を使用して、3月当時に発表した今年の経済成長率見通しより0.7%ポイント下落した2.7%にとどまると伝えた。報告書は、その理由として、世界経済の成長率の下方修正(2015年2月3.7%→2015年4月3.3%、0.4%ポイント下落)と対外環境の悪化による輸出不振などを挙げた。特に内需の回復が不十分な中で、中国の成長鈍化と日本の円安の深化、新興国景気変動の拡大などの要因が輸出に悪影響を与える可能性があると分析した。また、MERS事態が7月末まで2ヶ月間持続する場合、今年の成長率は、2.0%まで低下する見通しだと明らかにした。

 経常収支は、輸出の減少にも関わらず、輸入の増加率が単価下落の影響でより大幅なマイナスに落ちた関係で、約1054億ドルという史上最大の黒字を記録すると展望される。報告書は、円安に支えられた日本企業が、今後、我が国の輸出市場のシェアを侵食する事を防ぐために、海外投資の促進策とカスタマイズされた輸出支援策の整備が必要であると主張した。日本の輸出戦略が輸出単価の維持を通じた利益の拡大策から、積極的に値下げを通じた市場シェアの拡大に転換されると見られる中で、戦略的な対応策が必要だという指摘である。

 韓経研は、日本が集中攻略しているアセアン(ASEAN)市場について、海外マーケティング支援など、市場別の輸出支援策を用意しなければならないと主張した。一方、企業レベルでは、コスト削減とグローバル事業力の強化、非価格競争力の向上に努力しなければならないと強調した。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://www.ajunews.com/view/20150628130558742


posted by クライバー at 14:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本、日本と出てくるが

価格競争が本当に必要になってくるのは中国と
その後ろには東南アジアがずらっと列を作ってる
Posted by at 2015年06月28日 17:04
まだ成長の余地があったのか
どうでもいいけど
Posted by at 2015年06月28日 17:25
輸出支援したら、益々ウォン高になるだろう。
海外投資をして経常収支で儲けるようにしないと解決しない。
Posted by at 2015年06月28日 18:48
内需拡大しろとあれほど言われていたのに。
本当に韓国はバカですね。
Posted by ウォッチャー at 2015年06月28日 20:26

成長なんて あるわけないだろ  縮小するだけだわ
Posted by あははは at 2015年06月28日 20:45
お得意の政府の粉飾決算でこれなんだから、実体経済の悲惨さはね。
Posted by at 2015年06月28日 21:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。