Powered By 画RSS   【RSS】

2015年06月29日

【韓国】AIIB、韓国の出資比率5位〜「第2の海外建設ブーム期待」

抜粋:AIIB、韓国の出資比率5位〜「第2の海外建設ブーム期待」

 「パクス・シニカ(Pax Sinica:中国主導の世界秩序)の時代の幕が上がった!」

 29日、チェ・ギョンファン韓国副首相兼企画財政部長官を含む全世界の代表が北京の人民大会堂でアジアインフラ投資銀行(AIIB)協定文に署名したことを契機に、世界経済の中で、中国の時代が本格的に開かれたという評価が出ている。中国はAIIBという名前が意味するように「アジアの発展途上国のインフラ整備」を目標に掲げている。

 世界銀行(WB)やアジア開発銀行(ADB)など機能が似た国際機関への対抗馬として中国がAIIBを持ち出した背景には、アメリカ主導の国際金融秩序を牽制するという意図があるだろうというのが大まかな分析である。

 AIIB加盟国の中で、唯一中国だけが25%を超える26.06%の投票権を持っているため、中国が拒否すると、重要な事項についての変更は不可能になる。「中国が拒否権を持っている」という話が出てくる所以である。しかし、今後、アメリカや日本などがAIIBに参加する場合、中国が拒否権を喪失することも有るという展望も出ている。

 AIIBの支配構造は、総会、理事会、総裁、1人以上の副総裁などで構成されている。我が国の持分率(3.81%)は、単独理事国になることができる要件(4.5%)には、やや及ばない。これに伴い、他国と連合して共同理事国を構成しなければならないが、韓国の持分率がかなり大きい方なので、理事の席を占めるには大きな困難が無いものと見られる。

 チェ・ヒナム記載部国際経済管理官は「今回署名されたAIIB協定は、持分率50%以上、10カ国以上が国内批准同意手続きを完了する場合、公式発効となり正式に発足する」とし「今年の年末ぐらいにスタート、来年からは本格的に運用を開始することができるだろう」と述べた。

【記事】
http://www.munhwa.com/news/view.html?no=2015062901070403015001


posted by クライバー at 15:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出資してから騒げよ
詐欺師が
Posted by やれやれ at 2015年06月29日 16:30
中国のつかいっぱの韓国が儲けさせてもらえるとでも思ってるのかw
Posted by at 2015年06月29日 16:53
ん? お笑いネタ仕込み中か
Posted by あ at 2015年06月29日 17:06
ウリは宗主国様に着いて行く事に決めたニダ
Posted by at 2015年06月29日 17:18

いい事ばっかりかよ? 例えば100兆円ぐらい借金して出資比率に元にして返せと言われたらどうするの?


それでなくても相手は極悪の中国共産党だろ?味方と思うと後で泣き見るかもな???
Posted by 倭人 at 2015年06月29日 18:22
中国系企業が取るに決まってるじゃん!?
AIIBなんて中国の過剰生産能力の輸出が主目的なんだから。
Posted by at 2015年06月30日 08:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。